Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / お得にWi-fiを契約しよう!初心者の方のためのWi-Fiの基礎から契約まで

お得にWi-fiを契約しよう!初心者の方のためのWi-Fiの基礎から契約まで

Pocket

b02a33b52a4b53a3ce77d06297b44144_s

近年、iPhoneやiPad、androidの普及に伴ってテレビやインターネット、あらゆるメディアで「Wi-Fi」という言葉を聞くようになりました。そのため、今まで使用していた携帯からスマートフォンに機種変更するにあたってWi-Fiを契約したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、Wi-Fiを初めて契約する初心者の方にとって、初めてのことばかりでどういった手順を踏めばよいのか分からないという方もいると思います。また、どうせなら自分にあった契約プランでお得にWi-fを契約したいものですよね。本記事ではは初心者の方のためのWi-Fiの基礎から契約までを詳しくご説明いたします。

[adl]

1. Wi-Fiって何?

324106

そもそもWi-Fiとはいったい何なのでしょうか。テレビで「自宅のWi-Fiとつなげるだけでスマートフォンを快適に使用できる」、「Wi-Fiでパソコンやスマートフォンを一つに」というようなCMをよく見かけますが、いまいちどういったもので、どういった仕組みになっているのかピンとこないのではないでしょうか。

まずは、Wi-Fiを契約するにあたって、Wi-Fiが何なのか、Wi-Fiを利用することでどんなことが出来るのかなどWi-Fiのことをよく理解しておきましょう。

1. Wi-Fi とは何か?

Wi-Fiは無線LANの規格の一つで、アメリカのWi-fi Allianceという団体が定めた条件を満たしたものに与えられる「名称」のことでいわば無線LANのブランドのようなものです。スマートフォンやパソコンなどネットワークを利用できる機器をWi-Fiに繋げることで、Wi-Fiの電波が届く範囲ならどこにいてもインターネットを使用することが可能になります。

スマートフォンには毎月に利用できるデータ通信量に限りがあり、データ通信量を超えてしまうと「速度制限」がかかってしまい動作が遅くなるのですが、Wi-Fiの電波圏内であればデータ通信量に上限はなく、速度制限に悩まされる心配もありません。そのため、スマートフォンを快適に利用する上では外せない存在と言えます。

2.ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)について

Wi-Fiの理解をもっと深めるために、上記で登場した無線LANの「LAN」について説明していきます。LANはローカル・エリア・ネットワーク(Local Area Network)の略称であり、建物やフロア内といった狭い範囲のコンピューターで構成されたネットワークのことを指します。LANの特徴は以下のものがあげられます。

  1. 限られた範囲内の様々な機器の間で自由に情報交換が可能
  2. LAN内のネットワークを管理・運営するネットワーク管理者がいる
  3. 異なった企業の製品をLANに接続でき、相互通信が可能(マルチペンダ)

学校や会社などで、一台のプリンターを複数のパソコンから使用する、複数のパソコンを一台で管理するといった経験はないでしょうか。これらすべてがLANに当てはまります。

3.有線LANと無線LANの違い

e2eeb4dd9b328ff972b77e7bf55fa44d_s

次に有線LANと無線LANの違いについて説明いたします。有線LANはルーターからLANケーブルを伸ばして各機器とつなげて利用できるもので、無線LANと比べると通信速度が速く、安定しています。そのため、大容量のデータ転送も安定して行うことが出来ます。しかし、ケーブルで接続しなければならないので配線が複雑になりがちというデメリットがあります。

無線LANはLANケーブルを使用せずにルーターとつなげることが出来ます。なので、電波圏内であればどこででも自由にネットワークに接続可能ですが、電波が届きにくい場所では通信速度が遅くなったり、不安定になってしまうというデメリットがあります。

無線LANが作られた当初は異なるメーカーの機器同士の相互接続が保証されておらず、無線LANを購入しても本当に接続可能なのかわからないという欠点がありました。その欠点を払拭したのがWi-Fiで、Wi-Fiとされている無線LANでは相互接続が保証されている為、消費者が安心して購入することが出来ます。

2. Wi-Fiはどこで接続出来るのか?

90a732115c0c4158bb84515c63dc9e97_s

Wi-Fiが接続できる場所は家や企業、学校など契約した固定のWi-Fiルーターが置かれている範囲はもちろん、外出先でもWi-Fiを接続することが出来ます。ただし、外出先でWi-Fiを接続したい場合には条件があるので、項目に分けて説明していきたいと思います。

1.アクセスポイントとホットスポット

Wi-Fiが接続できる場所を知るために、アクセスポイントとホットスポットについて説明いたします。アクセスポイントとは無線LANと無線LANに繋げたい機器の中継を担う機器のことを指し、Wi-Fiルーターはルーターとアクセスポイントが一緒になっています。

そのため、ルーターとアクセスポイントを混合させがちですが、難しいことは考えずLANを中継してくれるものという認識で大丈夫です。そのアクセスポイントから電波を受信できる場所をホットスポットと呼び、無償でWi-Fiのアクセスポイントを提供している場所はフリースポットやWi-Fiスポットとも呼ばれています。

2.接続可能な場所はどこか?

契約したWi-Fiの電波の届かない場所ではWi-Fiを使用することは出来ませんが、上記で説明したホットスポットを活用すれば外出先でもWi-Fiを利用することが出来ます。外国に比べると日本ではまだまだホットスポットは少ないですが、近年は徐々にWi-Fiが使える場所が増えてきました。

地域によっても異なってきますが、Wi-Fiの接続が可能な場所は以下のものがあげられます。

  1. 大手のコンビニ(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなど)
  2. カラオケボックス(ジャンカラ、JOYSOUND、コートダジュールなど)
  3. ファーストフード店(マクドナルド、ロッテリア、モスバーガーなど)
  4. 喫茶店(スターバックス、コメダ珈琲、タリーズなど)
  5. ネットカフェ(快活CLUB、自遊空間、アプレシオなど)

全国のホットスポットを検索できるサイトもあるので、気になる方は検索してみてください。全国の公衆無線LAN・Wi-Fiスポットを検索

3.いつでも使えるモバイルWi-Fiとは?

モバイルWi-Fiとは平たく言えばWi-Fiルータの小型版で、ポケットやカバンに収まる小さなサイズなので、気軽に持ち運ぶことができ、外出先でもわざわざホットスポットに赴くことなくインターネットを楽しむことが出来ます。

そのため、出張の多い仕事に就いている方や、一人暮らしの方は固定のWi-Fiルーターではなく、モバイルWi-Fiだけを利用している方も多くいます。家族がいて外出先でも家でもWi-Fiを楽しみたいという方は固定ルーターとモバイルWi-Fiの二つを利用すると良いでしょう。

iPadなどのタブレットを利用している方ならモバイルWi-Fiを利用することで、今までは「固定Wi-Fiルータの料金+タブレットの通信料」だったのが「モバイルWi-Fiの通信料」だけになり節約になるので、iPad利用者にもおすすめです。

4. Wi-Fi ルーターを使うには

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_white

買替える前に確認!iPhoneのWi-Fiが切れる原因と対処法

いまや家のPCよりも出先のiP …

Facebookでのご購読が便利です