無料のスポットWi-fiを利用するときに注意すべき点

LINEで送る
Pocket

1
自宅でのインターネット接続において、LANケーブルを挿して有線接続している方もいると思いますが、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンはwi-fiを利用した無線接続している方が多いでしょう。また、wi-fiというのは自宅だけでなく、屋外でも利用できます。

駅やホテル、公共施設などでは、誰もが利用できるようにwi-fiが開放されていて、無料wi-fiスポットと呼ばれています。無料で利用できるうえに制限は一切ないので、屋外でインターネットに接続する際に利用している方もいるでしょう。ただ、無料wi-fiスポットを利用することの危険性を知らない方が結構います。今回は、無料wi-fiスポットに潜んでいる危険性についてお話をしていきます。

スポンサーリンク

【メリット】無料wi-fiが利用可能なスポット

まずは、どういったところで無料wi-fiが利用可能なスポットがあるのか、代表例を確認します。

喫茶店で使える無料の無料wi-fi

・スターバックスコーヒー
言わずと知れた、スターバックスには、利用者登録を簡単に行えてすぐに使用できる無料wi-fiがあります。
スターバックスは全国各地、すべての県にあると言われ、ある程度の駅の周辺には必ず一つはあるので非常に便利な無料wi-fiスポットであるといえます。

スターバックスにある無料wi-fiは、「ワイヤ・アンド・ワイヤレス社」Wi2サービスを利用したもので、「at_STARBUCKS_Wi2」SSIDで無線LANが飛んでいます。
登録手続きをメールアドレスの入力から済ますことで、即日使用することができます。

また、日本のスターバックスですと共通の登録情報を使用して接続ができるので、普段使っているスターバックス以外でも旅行先や移動先のスターバックスに立ち寄れば無料wi-fiを使用できるというのは、
大変便利なポイントですね。

・ドトールコーヒー
スターバックスに並び、ドトールにも無料wi-fiがあります。

ドトールにある無料wi-fiは、スターバックスと同様に「ワイヤ・アンド・ワイヤレス社」Wi2サービスを利用しており、通常だとお店の店頭に設置されている案内用紙を参照するか、店員さんにお願いすると接続のためのパスやSSIDを教えていただけます。
登録手続きもその用紙などの説明を参照すれば、メールアドレスの登録を行うことで使用することが可能となります。

地方に出向いた際に、「スターバックは無いけどドトールはある」という駅も多いのではないかと思いますので、ドトールの無料wi-fiも大変重宝できるものです。

・タリーズコーヒー
スターバックス、ドトールと並ぶ有名な喫茶店であるタリーズにも、無料wi-fiがあります。

上述2つの無料wi-fiは登録作業が必要でしたが、タリーズの無料wi-fiはそれが必要ない形式のタイプになります。
喫茶店に飛んでいる「tullys_Wi-Fi」という名前のSSIDを選択すると、利用規約などが書かれた画面へ推移するためそこで利用規約を確認したうえで同意すると、使用が可能となります。
非常にシンプルです。

・銀座ルノアール
お店のある地域、場所が上記3つの喫茶店よりも少ないのが難点ですが、ルノアールにも無料wi-fiがあるのです。
ルノアールの独特の雰囲気と相まって、無料wi-fiを使うことができるので、ゆっくり過ごしながら有意義な時間を過ごせるということですので、重要なポイントですね。

スターバックス、ドトールと同様に「ワイヤ・アンド・ワイヤレス社」Wi2サービスを利用したもので、「Renoir_Miyama_Wi-Fi」SSIDで無線LANが飛んでいます。
登録手続きをメールアドレスの入力から済ますことで、即日使用することができます。

 

以上の4つの喫茶店では、無料wi-fiが使用可能となっております。
日常から、移動、出張先ではいずれかの喫茶店がある可能性が高いですので、利便性が非常に高い環境であるというのはお分かりいただけたかと思います。
しかも、喫茶店(=カフェ)にある無料wi-fiなのでくつろぎながらネットサーフィンというのも可能であり、ワクワクしますね。

ですが、この記事の後半でお伝えいたしますが、
「無料wi-fiにはリスクもある」ということを、頭の片隅に入れていただければと思います。

コンビニで使用可能な無料wi-fi

・ファミリーマート

ファミリーマートでは、「Famima_Wi-Fi」というSSIDで無料wi-fiが提供されており、「FamilyMart Wi-Fi」というサービス名で知られています。
FamilyMart Wi-Fiを使用するには、「Famima_Wi-Fi」に無線接続をしてから登録作業を行うことで利用が可能となります。
登録手順に関しては、画面に即して進むことで簡単にできますので、詳細は割愛させていただきます。

・ローソン

ローソンでは、「LAWSON Free Wi-Fi」というSSIDで無料wi-fiが提供されており、同様の名前のサービス名で運営されています。

このLAWSON Free Wi-Fiのサービスを使用するには、「LAWSON Free Wi-Fi」に無線接続をしてからブラウザを立ち上げて利用者登録を行います。
既述の喫茶店に類して、メールアドレスの登録で使用が可能となるので非常に便利ですね。

・セブンイレブン

セブンイレブンでは、「7SPOT」というSSIDで無料wi-fiが提供されています。

このセブンスポットのサービスを使用するには、7SPOTに無線接続をしてからブラウザを立ち上げて利用者登録を行う必要があります。
また、接続・使用に関しては、一回60分、一日3回の接続までという制限があるためそういった点に留意しながら利用いただければと思います。

 

【デメリット】無料wi-fiスポットの危険性

無料wi-fiスポットは暗号化されていない

3

出典:危険なWi-Fi(無線LAN)スポットの特徴と被害を防ぐ3つのルール

現在スマートフォンでの通信の場合、データ通信量の上限が設定されていて、それを超えると速度が極端に遅くなるといった制限がかかります。そうならないように、できる限りwi-fiを利用するように心がけている利用者が多く、屋外でも無料wi-fiスポットを利用して通信を行うようにしている方もいると思います。

しかし、無料wi-fiスポット経由での通信は暗号化されていないため、通信内容を第三者に盗まれてしまう可能性があるのです。地図を見る、お店を調べる程度の通信ならそんなに心配する必要はありませんが、オンラインバンキングを利用したり、クレジットカード情報を入力したりといったプライベートな情報を含んだ通信を行うと、それらの情報を盗まれ、悪用される危険性があるのです。

昨今、利用可能なエリアが拡大しており便利な反面、どのような危険があるのかを把握してリスク管理をしましょう

利用者の意識が低い

パソコンを使う方の多くがセキュリティ面には気を遣っていて、ウィルス対策ソフトなどのセキュリティ対策ソフトを入れていますよね。しかしスマートフォンの場合はなぜかその意識が薄く、とあるアンケートでは、スマートフォンのセキュリティ対策は必要ないと答えた方が約40%もいたようです。

また、必要性は感じるがやり方が分からないと答えた方は約43%にもなります。それでは実際にどのようにすれば安全に通信ができるのでしょうか。

安全に無料wi-fiスポットを利用するには

暗号化されていないものは使わない

2
パソコンの場合はセキュリティで保護されていないネットワーク、スマートフォンの場合は暗号化のところにNoneと表示されている場合は、通信が暗号化されていません。そういったwi-fiは利用しないようにして下さい。端末の設定によっては、無料wi-fiスポットに自動的に接続するようになっている場合もありますので、そういった機能は無効にして、必要がある時だけ利用するようにしましょう。

VPN接続を利用する

もう1つの方法として、VPN接続を行う方法もあります。VPNとは簡単にいえば、通信を暗号化してくれる技術のことです。暗号化されていないwi-fiスポットでも、VPN接続であれば安全な通信を行うことができます。有料のアプリもありますが、無料でVPN接続を行いたいという方は以下を参考にして下さい。
VPN Gateへの接続方法

自分の身は自分で守る

スマートフォンもパソコンと同様に、常にセキュリティには気を付けないといけません。自分は大丈夫だろうという間違った思い込みは今すぐ捨てて下さい。無料wi-fiスポットを利用する場合はその危険性を十分に理解し、その対策を考えなければいけません。自分の個人情報は自分で守るしかないのです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です