Wi-fiにおけるルーターの役割と種類、選び方

LINEで送る
Pocket

自宅・外出先でインターネットを利用する際に必要になってくるルーター。昔はLANケーブルをルーターに繋ぐことでインターネットに接続できるようになっていましたが、今ではケーブルのない、無線LAN、wi-fiが主流となりました。wi-fiルーターを持っていれば、どこででもインターネットに接続することができます。自宅で使う場合は、10台近くまで同時接続も可能です。wi-fiネットワークを利用するため、LANケーブルも、工事も、配線も全て必要なくなりました。

今回は、wi-fiネットワークを利用するにあたってのルーターの役割は何なのか、ルーターはどのような種類があるのか、また、これからルーターを持つ場合、どのようなルーターを選ぶと良いのか、など、ルーターについてご紹介いたします。特に、これからwi-fiルーターを購入やレンタルをお考えの方で、そこまでルーターに関して詳しくない方は、ぜひ、お時間ある歳にご覧いただき、今後のルーター選びの一つの参考にして頂ければと思います。

1 (6)
photo-ac

スポンサーリンク

ルーターとは何なのか?

ルーターとは、2つ以上の異なるネットワーク間を中継する通信機器です。wi-fiネットワーク対応のルーターは、wi-fiルーターと呼ばれることが多いです。wi-fiネットワークを利用したい場合は必ず必要になります。「据え置き型タイプのwi-fiルーター」と「携帯型タイプのwi-fiルーター」と大きく2つのタイプに分けることができます。昔はどちらのタイプもサイズが大きかったのですが、近年どちらのタイプもかなり小ぶりなコンパクトサイズになってきています。特に携帯型タイプに関しては、小さく、厚さも薄く、ポケットに入るサイズにまでコンパクトなものになりました。通常、wi-fiルーターは、携帯キャリアや販売事業者より購入かレンタルをして、自宅などへの設置、もしくは自身で持つようになります。また、wi-fiルーターを利用するためにはプロバイダとの契約も必要になります。

ルーターの役割とは?

ルーターの役割は異なるネットワーク同士を繋げることです。例えば、外にある光ファイバーやADSLなどのネットワークと、建物内にあるスマートフォン、タブレット、パソコンとを繋げることができます。その中継役がwi-fiルーターです。wi-fiルーターの場合は、国際標準規格でもあるIEEE(アイトリプルイー)802.11に対応しているものは、基本的に全て繋ぐことができます。古いデバイス以外は、ほとんどがwi-fiに対応しています。建物の内でも、外でもインターネットと各デバイスとを繋げる役割を担うのがwi-fiルーターになります。Wi-fiルーターのネットワークエリアも全国の様々な場所に広がっているため、駅や空港、学校などの施設などでもwi-fiルーターがあればインターネットを利用することができますし、街中を歩きながらでも利用することができます。

ルーターはどんな種類があるのか

wi-fiルーターは大きく2つのタイプに分けることができます。「据え置き型タイプのwi-fiルーター」と「携帯型タイプのwi-fiルーター」です。
それぞれ大きさも異なりますが特徴も異なります。

据え置き型タイプのwi-fiルーター

文字とおり据え置きタイプのwi-fiルーターのことです。ドコモ、ソフトバンク、auなど携帯キャリア各社など含め、多くの会社から据え置き型のタイプのwi-fiルーターが販売されています。携帯型のwi-fiルーターに比べ、インターネットの通信速度、最大接続台数など、性能が高いことが特徴で、携帯型タイプのwi-fiルーターに比べると、より速いインターネット接続により、動画視聴や大容量データのダウンロードなど、サクサクと素早く処理することができます。デメリットとしては、外出時などに持ち運びができないことです。

携帯型タイプのwi-fiルーター

携帯のように持ち運びができるサイズのwi-fiルーターのことです。モバイルwi-fiルーターやポケットwi-fiルーターとも呼ばれたりします。こちらの携帯型のタイプも携帯キャリア各社や様々な会社が販売をしています。持ち運びできて、自宅でも外出先でも利用できることから、据え置き型タイプのものよりも利用者が多いwi-fiルーターになります。据え置き型タイプのwi-fiルーターに比べると、通信層度などは若干劣りますが、スマートフォンやタブレット、パソコンなどでよほど大容量の動画やデータなどを扱わない限りは、そこまで不自由に感じることはありません。携帯型のデメリット点は、据え置き型タイプのものより性能が劣ることですが、仕事ではなく個人で利用する分にはあまりデメリットを感じることはないでしょう。

ルーターの選び方

では、wi-fiルーターを持つ場合どんな選び方をしたら1番良いのか。最適なwi-fiルーターを持つための選び方は、その方自身のインターネットの利用目的、利用状況などで異なります。例えば、自宅だけでインターネットを利用し、外ではほぼ利用しない方の場合は据え置き型タイプのwi-fiルーターが良いでしょう。逆に自宅でも利用しますが、外でも同じくらい利用したい方の場合は、携帯型タイプのwi-fiルーターの方が適しています。ただし、外で利用したい方も、無料の公衆wi-fiネットワークをよく利用する方は、外にwi-fiルーターを持って行かなくてもいいかもしれませんし、そもそも外でのインターネット利用が、スマートフォンの3GやLTEのデータ通信量で足りる場合もwi-fiルーターを外で使う必要もありませんし、自宅でも外出先でも仕事メインで利用する方は、据え置き型タイプも携帯型タイプも両方持っておいた方が適切な場合もあります。また、利用予定のデバイスや別の利用者の使用用途によっても異なります。

ただ、よほど仕事で重いデータなどを頻繁に扱うことがない人であれば、携帯型タイプで十分でしょう。通信速度も速いものが多く、同時接続も10人以上できるものが多いです。バッテリーも長持ちするため、4人家族などであれば、1台のwi-fiルーターで自宅でも外出先でも全員が利用することができます。家族で利用しているスマートフォンのキャリアと同じ系列のwi-fiルーターを選べば、通信料の割引サービスなどがあり、毎月安い金額でスマートフォンやwi-fiルーターを利用することができるようになります。これからwi-fiルーターの利用をお考えの方は、まずご自身・ご家族が利用しているスマートフォンのキャリアから販売されているwi-fiルーターを検討することが1番正解でしょう。

まとめ

wi-fiルーターは、自宅や外出先でインターネットを利用するために必要で、現代のネット生活に必須アイテムとなりました。各デバイスとインターネットを繋げてくれる通信機器です。据え置き型と携帯型とありますが、どちらのwi-fiルーターも利用することで、安い料金で、複数人・複数デバイスが同時に高速インターネットを利用することができます。工事も必要なく、LANケーブルなどの配線も必要ありません。Wi-fiルーターを持っておけば、携帯の3GやLTE(4G)を利用しなくても、全国各地で高速インターネットに接続することができるようになります。携帯型タイプのwi-fiルーターであれば、バックに入れなくてもポケットに入れて持ち運びできるサイズもあります。バッテリーもスマートフォンより長持ちするものが多いですので、安心です。

これからwi-fiルーターの購入を検討中の方は、通信費を抑えたうえで快適なネットワークを利用するためにも、まずはスマートフォンのキャリアから販売しているwi-fiルーターをぜひ検討してみてください。通信料が大きく安くなるプランを各社用意しています。どこででも、当たり前のように、SNSや動画視聴、写真送受信、アプリ、ネット検索などができるようになります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です