Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / Wi-fiが遅い時の原因と解決方法

Wi-fiが遅い時の原因と解決方法

Pocket

wifi_phone

Wi-fiって便利です。ケーブルをつながなくてもLANに接続できます。手順も、電波を出している機器名(SSID)をリストから選んで、パスワードを入力するだけです。

WPS(Wi-Fi Protected Setup)に対応していれば、ボタンを押すだけで面倒な設定も自動でやってくれます。Windowsパソコンに限らず、MacもスマホもiPadも3DSもPS Vitaも接続できます。

そんな便利なWi-fiですが、いつもご機嫌に働いてくれるとは限りません。難しいことを自動でやってくれるカラクリの常として、不具合が発生した時は厄介です。Wi-fiが遅い場合があります。本来もっとスピードが出るはずなのに、遅いのです。下の画像は、上の画像と同じWi-fi親機に接続している同じWindowsパソコンで、条件を変えて接続スピードテスト(http://www.usen.com/speedtest02/)を実行した結果です。

以下、有線LANとWi-fiとを変換している機器(ルーターやブリッジなど)をWi-fi親機、パソコンやスマホなどの端末をWi-fi子機と呼びます。

スポンサーリンク

1.Wi-fiの規格と公称速度

Wi-fiは、業界団体のWi-Fi Allianceによる無線LAN接続のお約束です。無線LANの規格として国際的な電子分野の規格団体(学会)IEEE(アイ・トリプル・イー)のIEEE 802.11規格を利用しています。

製品として良く見かけるWi-fi機器のIEEE 802.11規格と公称速度・周波数帯は以下の通りです。

  • IEEE 802.11b 11Mbps/22Mbps 2.4GHz
  • IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz
  • IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz
  • IEEE 802.11n 65Mbps~600Mbps 2.4GHz 5GHz
    製品によって上限の公称速度が異なる
  • IEEE 802.11ad 4.6Gbps~6.8Gbps 60GHz
  • IEEE 802.11ac 290Mbps~6.9Gbps 5GHz

Wi-fiで使われているのは2.4Ghz帯と5Ghz帯の2種類なのです。(今後の技術進歩で周波数が追加される可能性があり)

2.Windowsパソコンで今使っている規格を調べる

Windowsパソコンでは、「netsh」コマンドで、今のネットワーク構成を調べられます。「Windows」キーを押しながら「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」の「名前」欄に「cmd」と入力して「コマンドプロンプト」を開きます。

「netsh wlan show interface」と入力すると今使っているWi-fiの情報が表示されます。

 

ここで、「無線の種類」は「IEEE 802.11n」で「受信速度・送信速度」は「144Mbps」だとわかります。速度は理論値の最大値です。

「IEEE 802.11n」は色々な技術を利用してスピードを上げていますので、機器の組み合わせによって最大伝送速度が異なります。そのうち、アンテナ数(MIMO)と周波数の結合(チャネルボンディング)による最大転送速度の違いをまとめてみました。

win45-2

この表から、先ほどの「受信速度・送信速度 144Mbps」というのは「2ストリーム」で「20MHz使用」となります。

 

3.Wi-fiが遅い時の原因と解決方法

それでは、本題に入りましょう!

動作が遅いときは「再起動」が基本です。
パソコンなどの子機だけではなくて、Wi-fi親機も一度完全に電源を落として再起動してみます。正式に統計はとっていませんが、感覚的にはトラブルの8割はこれで解決しています。
*なお、プライベートネットワークなど特殊なネットワーク設定を行っている場合、設定内容がリセットされる可能性もありますので、事前にご留意下さい

Wi-fiが遅くなる原因を「Wi-fi親機からインターネット寄りの不具合」と「親機と子機の間の通信の不具合」と「子機の不具合」に切り分けます。

「Wi-fi親機からインターネット寄りの不具合」

この場合に考えられるのは、親機がブロードバンドにつながっているとして、その間の通信速度が落ちていることです。
親機に有線ポートがあれば、有線LANでパソコンと直接接続してスピードを確かめることで確認できます。(ブラウザからスピードテストなどで検索すれば簡単に利用できます)

この段階でスピードが落ちている場合は、一度親機の電源を含めたケーブル類をすべて外して、できるだけシンプルな構成で試してみます。LANケーブルも「カテゴリ」によって転送速度の上限があります。また、ケーブルの不具合で、表記されている「カテゴリ」通りの性能が出ていない場合も考えられます。

一般的には、ケーブルの長さが長くなれば長くなるほど通信速度は落ちますし、その材質によっても速度が低下することになります。
また、そもそも回線の契約速度を確認してみましょう。
もし、契約速度が遅いもので古くから継続的に契約しているのであれば、これを機会に契約内容を見直すのも対応の一つと考えます。

「親機と子機の間の通信の不具合」

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

安全とは限らない!ホテルのWi-Fiに潜む危険と厳選ルーター2つ

ホテルで提供されているWi-F …

Facebookでのご購読が便利です