Home / Wi-fi / Wi-fiの電波を少しでも強化するためにできること

Wi-fiの電波を少しでも強化するためにできること

Pocket

win86-1
出典:Wi-Fi Alliance

Wi-fiは煩わしいケーブルを取りまわさなくてもネットにつながります。LANポートを備えていないスマートフォンやゲーム機だってネットにつながります。接続手順も接続先(SSID)をリストから選んでパスワードを入力するだけです。WPS(Wi-Fi Protected Setup)に対応していれば、パスワードの入力も必要ありません。

でも、電波の届く範囲が決まっています。それも、ちゃんと届く範囲は案外短いものです。電波に縛られて自由に移動できないのでは無線の意味がありません。そんな電波に縛られたくない自由人のために、Wi-fiの電波を少しでも強化するためにできることをご紹介します。

スポンサーリンク

1.まずはWi-fiの電波を知ろう

win86-2

Wi-fiはアメリカの業界団体「Wi-Fi Alliance」が認定した無線LANのお約束で、無線LANの規格としては、国際的な電子分野の規格団体(学会)IEEE(アイ・トリプル・イー)のIEEE 802.11規格を利用しています。周波数帯は2.4GHzと5GHzが規定されています。

電波は、国際規格だけではなくて、国内法でも使い方が決められていて、5GHz帯は気象レーダーなどで使われていたため、2007年1月の省令改正まで屋外では使用できませんでした。そのため、日本のWi-fi機器の多くは2.4GHz帯しか使えません。

この2.4GHz帯は、出力が弱ければ(10mW以下)免許不要で「産業・科学・医学用」に幅広く利用されています。電子レンジも2.4GHz帯の電波を発生します。そして、帯域がそれほど広くないために、電波干渉なしに同時に利用できるのは3チャネルだけとなっています。Wi-fiでは親機1台で1つのチャネルを占用します。

2.設置設定を見直そう

win86-3
2.4GHz帯の弱点として、障害物に弱いことが挙げられます。そして、Wi-fi親機は、電波法の制限を受けて、出力が弱く作られているために、電波の届く距離は短く抑えられています。これらのことから、電波が弱い時にはWi-fi親機の設置場所を変更することが最も手っ取り早くて確実です。

  • 親機をできるだけ点在する子機の中心に置く
  • できるだけ見通しの良い場所に置く
  • 床にはおかずに、できるだけ天井に近いところに設置する
  • ほかの電子機器からできるだけ離す 特に電子レンジ

Wi-fi親機の設置場所が移動できない場合や、移動してもまだ電波が弱い場合は、Wi-fi親機の設定を変更します。

  • アンテナと垂直な方向に電波は飛ぶので、アンテナが可変の親機なら、傾きを調整する
    アンテナが可変でない場合は、本体を傾けて調整します
  • 一度Wi-fi親機の電源コードを抜いて、リセットしてみる
    自動で鑑賞の少ないチャネルを探してくれます
  • 電波状態のよいチャネルを利用する
    自動でダメな場合は手動で条件の良いチャネルを探ります
  • 同時に接続できる子機の台数を確認する
    快適に利用できるのは親機1台に対して子機は4~5台です

3.ハード的に解決を図る

親機の設置場所を変えても設定を調節しても電波が弱い場合は、ハード的に電波を強くする方法を考えます。

  • 増幅中継器を追加する
    これが最も確実ですが、最もコストが掛かります
  • Wi-fi子機用のパワーアンテナを追加する
    パソコンならこれが確実なのかもしれません
  • 親機の電波が不要な方向に、アルミホイルなどで電波の反射板を作成して設置する
    工作になりますが、結構効果があります

4.Wi-fiの電波が切れる原因

「Wi-fiの電源がよく切れる。。」という場合は「電波干渉が発生している」のが理由かもしれません。今では多くの家庭や店舗、職場などでWi-fiが使われているため、環境によっては電波の干渉が起きてしまいます。特に周囲でも同じアクセスポイントやチャンネルを使用しているWi-fiが多い場合は、干渉が原因で接続が不安定になっている可能性があります。

Wi-fiルーターの設置場所を変えてみたり、使用チャンネルを変更するなどしてみましょう。状況が改善される場合は電波の干渉が原因です。また、電波の干渉以外にもWi-fiルーター本体のプログラムの問題で電波が切れている可能性もあります。プログラムはメーカーが随時更新していますので、最新のプログラムにアップデートされているか確認しましょう。

Wi-fiに繋がらなくなった時確認すべきこと

Wi-fiに繋がらなくなった時は「他の端末でも繋がらないか」「Wi-fiルーターの電源は入っているか」「ルーターは電波をキャッチしているか」「電子レンジや壁などの障害物がないか」「距離が離れすぎていないか」などを確認しましょう。まず、Wi-fiが繋がらなくなった場合は他の端末でも接続できないか確認しましょう。

他の端末で接続できる場合は接続できない端末に問題がありますし、他の端末でも接続できない場合はルーターに問題がある可能性が高いです。Wi-fiルーターは、電源が落ちていたりフリーズしていたりすることがあります(機種によってはよくある)。そのため、電源やルーター自体が電波をキャッチできているか確認しましょう。

また、Wi-fiルーターが電子レンジの近くにあったり、壁が遮っている場所にある場合は電波干渉の可能性もあるため移動させましょう。Wi-fiルーターを再起動するだけで、すぐに接続できるようになることも多いです。

端末側に問題があることも

Wi-fiに接続できないのはWi-fiルーターに原因がある場合もありますが、端末側に問題があることも珍しくありません。その場合は「端末のWi-fi設定がオンになっているか」「正しくパスワードは入力したか」「ルーターと離れすぎていないか」などを確認しましょう。また、スマホやタブレット、ゲーム機でも再起動することで問題が解決することもあります。

iPhone側に問題があるときの対処方法

Wi-fi に接続できないのがiPhoneに側に問題がある場合は、まずWi-fi設定がオンになっているか確認しましょう。パスワード入力なども問題がない場合は、接続が悪いだけなのかもしれません。

その場合は、機内モードのオン/オフの切り替えやiPhoneの再起動、ケースを外してみる、4G(3G)をオフにするなどを試してみましょう。特に、Wi-fi設定や機内モードのオン/オフ設定の切り替えや再起動をすることで繋がるようになることも少なくありません。

Androidに側に問題があるときの対処方法

Androidスマホを使っている場合も、基本的にはiPhoneと同様です。Wi-fi設定がオンになっているか、パスワードに問題はないかなどを確認しましょう。そして、Wi-fi設定のオン/オフや機内モードのオン/オフの切り替えをしたり、再起動するなどをします。これにより、Wi-fiの問題が解消することが多いです。

おすすめのWi-fiルーター2選

ここでは、持ち運びもできて便利なおすすめのWi-fiルーター2台を紹介します。

「Speed Wi-Fi NEXT W04」
Speed Wi-Fi NEXT W04はHUAWEI社が製造しており、WiMAX2+とau4gLTEに対応しています。コンパクトサイズで持ち運びしやすく、おしゃれなデザインです。下り最大440Mbpsの高速通信が可能で、無線LAN5GHzにも対応しています。専用アプリを使えばスマホからリモート操作もできるため、わざわざバックからルーターを出さなくても簡単に操作ができます。

また、使用用途に応じて通信パフォーマンスを「ハイパフォーマンス」「ノーマル」「バッテリーセーブ」の3段階から選択することが可能なので無駄遣いを防げます。連続待受時間も休止状態で約850時間、クイックアクセスモード時で38時間です。グリーンとホワイトの2色あり、画面も大きく使い勝手の良い1台です。

「pocket WiFi 601HW」
pocket WiFi 601HWは、下り最大612Mbpsの超高速通信が可能なため、思いデータのやり取りや動画視聴もサクサク行えます。画面も大きくアイコンも分かりやすいため、初心者の方でもすぐに扱えるようになります。約5秒で起動するため急いでいる時もイライラせずにすみますし、連続待受時間は約850時間もあります。サイズもコンパクトなため持ち運びもストレスなく行える1台です。

まとめ

2.4GHz帯を利用したWi-fiは便利でお手軽なのですが、限界が来ているのかもしれません。海外では5GHz帯も普及しているようですので、国内でも徐々に5GHz帯に移行していくのかもしれません。でも、少なくとも今は、2.4GHz帯を便利に活用していくような工夫が必要なのかもしれません。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です