どんどん増えている無料Wi-fiスポットの便利な場所ランキング

LINEで送る
Pocket

無料Wi-Fiは接続料や通信量を気にしないで利用でき、便利でありがたいものです。最近は接続スポットがどんどん増えており、全国展開のコンビニやカフェ、モール等にとどまらず公共施設、個人経営店舗などでも利用できることがおおくなり、利用者にとってはありがたいことです。ここでは、無料Wi-Fiスポット利用時の基本事項および、具体的なおすすめスポットについて紹介いたします。

スポンサーリンク

Wi-fiスポットの基本事項

まず、無料Wi-Fi接続のための基本事項や注意点など、おさらいしておきます。

yuka150701278597_tp_v1

SSIDを知る方法

Wi-Fi接続するためには、SSID(接続名)が必要です。無料Wi-Fiの場合、これの入手方法は大きく分けて2つあります。

1.サポートサイトから

全国展開のコンビニやカフェなどに多く見られます。

2.施設内の掲示物やパンフレット等から

個人経営店舗や公共施設、宿泊施設などに多く見られます。暗号化キーなど、従業員に直接聞かないとわからないこともあります。

パスワードについて

会員登録の際自分で設定するパスワードは、サービス提供元独自の本人確認のためのパスワードのことであり、Wi-Fi接続の「暗号化キー」ではありませんので注意してください。また、他人に知られてしまうと、なりすまし接続される恐れも出てきますので、管理は厳重にしましょう。

暗号化

無料Wi-Fi接続は暗号化されていないことの方が多く、されていたとしても暗号化の種類によっては解読される可能性が高くなります。いずれにしろ、安全であるとは言い難いので

  • ・暗号化アプリを導入する
  • ・クレジット番号などの重要情報は、無料Wi-Fi接続下ではやり取りしない

などに注意し、セキュリティ対策はしっかり行ってください。

登録方法

大きく分けて下記二通りが主流となっています。

A)会員登録が必要な場合

メールアドレスやパスワード(任意)は最低限必要で、サービスによっては年齢層や性別、端末のMACアドレスなどの入力を求められることもあります。登録作業は下記のような感じがほとんどです。

  • 1.端末でWi-Fi接続を拾い、いったん接続する
  • 2.ブラウザを起動し、必要情報を入力して仮登録
  • 3.E-mailにて本登録メールが届き、リンク先に飛んで登録完了

B)会員登録不要の場合

ほとんどの場合、メールアドレスの入力のみで接続できます。登録作業は下記のような感じがほとんどです。

  • 1.端末でWi-Fi接続を拾い、一旦接続する
  • 2.ブラウザを起動しメールアドレス入力

なお、SSIDは必ずチェックし、そのサービスによる接続かどうかしっかり確認してください。知らないSSIDは、悪意をもったもの(野良Wi-Fi)である可能性がありますので繋がないようにしましょう。

店舗種類別 無料Wi-Fiサービス

それでは、具体的な無料Wi-Fiスポットを紹介します。

コンビニ

どれもよく似ていますが、ローソンの簡単さが際立っています。
セブンイレブン・ファミリーマートはそれなりの手順を踏まねばなりません。こちらもご参照ください。
セブンイレブン:セブンイレブンで無料Wi-Fiに接続するための手順
ファミリーマート:ファミマの無料Wi-fiにアクセスする方法

セブンイレブン ファミリーマート ローソン
サポートサイト 7SPOT ファミマWiFi LAWSON Free Wi-Fi
ユーザ登録 必要 必要 必要
パスワード あり あり なし
暗号化 なし なし なし
SSID 7SPOT Famima_Wi-Fi LAWSON_Free_Wi-Fi

カフェ

ドトールコーヒーのみ他と違っていて、前もってゲストコードを取得、空メールを送る形となっています。タリーズカフェは、今回紹介する無料Wi-Fiのなかでは最もあっさりした設定です。

スターバックス ドトールコーヒー タリーズカフェ
サポートサイト あり なし あり
ユーザ登録 必要 不要
(接続の度にゲストコード取得必要)
不要
パスワード あり あり なし
暗号化 なし なし なし
SSID at_STARBUCKS_Wi2 Wi2Premium tullys_Wi-Fi

ショッピングモールなど

メールアドレス登録のみで簡単に接続できるところが多いです。

イオン イオンモール 三井アウトレットパーク
サポートサイト なし なし なし
ユーザ登録 必要(メルアドのみ) 必要(メルアドのみ) 必要(メルアドのみ)
パスワード なし なし なし
暗号化 なし なし なし
SSID AEON AEON MALL MSP_Wi-Fi

FREE SPOT

freespot

11社協賛によるFREESPOT協議会にて運営されている無料Wi-Fiサービスで、2016年9月現在で13,388スポットあります。公共機関提供のものは完全フリーです。店舗やホテル提供の場合は無料使用できるものの、飲食や利用が前提となっていますので、その辺はモラルを持って利用してください。

対応スポットは、Webサイト(http://freespot.com/index.php)から検索することができ、旅行や出張先のWi-Fiスポットを事前に知りたい場合に便利です。SSIDはFREESPOTで統一されているようです。接続方法は同サイト内に掲載されています。

なお、Wi-Fiスポットによっては有料の場合もあるようです。サイトのアイコン表示で確認できますのでご注意ください。

ランキング

ユーザーの生活スタイルで変わってくるとは思いますが、あえて順位を付けるならということで・・・

順位 接続の簡単さ 利用頻度の多さ 遠出時のありがたさ
タリーズカフェ コンビニ系 FREE SPOT
ローソン
ショッピングモール系
カフェ系
ショッピングモール系
コンビニ系
ショッピングモール系
セブンイレブン
ファミマ

接続の簡単さではタリーズ、ローソン、ショッピングモール系が群を抜いています。FREESPOTは、見知らぬ土地のローカル情報が事前に調べられるのでありがたいですね。ドトールカフェは、接続手順が他とかなり異なるのと、ゲストコードを毎回取得せねばならないところがネックですが、なんせ無料ですので・・・その辺は我慢。セブンイレブンやファミマは登録と毎回の接続がちょっと煩雑ですが、使用頻度で言えば利用価値は高いでしょう。モール系は、あまり宣伝していないこともあり知らない方も多いかもしれません。SSIDは全国共通のようなので、積極的に使ってみましょう!

まとめ

無料Wi-Fiスポットについてご紹介しました。今回いろいろ調べてわかったのは、無料Wi-Fiスポットが日本全国津々浦々、予想以上に多かったということです。ここでご紹介した他にも、色んなところに無料Wi-Fiスポットがあるはずです。ひとまず、みなさんの生活圏内を総チェックして、有効活用しましょう!暗号化アプリの導入も忘れずに!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です