Home / Wi-fi / 自宅でお得にWi-fiを利用するためのプロパイダの選び方

自宅でお得にWi-fiを利用するためのプロパイダの選び方

Pocket

自宅や職場でインターネットを利用する際に必要となってくるプロバイダ(インターネット接続業者)の契約。もちろんwi-fiネットワークを利用する際にも、プロバイダ契約が必要ですが、数あるプロバイダからどこのプロバイダを選ぶのか?も非常に大事です。というのも、インターネット接続会社とプロバイダとの契約は必要になります。ネットワーク回線を何を使うか?も大事です。

インターネットプロバイダと言われるプロバイダを数ある中から、どこのプロバイダにするかによって、サービス内容、オプション、インターネット接続速度、セキュリティ、月額費用、割引サービスなどンが、全て違ってきます。何も考えずに安易にプロバイダを決めてしまうと、毎月の通信費用やイターネット接続速度に伴う、日々の使い心地がその時点で決まってしまい、不満を感じる利用になる可能性も十分にあります。大型電器店などでデバイスとセット契約する場合も、販売員さんの勧めるプロバイダをすぐに契約するのではなく、一旦、自分自身で他のプロバイダと比較検討してみることが大事です。

今回はインターネット利用の際、契約が必要になるプロバイダに関してご紹介いたします。数多いプロバイダが存在し、どのプロバイダも様々な特徴があります。これからインターネット接続を検討している方、今利用しているプロバイダを変更しようと検討している方、そもそもプロバイダとは何か分からない方など、少しでも参考にして頂けますと幸いです。ここでは、簡単な紹介になりますので、少しでもご関心をお持ちになった方は、ぜひ、直接プロバイダのHPなどもご覧ください。

プロバイダ(インターネット接続業者)とは何なのか?

プロバイダとはインターネット接続業者のことです。「Internet Services Provider(インターネット・サービス・プロバイダ)」の頭文字を取り「ISP」と略されたりもします。通常、インターネットを利用する際、回線が繋がっている必要があります。NTTのフレッツ光などありますが、フレッツ光とは回線のことです。ここで言うNTTは「回線業者」と呼ばれます。その回線業者が提供するフレッツ光などの回線と、インターネットを繋ぐのがインターネット接続業者であるプロバイダの役割です。インターネットを利用する場合は、どこかのプロバイダと契約する必要があります。契約せずに利用しようとしてもインターネット接続はできません。契約するプロバイダによって、インターネット接続速度やセキュリティ、オプション、毎月の通信費用などが違ってきます。

どんなプロバイダがあるのか?

日本国内に大変多くのプロバイダ(インターネット接続業者)が存在しますが、ここでは、その中から一部のプロバイダをご紹介いたします。
「GMO(ジーエムオー)」
GMOとくとくBBなど聞いたことある人も多い大手プロバイダです。
「BIGLOBE(ビッグローブ)」
老舗のプロバイダです。細かいサポートをウリにしています。
「So-net(ソネット)」
世界最速を謳う光ファイバーサービス「NURO光」なども提供するプロバイダです。
「nifty(ニフティ)」
「安心」「安全」がウリの大手プロバイダです。
「plala(プララ)」
NTTが運営し「ぷらら光」がウリのプロバイダです。
「OCN(オーシーエヌ)」
NTTコミュニケーションズの運営するプロバイダです。
「DTI(ディーティーアイ)」
格付け調査で2回連続基本付加価値機能ランキングNo.1を獲得したプロバイダです。
「WAKWAK(ワクワク)」
NTTグループのプロバイダです。
「FUSION GOL(フュージョンジーオーエル)」
楽天グループ会社のフュージョン・ネットワークサービスが提供するプロバイダです。
「Toppa!(トッパ)」
会員数450,000人以上のプロバイダです。
「SANNET(サンネット)」
子どもを有害サイトから守る機能が充実しているプロバイダです。
「hi-ho(ハイホー)」
IIJ傘下の株式会社ハイホーが運営するプロバイダです。無料のメールサービスが充実しています。
「BB.excite(ビービーエキサイト)」
エキサイト株式会社が提供するプロバイダです。
「ASAHIネット(アサヒネット)」
株式会社朝日ネットが提供するプロバイダです。

回線業者とは何なのか?

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

free_wifi

【iPhone】WiFiの設定方法と繋がらないときの対処法

日々iPhoneを使う人にとっ …

Facebookでのご購読が便利です