Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / Wi-fiの電波を少しでも強化するためにできること

Wi-fiの電波を少しでも強化するためにできること

Pocket

Wi-fiに繋がらなくなった時は「他の端末でも繋がらないか」「Wi-fiルーターの電源は入っているか」「ルーターは電波をキャッチしているか」「電子レンジや壁などの障害物がないか」「距離が離れすぎていないか」などを確認しましょう。まず、Wi-fiが繋がらなくなった場合は他の端末でも接続できないか確認しましょう。

他の端末で接続できる場合は接続できない端末に問題がありますし、他の端末でも接続できない場合はルーターに問題がある可能性が高いです。Wi-fiルーターは、電源が落ちていたりフリーズしていたりすることがあります(機種によってはよくある)。そのため、電源やルーター自体が電波をキャッチできているか確認しましょう。

また、Wi-fiルーターが電子レンジの近くにあったり、壁が遮っている場所にある場合は電波干渉の可能性もあるため移動させましょう。Wi-fiルーターを再起動するだけで、すぐに接続できるようになることも多いです。

端末側に問題があることも

Wi-fiに接続できないのはWi-fiルーターに原因がある場合もありますが、端末側に問題があることも珍しくありません。その場合は「端末のWi-fi設定がオンになっているか」「正しくパスワードは入力したか」「ルーターと離れすぎていないか」などを確認しましょう。また、スマホやタブレット、ゲーム機でも再起動することで問題が解決することもあります。

iPhone側に問題があるときの対処方法

Wi-fi に接続できないのがiPhoneに側に問題がある場合は、まずWi-fi設定がオンになっているか確認しましょう。パスワード入力なども問題がない場合は、接続が悪いだけなのかもしれません。

その場合は、機内モードのオン/オフの切り替えやiPhoneの再起動、ケースを外してみる、4G(3G)をオフにするなどを試してみましょう。特に、Wi-fi設定や機内モードのオン/オフ設定の切り替えや再起動をすることで繋がるようになることも少なくありません。

Androidに側に問題があるときの対処方法

Androidスマホを使っている場合も、基本的にはiPhoneと同様です。Wi-fi設定がオンになっているか、パスワードに問題はないかなどを確認しましょう。そして、Wi-fi設定のオン/オフや機内モードのオン/オフの切り替えをしたり、再起動するなどをします。これにより、Wi-fiの問題が解消することが多いです。

おすすめのWi-fiルーター2選

ここでは、持ち運びもできて便利なおすすめのWi-fiルーター2台を紹介します。

「Speed Wi-Fi NEXT W04」

Speed Wi-Fi NEXT W04はHUAWEI社が製造しており、WiMAX2+とau4gLTEに対応しています。コンパクトサイズで持ち運びしやすく、おしゃれなデザインです。下り最大440Mbpsの高速通信が可能で、無線LAN5GHzにも対応しています。専用アプリを使えばスマホからリモート操作もできるため、わざわざバックからルーターを出さなくても簡単に操作ができます。

また、使用用途に応じて通信パフォーマンスを「ハイパフォーマンス」「ノーマル」「バッテリーセーブ」の3段階から選択することが可能なので無駄遣いを防げます。連続待受時間も休止状態で約850時間、クイックアクセスモード時で38時間です。グリーンとホワイトの2色あり、画面も大きく使い勝手の良い1台です。

「pocket WiFi 601HW」

pocket WiFi 601HWは、下り最大612Mbpsの超高速通信が可能なため、思いデータのやり取りや動画視聴もサクサク行えます。画面も大きくアイコンも分かりやすいため、初心者の方でもすぐに扱えるようになります。約5秒で起動するため急いでいる時もイライラせずにすみますし、連続待受時間は約850時間もあります。サイズもコンパクトなため持ち運びもストレスなく行える1台です。

まとめ

2.4GHz帯を利用したWi-fiは便利でお手軽なのですが、限界が来ているのかもしれません。海外では5GHz帯も普及しているようですので、国内でも徐々に5GHz帯に移行していくのかもしれません。でも、少なくとも今は、2.4GHz帯を便利に活用していくような工夫が必要なのかもしれません。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

安全とは限らない!ホテルのWi-Fiに潜む危険と厳選ルーター2つ

ホテルで提供されているWi-F …

Facebookでのご購読が便利です