Home / Wi-fi / 便利!無料Wi-Fiがあるカフェ13選と公衆Wi-Fiの危険性

便利!無料Wi-Fiがあるカフェ13選と公衆Wi-Fiの危険性

Pocket

cafe,pancake

では、無料Wi-Fiに接続する時の注意点をご紹介致します。

情報が流用する危険性

公衆Wi-Fiは便利で利便性が優先されていますので、セキュリティーは二の次になっている可能性もあります。ネットバンキングやショッピングサイトなどの大切な情報が流出する可能性がありますので、公衆Wi-Fiではこれらのサイトにアクセスしないことが肝心です。

やってはいけないこと

iPhoneなどの設定でWi-Fi回線を選ぶ時、カギのアイコンのないWi-Fiスポットには注意が必要です。

「WPA」となっているWi-Fiを選びましょう。特にSoftbankの回線には鍵のアイコンがないので注意が必要です。

重要な情報が入ってるアプリを開かない

重要な情報が入っているアプリとは、ネットバンキングや仮想通貨のウォレットなどです。公衆Wi-Fiだと、ちょっと不正アクセスにたけた人にはこれらの情報にアクセスするのはいとも簡単なのです。

暗号化方式に注意する

無料Wi-Fiの回線は情報を暗号化していないところが多いと思ったほうがいいでしょう。そのため、個人情報が特定されるようなサイトは開かないことがおすすめです。

正体不明のWifiには接続しない

いくら接続が可能でも、そのカフェが提供するWi-Fi回線以外には接続しないようにしましょう。個人情報などが盗み取られる可能性があります。

変な回線だと思ったらすぐに接続を切りましょう。

SSL通信が可能なサイトを利用する

SSL通信は、セキュリティーが強いサイトです。SSLのサイトかどうかは、ブラウザの下部分に鍵のマークがあるかどうかでわかります。

また、公衆Wi-Fiで接続する時は、できるだけアプリは使わずブラウザの接続のみがおすすめ。それもhttps://ではじまるサイトのみの接続だと個人情報が流出する可能性も低いでしょう。

まとめ

フリーWi-Fiが使えるカフェ情報、そしてWi-Fi接続の注意点に関してお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

フリーWi-Fiは特に旅先などでは、無料で接続できてとても便利ですよね。でもそれだけにセキュリティーは二の次になっている場合もあります。

そこを狙って、悪事を企んている人もいますので、フリーWi-Fiでは個人情報がわかるサイト、ネットバンキングなど、重要な情報を含んだアプリなどの使用は、情報を盗み取られるおそれがありますので、極力避けましょう。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

もうルーターは不要!テザリングの注意点と3つの接続方法を徹底解説

出先でタブレットやパソコンをイ …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です