Home / Wi-fi / 海外での通信手段Wi-Fiでネット接続

海外での通信手段Wi-Fiでネット接続

Pocket

国内旅行であれば、今はスマートフォンが普及した時代ですから、GoogleMap等を使えばすぐに行きたい場所へのルート案内をしてくれます。しかし、海外旅行ではどうでしょうか?さすがは世界のGoogle、エッフェル塔やピサの斜塔、自由の女神像への行き方も案内してくれます。

ところがその優秀なデバイスも、インターネット環境がなければそのパワーを発揮することができません。携帯キャリアとグローバル契約をしていれば、海外でも通信を行うこともできますが、1日あたり1万円を超える場合も多く、痛い出費となりそうです。
そこで、今回は海外でWi-Fiを使う2つの方法を紹介します!

スポンサーリンク

現地のホテルやスタバ等のの公共Wi-Fiを使う

最も簡単な方法です。Wi-Fiは世界共通規格ですから、どこの国でも使うことができます。無料で利用できる場合もあれば、有料の場合もあります。設定方法は日本で行う場合と全く変わらないので、できる限りコストを抑えたいという方にはよい方法です。

1

しかしながら、外出先に必ずWi-Fi環境があるとは限りません。外出先でWi-Fi環境がなかったら・・・。地図も外国語で読めないし、外国語も話せないし・・・といった方にとって大事件となってしまいますので、次の方法(日本から持って行く)をお勧めします。

日本でWi-Fi機器をレンタルする

さて。渡航先に用意されていないのであれば、自分で用意してしまえばいいのです。ここでは代表的な2社のサービスと、その利用方法をご紹介します。

ここであげる2社のサービスは筆者も利用した経験がありますが、品質がよかった印象があります。渡航先や日数、利用したいサービスなどによって価格が異なってきますので、どの業者がいいということは一概には言うことができません。それぞれ簡単に見積もりを取ることができますので、試してみてはいかがでしょうか?

グローバルWiFi

2
海外WiFiレンタル業者の中では最も幅広いエリアをカバーしています。ハワイ・韓国・台湾では、現地空港到着後に端末の受け取りが可能です。サポートは24時間365日営業しているので、何か不安なことがあればすぐに対応していただけるでしょう。ちなみに台湾では870円/日、グアムでは1170円/日となっています。

イモトのWiFi

3
世界の果てまでイッテQ!でおなじみのイモトさんをイメージキャラクターとして起用しています。老舗の海外WiFiレンタル業者で、海外ネット使い放題サービスを提供しています。筆者もロンドンで利用したことがありますが、日本とあまり変わらない通信速度で、安定しており非常に助かりました。

こちらもサポートは24時間365日営業しているので、何か不安なことがあればすぐに対応していただけるでしょう。ちなみに台湾では680円/日、グアムでは980円/日となっています。

利用方法は?

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

モニター代わりにテレビを!パソコンをテレビに接続する方法2つ

最近ではパソコンが一家に一台か …

Facebookでのご購読が便利です