お得にWi-fiを契約しよう!初心者の方のためのWi-Fiの基礎から契約まで

LINEで送る
Pocket

b02a33b52a4b53a3ce77d06297b44144_s

近年、iPhoneやiPad、androidの普及に伴ってテレビやインターネット、あらゆるメディアで「Wi-Fi」という言葉を聞くようになりました。そのため、今まで使用していた携帯からスマートフォンに機種変更するにあたってWi-Fiを契約したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、Wi-Fiを初めて契約する初心者の方にとって、初めてのことばかりでどういった手順を踏めばよいのか分からないという方もいると思います。また、どうせなら自分にあった契約プランでお得にWi-fを契約したいものですよね。本記事ではは初心者の方のためのWi-Fiの基礎から契約までを詳しくご説明いたします。

[adl]

1. Wi-Fiって何?

324106

そもそもWi-Fiとはいったい何なのでしょうか。テレビで「自宅のWi-Fiとつなげるだけでスマートフォンを快適に使用できる」、「Wi-Fiでパソコンやスマートフォンを一つに」というようなCMをよく見かけますが、いまいちどういったもので、どういった仕組みになっているのかピンとこないのではないでしょうか。

まずは、Wi-Fiを契約するにあたって、Wi-Fiが何なのか、Wi-Fiを利用することでどんなことが出来るのかなどWi-Fiのことをよく理解しておきましょう。

1. Wi-Fi とは何か?

Wi-Fiは無線LANの規格の一つで、アメリカのWi-fi Allianceという団体が定めた条件を満たしたものに与えられる「名称」のことでいわば無線LANのブランドのようなものです。スマートフォンやパソコンなどネットワークを利用できる機器をWi-Fiに繋げることで、Wi-Fiの電波が届く範囲ならどこにいてもインターネットを使用することが可能になります。

スマートフォンには毎月に利用できるデータ通信量に限りがあり、データ通信量を超えてしまうと「速度制限」がかかってしまい動作が遅くなるのですが、Wi-Fiの電波圏内であればデータ通信量に上限はなく、速度制限に悩まされる心配もありません。そのため、スマートフォンを快適に利用する上では外せない存在と言えます。

2.ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)について

Wi-Fiの理解をもっと深めるために、上記で登場した無線LANの「LAN」について説明していきます。LANはローカル・エリア・ネットワーク(Local Area Network)の略称であり、建物やフロア内といった狭い範囲のコンピューターで構成されたネットワークのことを指します。LANの特徴は以下のものがあげられます。

  1. 限られた範囲内の様々な機器の間で自由に情報交換が可能
  2. LAN内のネットワークを管理・運営するネットワーク管理者がいる
  3. 異なった企業の製品をLANに接続でき、相互通信が可能(マルチペンダ)

学校や会社などで、一台のプリンターを複数のパソコンから使用する、複数のパソコンを一台で管理するといった経験はないでしょうか。これらすべてがLANに当てはまります。

3.有線LANと無線LANの違い

e2eeb4dd9b328ff972b77e7bf55fa44d_s

次に有線LANと無線LANの違いについて説明いたします。有線LANはルーターからLANケーブルを伸ばして各機器とつなげて利用できるもので、無線LANと比べると通信速度が速く、安定しています。そのため、大容量のデータ転送も安定して行うことが出来ます。しかし、ケーブルで接続しなければならないので配線が複雑になりがちというデメリットがあります。

無線LANはLANケーブルを使用せずにルーターとつなげることが出来ます。なので、電波圏内であればどこででも自由にネットワークに接続可能ですが、電波が届きにくい場所では通信速度が遅くなったり、不安定になってしまうというデメリットがあります。

無線LANが作られた当初は異なるメーカーの機器同士の相互接続が保証されておらず、無線LANを購入しても本当に接続可能なのかわからないという欠点がありました。その欠点を払拭したのがWi-Fiで、Wi-Fiとされている無線LANでは相互接続が保証されている為、消費者が安心して購入することが出来ます。

2. Wi-Fiはどこで接続出来るのか?

90a732115c0c4158bb84515c63dc9e97_s

Wi-Fiが接続できる場所は家や企業、学校など契約した固定のWi-Fiルーターが置かれている範囲はもちろん、外出先でもWi-Fiを接続することが出来ます。ただし、外出先でWi-Fiを接続したい場合には条件があるので、項目に分けて説明していきたいと思います。

1.アクセスポイントとホットスポット

Wi-Fiが接続できる場所を知るために、アクセスポイントとホットスポットについて説明いたします。アクセスポイントとは無線LANと無線LANに繋げたい機器の中継を担う機器のことを指し、Wi-Fiルーターはルーターとアクセスポイントが一緒になっています。

そのため、ルーターとアクセスポイントを混合させがちですが、難しいことは考えずLANを中継してくれるものという認識で大丈夫です。そのアクセスポイントから電波を受信できる場所をホットスポットと呼び、無償でWi-Fiのアクセスポイントを提供している場所はフリースポットやWi-Fiスポットとも呼ばれています。

2.接続可能な場所はどこか?

契約したWi-Fiの電波の届かない場所ではWi-Fiを使用することは出来ませんが、上記で説明したホットスポットを活用すれば外出先でもWi-Fiを利用することが出来ます。外国に比べると日本ではまだまだホットスポットは少ないですが、近年は徐々にWi-Fiが使える場所が増えてきました。

地域によっても異なってきますが、Wi-Fiの接続が可能な場所は以下のものがあげられます。

  1. 大手のコンビニ(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなど)
  2. カラオケボックス(ジャンカラ、JOYSOUND、コートダジュールなど)
  3. ファーストフード店(マクドナルド、ロッテリア、モスバーガーなど)
  4. 喫茶店(スターバックス、コメダ珈琲、タリーズなど)
  5. ネットカフェ(快活CLUB、自遊空間、アプレシオなど)

全国のホットスポットを検索できるサイトもあるので、気になる方は検索してみてください。全国の公衆無線LAN・Wi-Fiスポットを検索

3.いつでも使えるモバイルWi-Fiとは?

モバイルWi-Fiとは平たく言えばWi-Fiルータの小型版で、ポケットやカバンに収まる小さなサイズなので、気軽に持ち運ぶことができ、外出先でもわざわざホットスポットに赴くことなくインターネットを楽しむことが出来ます。

そのため、出張の多い仕事に就いている方や、一人暮らしの方は固定のWi-Fiルーターではなく、モバイルWi-Fiだけを利用している方も多くいます。家族がいて外出先でも家でもWi-Fiを楽しみたいという方は固定ルーターとモバイルWi-Fiの二つを利用すると良いでしょう。

iPadなどのタブレットを利用している方ならモバイルWi-Fiを利用することで、今までは「固定Wi-Fiルータの料金+タブレットの通信料」だったのが「モバイルWi-Fiの通信料」だけになり節約になるので、iPad利用者にもおすすめです。

4. Wi-Fi ルーターを使うには

Wi-Fiルーターを使うにはまず「インターネット回線が使用可能な状況」であることを大前提とします。Wi-Fiルーターを接続する方法は至ってシンプルで、Wi-Fiルーターを使うためには以下のものが必要になります。

  1. Wi-Fiルーター
  2. モデムまたはONU(インターネットプロバイダーより支給)
  3. Wi-Fiをつなげたい子機(パソコン、スマートフォンなど)

まず、「Wi-Fiルーター」が使えるようにルーターと電源を繋げ、「モデムまたはONU」とWi-FiルーターをLANケーブルで接続し、Wi-Fiを繫げたい子機をWi-Fiが繋がるように設定すれば完了です。子機はそれぞれの「設定」から接続したいWi-Fiを選択し、Wi-Fiに設けられたパスワードを入力すれば接続することが出来ます。

パスワードは自身で設定することが出来ますが、設定をいじっていない初期段階ではルーターに貼られたラベルや説明書などに記載されています。

3. Wi-Fi を契約するには

0d8ee6c371902d77196ab3bc4c976bd8_s

Wi-Fiを契約するにあたって、より自分にあった契約プランを選ぶためにレンタルでの使用と契約した場合の使用、レンタルと契約の料金の比較や、各社との料金の比較など詳しく説明していきます。料金が安くても使用方法が合わない場合もあるので、各項目の内容を吟味して自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

1.レンタルでの使用

Wi-Fiを初めて使用する初心者の方にとっていきなりプロバイダと契約するのは気が引けるという方にはお試しとしてレンタルで使用することをおすすめします。レンタルする企業によっては最短で3日間からレンタル可能で、自分のライフスタイルに合ったものかどうかを判断することが出来ます。

Wi-Fiをレンタルを予約すると当日発送してくれるところも多く、届いたその日から気軽に使うことが出来ます。また、日数に応じたレンタル料だけを払えばよく、合わなければ解約する必要もないので気軽に利用しやすくなっています。

レンタルでの使用は国内以外にも海外でレンタル出来るサービスもあり、頻繁に海外旅行に行く方や、海外出張する方などにおすすめです。

2.プロバイダと契約して使用

プロパイだと契約して使用する場合は毎月の利用料とルーターを購入しなければならないので、ルーターの費用が加算されされます。しかし、Wi-Fiルーターを無料で販売している企業も多く、Wi-Fiの取り付けから設定まで無料で行ってくれるところもあります。また、特典でタブレットやパソコンを付けてくれる企業もあります。

ただし、自身に必要ないと思った場合には解約しなければならないので、契約する場合にはWi-Fiを使い続けたいと思っている方がおすすめです。

3.レンタルと契約どちらが安いのか

レンタルと契約の料金は使い方次第によって異なってきます。一日当たりの料金単価は契約したほうが安いですが、一週間や、一か月など期間限定で使用したい場合は、ルーター購入費用が掛かる契約よりレンタルの方が安くなります。また、料金や契約はそれぞれの企業によっても金額が異なります。

4.ドコモ・ソフトバンク・auの料金比較

ドコモ・ソフトバンク・auの大手携帯キャリアでは「ポケットWi-Fi」と呼ばれるモバイルWi-Fiを提供しています。通常の固定Wi-Fiルーターを契約するより料金を抑えられる為、モバイルWi-Fiを利用したいという方も多いかと思いますので、それぞれの料金を比較してみましょう。

  1. ドコモ=基本料金1,900円+パケット料金(5,000円~22,500円)ずっとドコモ割プラン加入で最大-2,000円
  2. ソフトバンク=基本使用料4,196円+4Gデータ通信基本料500円
  3. au(7G)=auユーザー4,196円~2,762円、非ユーザー4,196円~3,696円
  4. au(制限なし)=auユーザー4,880円~3,446円、非ユーザー4,880円~4380円

ドコモはデータ通信料を増やそうと思うとパケット料金がかかってしまうので少々高くなってしまいますが、ドコモユーザー方の場合は現在使用しているスマートフォンのパケットパックをそのまま利用することが出来るので、基本料の1,900円で抑えることが出来ます。

ソフトバンクではデータ通信料を増やすことはできず、7G固定です。また、ソフトバンクユーザーに対しての割引特典などはなく、料金も安くはないのでお得とは言えないでしょう。(キャンペーンで3,696円になりますがそれでも高いです)

auはデータ通信料を制限なしで利用した場合ドコモよりも低価格な金額になります。また、auユーザーはスマートバリューmineプランに加入することで月額最大934円割り引くことが出来ます。

以上のことから、三社でポケットWi-Fiを利用したい場合、ドコモユーザーでパケットパックに余裕がある人はドコモ、それ以外の方はauがお得と言えます。

5.無制限に使えるポケットWi-Fi

残念ながら現状完全に無制限に使えると言えるポケットWi-Fiは存在せず、ほとんどの場合が3日で3GBを超えるデータ通信を行うと速度制限がかかってしまいます。しかし、UQ WiMAX2+なら速度制限がかかってしまっても標準画質の動画を見れる程度の速度なので実質無制限に使用することが可能です。

料金も2年契約トータルで見たとき、他社と比べ安い金額で抑えられるためお得と言えます。しかし、電波に弱いというデメリットがあるため、電波の届きにくい場所で使用したい場合には余りおすすめできません。

6.ポケットWi-Fi の契約を解除するなら

ポケットWi-Fiの契約を契約期間内で解約する場合には契約解除料金がかかってしまいます。半年以内で解約しようとすると三万円以上、タブレットやパソコンが特典でついてくるようなものならそれ以上の料金が発生します。そのため解約解除料金を発生させないで契約解除したい場合には契約期間を過ぎるのを待つ必要があります。

しかし、契約期間を過ぎればいつでも無料で契約解除が出来るわけではなく、企業によってはちょうど契約期間が過ぎた日と同じ月、もしくはその翌月でなければ無料で解除できなくなる場合もあるので、契約書をよく読んで契約日などをよく確認してみてください。

また、解約は店頭に行かずに電話でも出来るので、素早く済ませたい場合は電話で解約することおすすめします。

まとめ

Wi-Fiは電波の届く範囲ならどこにいてもインターネットを利用することが出来るとても便利なものです。特にスマートフォンを利用していて毎月の速度制限に困っている方や、タブレットを使用している方にとってWi-Fiはとても重要なものになります。

Wi-Fiをいきなり契約するのは不安という方はレンタルでWi-Fiがどのようなものなのか試してみると良いでしょう。また、Wi-Fiを無償で提供している場所も増えてきているので、Wi-Fiに興味がある方は一度ホットスポットなどでWi-Fiと繋いで確かめてみてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です