Windowsのコマンドプロンプトから使える便利なコマンド10選

LINEで送る
Pocket

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak145152451

コマンドプロンプトの活用になれてくると、仕事の作業効率がアップします。通常のWindowsの各種作業と比べてミスが減り、非常に便利です。

コマンドプロンプトの起動方法と、効率的に処理できるコマンドプロンプトの主なコマンドについて説明します。

スポンサーリンク

コマンドプロンプトの起動方法

スタートメニューで右クリックしてメニューから「コマンド プロンプト」または「コマントプロンプト(管理者)」をクリックすると、コマンドプロンプトが起動します。

「コマントプロンプト(管理者)」をクリックした場合は、[ユーザーアカウント制御]が表示されますので、[はい]をクリックします。

[(管理者:)コマンド プロンプト]ウィンドウが表示されます。

コマンドプロンプト画面上の「>」の右側に各種のコマンドを入力し、Enter キーを押すと、処理が実行されます。

20160920_09%e6%9c%ac%e6%96%87%e5%86%85ga01

コマンドプロンプトでよく使われるコマンド

cd

現在のディレクトリを変更したり、ディレクトリ名を変更するコマンドです。

・書式

cd [/d] [ドライブ:][パス]

cd [..]

・パラメータ

/d

現在のドライブも変更します。
..

現在のフォルダの親フォルダに変更します。

CD ドライブ:

現在のディレクトリが表示されます。

パラメータを指定しないで CD と入力

現在のドライブと、ディレクトリが表示されます。

cd¥

ルート ディレクトリに戻ります。

dir

カレントディレクトリにあるファイルやフォルダーの一覧を表示するコマンドです。

また、「dir パス」とすることで、指定したパスに含まれるファイルなどを表示することも可能です

・書式

dir [ドライブ:][パス][ファイル名] [オプション]

・パラメータ

[ドライブ:][パス]

一覧を表示するドライブとディレクトリを指定します。

[ファイル名]

一覧を表示する特定のファイルまたはファイルのグループを指定します。

・オプション

/a:属性

指定された属性のファイルを表示します。

/b

ファイル名のみを表示します。

/c

ファイルサイズを桁区切りで表示します。

/d

ファイルを列で並べ替えた一覧にて表示します。

/l

小文字で表示します。

/n

ファイル名を右端に表示する一覧形式を使用します。

/o:表示順

ファイルを並べ替えて表示します。

/p

1 画面ごとに停止して表示します。

/q

ファイルの所有者を表示します。

/s

指定されたディレクトリ・サブディレクトリのすべてのファイルを表示します。

/t:タイムフィールド

どのタイムフィールドを表示するか、または並べ替えに使用するかを指定します。

/w

ワイド一覧形式で表示します。

/x

NTFS および FAT ボリューム上のファイル用に生成された短い名前を表示します。

/4

年数を 4 桁で表示します。

・属性/ソート順/タイムフィードのスイッチ

属性

d・・・ディレクトリ

r・・・読み取り専用

h・・・隠しファイル

a・・・アーカイブ

s・・・システム ファイル

-・・・その属性以外

ソート順

n・・・名前順 (アルファベット)

s・・・サイズ順 (小さいほうから)

e・・・拡張子順 (アルファベット)

d・・・日時順 (古いほうから)

g・・・グループ (ディレクトリから)

-・・・降順

タイムフィールド

c・・・作成

a・・・最終アクセス

w・・・最終更新

tree

dirと似ていますが、ディレクトリ構造を、見やすいグラフィカルなツリーで表示するためのコマンドです。

type

テキストファイルの内容を確認するコマンドです。

「type ファイル名」とすると、ファイルの内容が出力されます。

ren

ファイル名・ディレクトリ名を変更するためのコマンドです。

「ren 対象のファイル名 新しいファイル名」とすることで変更することができます。

move

ファイルを移動する時と、ディレクトリ名を変更するためのコマンドです。

ファイルを移動する時は、「move 移動するファイル名 移動先パス」と入力ことで、移動します。

ディレクトリ名を変更する時は、「move 変更前ディレクトリ名 変更後ディレクトリ名」と入力することで変更可能です。

・オプション

/y

移動先に同名のファイルが存在する場合、確認のメッセージを表示しません。

/-y

移動先に同名のファイルが存在する場合、確認のメッセージを表示します。

・注意事項

複数のファイルを移動する場合はファイル名を「,」で区切ります。

1つのファイルを移動する場合、移動先にファイル名まで指定することで名前を変更することができ

ます。

移動元をディレクトリにした場合、移動先で指定したディレクトリ名に変更されます。

copy

一つまたは複数のファイルを別の場所にコピーするためのコマンドです。

基本的には「copy コピー元 コピー先」とすることでコピー可能になります。

・パラメータ

送り側

コピーするファイルを指定します。ワイルドカードの使用が可能です。

受け側

新しいファイルのディレクトリまたはファイル名を指定します。

・オプション

/d

コピーする暗号化ファイルを、コピー先で暗号化を解除したファイルとして保存することを許可します。

/v

新しいファイルが正しく書き込まれたか検査します。

/n

MS-DOS形式以外の名前のファイルをコピーするときに、可能な場合短いファイル名を使用します。

/y

受け側の既存のファイルを上書きする前の確認メッセージを表示しないようにします。

/-y

受け側の既存のファイルを上書きする前の確認メッセージを表示します。

/z

ネットワークファイルを再起動可能なモードでコピーします。

/a

ASCII形式のファイルとしてコピーします。

/b

バイナリファイルとしてコピーします。

・注意事項
copyコマンドでは、長さが 0 バイトのファイルはコピーできません。

ただし、xcopyを使用すると、これらのファイルをコピーすることができます。

プラス記号(+)で区切って複数の送り側を指定すると、それらのファイルが単一のファイルに結合されコピーされます。

送り側でワイルドカード文字 (* または ?) を使って、受け側では単一のファイル名を指定した場合、受け側に指定したファイル名で、単一のファイルが作成されます。

del

ファイルやフォルダを削除するためのコマンドです。

複数のファイルを削除することもできます。

「del ファイル名」とするとファイルが削除されます。

・パラメータ

名前

ファイルまたはディレクトリ(複数可)の一覧を指定します。

・オプション

/p

確認のメッセージを表示してからファイルを削除します。

/f

強制的に読み取り専用ファイルを削除します。

/s

サブディレクトリからも指定ファイルを削除します。

/q

一括削除する際に、ワイルドカードを使用して確認メッセージを表示しません。

/a

削除するファイルを属性により選択します。

「-」を指定すると,その属性以外という指定になります。

R:読み取り専用、H:隠しファイル、S:システムファイル、A:アーカイブです。

help

コマンドの詳細情報を表示します。

「help コメンド名」と入力すると、そのコマンドの使い方が表示されます。

cls

コマンドプロンプト画面の表示を消去するためのコマンドです。

clsと入力し、Enter キーを押すと、コマンドプロンプトの画面に表示されていた内容が消えます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です