Home / Wi-fi / 海外での通信手段Wi-Fiでネット接続

海外での通信手段Wi-Fiでネット接続

Pocket

国内旅行であれば、今はスマートフォンが普及した時代ですから、GoogleMap等を使えばすぐに行きたい場所へのルート案内をしてくれます。しかし、海外旅行ではどうでしょうか?さすがは世界のGoogle、エッフェル塔やピサの斜塔、自由の女神像への行き方も案内してくれます。

ところがその優秀なデバイスも、インターネット環境がなければそのパワーを発揮することができません。携帯キャリアとグローバル契約をしていれば、海外でも通信を行うこともできますが、1日あたり1万円を超える場合も多く、痛い出費となりそうです。
そこで、今回は海外でWi-Fiを使う2つの方法を紹介します!

スポンサーリンク

現地のホテルやスタバ等のの公共Wi-Fiを使う

最も簡単な方法です。Wi-Fiは世界共通規格ですから、どこの国でも使うことができます。無料で利用できる場合もあれば、有料の場合もあります。設定方法は日本で行う場合と全く変わらないので、できる限りコストを抑えたいという方にはよい方法です。

1

しかしながら、外出先に必ずWi-Fi環境があるとは限りません。外出先でWi-Fi環境がなかったら・・・。地図も外国語で読めないし、外国語も話せないし・・・といった方にとって大事件となってしまいますので、次の方法(日本から持って行く)をお勧めします。

日本でWi-Fi機器をレンタルする

さて。渡航先に用意されていないのであれば、自分で用意してしまえばいいのです。ここでは代表的な2社のサービスと、その利用方法をご紹介します。

ここであげる2社のサービスは筆者も利用した経験がありますが、品質がよかった印象があります。渡航先や日数、利用したいサービスなどによって価格が異なってきますので、どの業者がいいということは一概には言うことができません。それぞれ簡単に見積もりを取ることができますので、試してみてはいかがでしょうか?

グローバルWiFi

2
海外WiFiレンタル業者の中では最も幅広いエリアをカバーしています。ハワイ・韓国・台湾では、現地空港到着後に端末の受け取りが可能です。サポートは24時間365日営業しているので、何か不安なことがあればすぐに対応していただけるでしょう。ちなみに台湾では870円/日、グアムでは1170円/日となっています。

イモトのWiFi

3
世界の果てまでイッテQ!でおなじみのイモトさんをイメージキャラクターとして起用しています。老舗の海外WiFiレンタル業者で、海外ネット使い放題サービスを提供しています。筆者もロンドンで利用したことがありますが、日本とあまり変わらない通信速度で、安定しており非常に助かりました。

こちらもサポートは24時間365日営業しているので、何か不安なことがあればすぐに対応していただけるでしょう。ちなみに台湾では680円/日、グアムでは980円/日となっています。

利用方法は?

まずは契約しよう

各社の公式ホームページからレンタル申し込みができます。(JALやANAのマイレージ会員の方は、JALやANAを経由して申し込めばマイルをためることができる場合があります。詳しくは各航空会社に確認してください。)

渡航先情報(渡航予定都市や日程など)や、レンタルセットの受け取り方法(出国空港で受け取るか、あるいは自宅まで郵送しもらうか)を選択してください。多くの会社で、羽田・成田空港での受け取りに対応しています。時間に余裕を持ってカウンターへ向かってください。地方からの同一日の乗り継ぎ便を利用して海外へ出国予定の場合は、便の遅延などで受け取る時間がなくなってしまう事も予想されますので、自宅への配達がおすすめです。

レンタルプランを選択してください。海外WiFiはデータ通信レンタルプランです。(携帯電話レンタルではありません)自分の予算に合ったプランを選択してください。必要に応じて、万が一の際の補償プランへの加入も可能です。決済はクレジットカードで行う場合が多いようです。お手元にクレジットカードをご用意ください。(もし持っていない場合は、海外への渡航を考えるとICチップ付きのVISAカードカードを用意するとよいでしょう。海外キャッシング枠をセットしていれば、海外で現地通貨を引き出すことができます。

使い方によって、日本で両替して現金を持って行くよりも、(利子や手数料を考えても)割安なレートで交換できます。

端末の受け取りと設定

空港や自宅で端末を受け取ります。各社の指示に従ってください。必ず故障やキズがないか確認しましょう。必要なチェックが終わったら、端末の設定をします。※日本国内で電源を入れないように指示がある場合がありますので、その場合は現地到着後に設定を行ってください。

設定の方法は端末によって異なります。基本的にはSSIDとパスワードを確認し、持っているスマートフォン(あるいはPC)に入力するだけです。中にはボタン一つで設定が完了するようになっているものもあります。レンタル機器には必ず取扱説明書がついていますので、その指示に従ってください。

設定完了!あとは使うだけ!

設定が終われば、後はWiFiを利用することができます。ここまで来てしまえば、あとは(インターネットに関しては)日本にいる場合とたいした変わりません。筆者の場合はLINEや050plusも使うことができましたしね。日本国内への通話も、LINEを使えばもちろん無料でした。

050plusも海外から利用できました。日本国内にいる場合と料金は変わらないので、国際電話料金がかからず非常にありがたかったです。

もっとも安くする方法!

もっとも安く海外でインターネットをする方法は、海外でSIMカードを購入し、それをスマートフォンに差し込み、APN設定をして利用する方法です。しかし、この方法はSIMフリースマホを利用している場合のみ利用できます。(最近はやりの格安スマホや、AppleStoreから購入したSIMフリーモデルのiPhoneなど)

少し高度なワザですので自信のない方にはおすすめできませんが、この方法ではWi-Fiをレンタルするよりもかなり安く費用を抑えることができます。格安SIMやSIMフリー端末に関しては、また機会がありましたらそのときにご紹介しましょう。

まとめ

海外でインターネットが使えたならば・・・。あなたの海外旅行はもっと楽しくなるはず!写真をSNSにリアルタイムでアップすることだってできますよ!Have a nice trip!!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です