Home / Windows / Windowsが重い時に原因を調べるためのコマンド一覧

Windowsが重い時に原因を調べるためのコマンド一覧

Pocket

win50-1
Windowsを使っていて、妙に重いときがあります。

正常に動いていて重いのであれば、何らかの追加投資が必要なのかもしれません。そうではなくて、何らかのアプリケーションの不具合や、ネットワークの不具合で重くなっているのなら、そのアプリケーションを強制終了させる必要があるのかもしれません。

どうするにしても、原因がわからないと対処のしようがありません。

スポンサーリンク

1.GUIで確認する(タスクマネージャー)

まずはWindowsらしく、GUI(Graphical User Interface:グラフィカル・ユーザ・インタフェース)で確認する方法です。

Windowsにはマシンの状況を確認するツールとして「タスクマネージャー」が搭載されています。「タスクマネージャー」は、簡単に各プロセスやデバイスの状況を調べることができます。

「タスクマネージャー」の起動方法はいくつかありますが、Windowsが固まったように重いときは、「Ctrl」キーと「Alt」キーを押しながら「Delete」キーを押して「タスクマネージャー(の起動)」を選択します。

初期状態では「簡易表示」となっていますので、簡易表示の場合は画面下の「詳細」をクリックして詳細表示に変更します。

「タスクマネージャー」の「プロセス」タブでは、見出し文字をクリックすると昇順・降順に並べ替えられます。「状態」で並べ替えて、「応答なし」と表示されたプロセスがあれば、そのプロセスを選択して「タスクの終了」ボタンをクリックして終了させます。

win50-2

「応答なし」となっているプロセスがなければ、「100%」またはそれに近いデバイスで並べ替えて、リソースを使い切っているプロセスを探します。

「パフォーマンス」タブを選択すると、デバイスの使用量が時系列にグラフで表示されます。

「タスクマネージャー」はお手軽で便利なのですが、そもそも「タスクマネージャー」がリソースを消費しますので、さらに重くなります。また、プロセスの優先順位などの情報が不足していますので、本当の原因がわからない場合もあります。

win50-3

2.Windowsシステムを管理するWMI

Windowsには、システムを管理するためのWMI(Windows Management Instrumentation)が搭載されています。

「TASKLIST」やPoweShellで利用できる「PS」も実装されていますが、情報の細かさではWMIが優れています。WMIはシステムの状態をローカルでもリモートでも情報収集して、管理することができます。

実際にWindowsが重い時などに、コマンドプロンプトから実行できるWMIC(WMIコマンドライン:Windows Management Instrumentation Command Line)も用意されています。

WMICを使えば、別のマシンからリモートで、問題のパソコンのプロセスを終了させたり、シャットダウンしたりといったこともできます。

3.WMICの使い方

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

laptop

パソコン内部は埃の巣窟!パソコン掃除に必要な12個の知識

今やどんなの仕事でもなくてはな …

Facebookでのご購読が便利です