Wi-fiの料金はどれくらい?Wi-fiを利用するために基本的にかかる平均的な料金

LINEで送る
Pocket

外出時のSNS、メール、動画視聴、アプリ利用などの際に多くのネットワークを利用します。快適なデータ通信をおこなうために、wi-fi利用は必須となりましたが、wi-fiネットワークを利用する際にどれぐらいの料金がかかるのでしょうか?wi-fiルーター、モバイルwi-fiルーターなどを揃える際、いくらぐらい必要なのでしょうか?

今回は、皆さんが気になる費用面に関してご紹介します。どれだけネットワークをストレスなく利用できたからといって、費用負担が大きければ継続して利用することには躊躇してしまいます。ここでは、WiMAX、Y!mobile、フレッツ光、のモバイルwi-fiルーター、ソフトバンクの据え置き型のwi-fiルーター、公衆wi-fiネットワークについてご紹介します。他にも人気、有名なメーカーのwi-fiルーターなどもありますが、目にすることが多いものを数点ピックアップさせて頂きました。今後、wi-fiルーターの購入などを検討されている方に少しでも参考になればと思います。

スポンサーリンク


1 (3)

各メーカーのwi-fiルーター

4つのメーカーのwi-fiルーターと公衆wi-fiネットワークについてご紹介します。

WiMAXモバイルルーター

モバイルルーターで人気の高いWiMAX。月額料金2,856円(税抜)〜。ネットワークに関しても実人口カバー率全国政令指定都市で99%以上、速度下り220Mbpsと、動画などの大容量データも素早くダウンロード可能。業界最安値を謳った月額料金は2,856円(税抜)。料金は少し上がりますが「ギガ放題プラン」を利用すれば月額3,541円(税抜)で下り最大220Mbpsの高速通信が月間データ量の制限なしで使用できます。どれだけ大容量のネットワーク通信をしても追加料金もなく利用することができます。基本的には毎月かかる費用は上記費用のみ。端末代金は無料。通常かかる初期費用も今2016年4月現在キャンペーン中ということで無料。最初にかかる事務手数料3,000円が別途必要なぐらいです。あとは、解約の際にかかる契約解除料というのがあり、12ヶ月以内であれば9,000円、13ヶ月〜24ヶ月以内であれば14,000円、26ヶ月目以降であれば9,500円がかかります。更新月であれば0円です。また、端末安心サポートなどのオプションに加入する場合は月額300円かかります。私もWiMAXを利用していますが、月額3,991円(税込)で毎月好きなだけ利用させてもらっています。また、購入サイトにより割引サービスが異なりますので、いくつか比較してみると良いです。

価格ドットコム
http://kakaku.com/bb/article/wimax/?cid=bb_ad003958

また、他メーカーのモバイルwi-fiルーターも大体同じくらいの金額設定が多いです。スマホのキャリアとの組み合わせにより、料金が割引されるケースなどもあります。

WiMAX

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルもいくつかモバイルwi-fiルーターを提供しています。月額料金の安い「506HW」は3年間継続利用が条件の「おトク割」を利用であれば、月額2,480円(税抜)で利用できます。3年経過以降利用の場合は月額2,980円(税抜)です。データ通信量に関しては月々5GBと制限があります。5GBを超えた場合は速度制限がかかり、通常速度に戻すには500MBごとに500円の追加料金がかかります。また、「故障安心パック」などの月額500円オプションが数種類あります。データ通信量が5GBを超えそうな人は「504HW」や「502HW」などを利用するといいでしょう。データ通信量が月々7GBまで利用でき、「おトク割」を適用すれば、月額料金3,696円(税抜)です。3年経過以降の料金は月額4,196円(税抜)です。こちらであれば7GBまで高速データを利用できます。仮に7GBを越えるようであれば速度制限がかかります。通常速度に戻すには同様に500MBごとに500円追加料金がかかります。7GBを超えても高速データ通信を継続できる「アドバンスオプション」というものも提供しており、月額1,684円(アドバンスオプション割引適用時は684円)で利用できます。

Y!mobile

ソフトバンク

ソフトバンクもいくつか据え置き型・携帯型のwi-fiルーターを販売していますが、今回は据え置き型のwi-fiルーター「FON2601E」を紹介します。超高速通信が特徴で、iPad Air2などの11ac対応機種であれば、下り最大866Mbpsという超高速通信ができます。しかも、持っているiPhoneやスマホ、iPadで対象のフラット型パケット定額サービスに加入さえすれば、月額206円で利用することができます。一括であれば4,944円。24回払いで206円です。据え置き型のため、利用範囲は限られますが、非常に安く、速度の早いwi-fiルーターになります。

ソフトバンク 

フレッツ光

NTTが提供するフレッツ光のモバイルwi-fiルーター「光ポータブル」を紹介します。光ポータブルを利用するには、フレッツ光の契約が必要です。そのため、フレッツ光の月額料金と光ポータブルの月額料金がかかります。まずフレッツ光が集合住宅の場合で、月額料金3,450円〜かかります。(同じ建物内のフレッツ光契約数により料金が変わります)また、フレッツ光契約の際、初期工事費が約15,000円かかります。戸建ての場合はもう少し料金が上がり、月額料金が5,100円〜かかります。初期工事費に関しても18,000円かかります。これらの月額料金に加えて、光ポータブルの月額料金が500円かかります。尚、光ポータブルの初期工事費はかかりません。

フレッツ光

公衆wi-fi

ホテル、カフェ、交通機関、公共施設、コンビニなどで提供される、無料の公衆wi-fiネットワークです。指定サイト・アプリを通してメールアドレスや個人情報の登録が必要な場合もありますが、基本的には無料で利用できます。時間制限があったり、大勢の人が利用する場合の速度遅延があったり、セキュリティ面で不安なネットワークもあったりはしますが、費用は無料というのが大きいです。

まとめ

いくつかのメーカーのwi-fiルーターをピックアップしてご紹介しましたが、携帯型のモバイルwi-fiルーターに関しては、どこも同じくらいの料金になっています。データ通信量に制限がある場合は、3,000円前後。データ通信量が7GB、もしくは7GBを越える場合は4,000円前後といった料金です。ほとんどが端末代金は無料となっており、データ通信量、必要に応じてオプション費用(500円程度)を毎月支払っていきます。自宅でのネットワーク利用がメインだったフレッツ光に関しては、フレッツ光と光ポータブルの2つへの料金がかかるため新規で利用するとなると割高に感じます。既にフレッツ光に加入しているようであれば、500円でのモバイルwi-fiルーター利用が可能なため、実家住まいで実家がフレッツ光加入の場合などは良いのではないでしょうか。公衆のwi-fiネットワークに関しては、基本的に無料なので1番費用はかかりません。ただ、セキュリティ面が心配なネットワークがあったり、利用できる場所、時間に制限があったりしますので、そこがネックになります。

据え置き型のwi-fiルーターで1番魅力的に感じたのが、記載していますソフトバンクのFONルーターです。使う機器の通信規格にもよりますが、速度は早く、セキュリティ面もWPA2使用、そして何より料金が安いです。ソフトバンクで対象のフラット型パケット定額サービスに加入している方であれば、月々206円で自宅内で利用できます。外出時は公衆wi-fiネットワークの利用だけで、もしくは、パケット通信のみで事足りる場合は、自宅でこのFONルーターを利用で十分です。自宅でルーターを利用する分、使わないパケット通信を外出時に利用することもできます。全てのwi-fiに言えますが、ネットワークの利用状況・利用頻度・家族状況などにより、人によって適切なwi-fiの利用の仕方は変わります。今は昔と違い比較的安い料金でwi-fiルーターを利用することができます。購入に限らずレンタルの場合も1日あたり150円前後で利用できるものも多いです。

月々3,000円〜4,000円で家でも外出先でも利用できるwi-fiルーターを持つことができますので、あとは利用できるデータ通信量などを確認し、自分に合ったwi-fiルーターを選びましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です