無料Wi-fiの危険性と使用する時のセキュリティ対策

LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2015-09-12 3.02.09
海外では無料Wi-fiスポットはどこのお店に入ってもあるのが常識とされていますが、日本ではまだまだそういったお店が少なかったのが現状です。しかし近年、スマートフォン普及の影響で徐々に増えてきています。

しかし急速に対応している分、利用者の無料Wi-fiの危険性の認識やその対策は遅れていると言えるのではないでしょうか?2020年に東京オリンピックの開催が決定され、ますます海外からの渡航者が増加されることが予想され、無料Wi-fiへのニーズが更に高まっていくと思われます。そういった社会構造の変化に備えて今回は無料Wi-fiの危険性とそのセキュリティ対策を紹介し、認知して頂いた上で今後社会に浸透していくであろう無料Wi-fiを上手く活用して頂けたらと思います。

スポンサーリンク

無料Wi-fiの危険性

悪意のある第三者からの攻撃

スクリーンショット 2015-09-12 3.02.21

街中のお店などでPCやスマートフォンを利用しているとたくさんの無線LANが表示され、つい利用したくなるものです。店舗が提供している無料Wi-fiだから安全なのだろうと思ってしまいがちなのですが、実はセキュリティ対策はあまりされていないようなのです。

そういったセキュリティ対策が甘い無料Wi-fiを利用すると悪意のある第三者に個人情報を抜き取られてしまうことが無料Wi-fiの最大の危険性であると考えます。

無料Wi-fiには大きく分けて通信が「暗号化されているもの」と「暗号化されていないもの」があります。「暗号化されているもの」は第三者が解読出来ないので基本的には安全なのですが、問題は「暗号化されていないもの」です。何が問題なのかというと自分が入力したデータが第三者に見られてしまう可能性があるということです。

例えば、PCやスマートフォンでネットバンクやクレジットカードの暗証番号を入力した情報が第三者に見られると不正に現金の引き出しや振込などに利用されます。
他にも無料Wi-fiを通してSNSのアカウントが乗っ取られれば、本人になりすまして広告を広げる等、場合によっては友人にも被害が及ぶ可能性もあります。実際にアカウントが乗っ取られ、犯罪予告に利用された例もあるようです。

無料Wi-fiを使用する時のセキュリティ対策

・https://で始まるページかどうかを確認する。
https://で始まるページは通信が暗号化されているので安全なようです。それ以外のページは極力利用しない方が良いのではないでしょうか。

・鍵マークのない無料Wi-fiは利用しない
鍵マークのない無料Wi-fiは暗号化されていないので利用しないのが無難です。

・自分で用意したルーターを持ち歩く。デザリングを利用する。
レンタルなどで通信キャリアと契約したルーターかスマートフォンのデザリングを利用するのであれば、パスワードを第三者に教えない限り暗号化されているので直ちに第三者に読み取られるという危険性は少なくなります。

・Wi-fiを使わないときはOFFにしておく
ONの状態だとスマートフォンなどは自動で無料Wi-fiに接続をしてしまい、それに気づかずにインターネットを利用すると知らず知らずの内に個人情報が抜き取られてしまうなんてこともあり得ます。OFFにしておけばそういった心配もないので面倒でも通信をしないときは安心できるのではないでしょうか。

・大事な情報のやり取りは外出先でしない
個人情報を守る為にはこのことが一番重要なのではないでしょうか?インターネットが普及し、スマートフォンを所有する人が拡大の一途をたどる現在では、つい便利さの誘惑に負けてガードが緩くなってしまいがちですが、そこを付け狙う悪意のある人間は確実に存在します。自宅や自転車の鍵を面倒だから掛けないという人が少ないようにネット上のセキュリティに対する知識を身に付け、正しく利用することがこれからの時代、重要なのだと感じます。

まとめ

無料Wi-fiを利用する時は、他人にみられたら困る個人情報を扱うことはやめておくことが無難でしょう。もしも必要に迫られ、公共の無料Wi-fiで個人情報の通信を行うことが必要になった場合には、httpsなどの暗号化がしっかりとされているのか確認し、できるだけ安全に使用できるように心がけていくことが大切です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です