Home / Wi-fi / 自宅でお得にWi-fiを利用するためのプロパイダの選び方

自宅でお得にWi-fiを利用するためのプロパイダの選び方

Pocket

自宅や職場でインターネットを利用する際に必要となってくるプロバイダ(インターネット接続業者)の契約。もちろんwi-fiネットワークを利用する際にも、プロバイダ契約が必要ですが、数あるプロバイダからどこのプロバイダを選ぶのか?も非常に大事です。というのも、インターネット接続会社とプロバイダとの契約は必要になります。ネットワーク回線を何を使うか?も大事です。

インターネットプロバイダと言われるプロバイダを数ある中から、どこのプロバイダにするかによって、サービス内容、オプション、インターネット接続速度、セキュリティ、月額費用、割引サービスなどンが、全て違ってきます。何も考えずに安易にプロバイダを決めてしまうと、毎月の通信費用やイターネット接続速度に伴う、日々の使い心地がその時点で決まってしまい、不満を感じる利用になる可能性も十分にあります。大型電器店などでデバイスとセット契約する場合も、販売員さんの勧めるプロバイダをすぐに契約するのではなく、一旦、自分自身で他のプロバイダと比較検討してみることが大事です。

今回はインターネット利用の際、契約が必要になるプロバイダに関してご紹介いたします。数多いプロバイダが存在し、どのプロバイダも様々な特徴があります。これからインターネット接続を検討している方、今利用しているプロバイダを変更しようと検討している方、そもそもプロバイダとは何か分からない方など、少しでも参考にして頂けますと幸いです。ここでは、簡単な紹介になりますので、少しでもご関心をお持ちになった方は、ぜひ、直接プロバイダのHPなどもご覧ください。

スポンサーリンク

1 (2)

プロバイダ(インターネット接続業者)とは何なのか?

プロバイダとはインターネット接続業者のことです。「Internet Services Provider(インターネット・サービス・プロバイダ)」の頭文字を取り「ISP」と略されたりもします。通常、インターネットを利用する際、回線が繋がっている必要があります。NTTのフレッツ光などありますが、フレッツ光とは回線のことです。ここで言うNTTは「回線業者」と呼ばれます。その回線業者が提供するフレッツ光などの回線と、インターネットを繋ぐのがインターネット接続業者であるプロバイダの役割です。インターネットを利用する場合は、どこかのプロバイダと契約する必要があります。契約せずに利用しようとしてもインターネット接続はできません。契約するプロバイダによって、インターネット接続速度やセキュリティ、オプション、毎月の通信費用などが違ってきます。

どんなプロバイダがあるのか?

日本国内に大変多くのプロバイダ(インターネット接続業者)が存在しますが、ここでは、その中から一部のプロバイダをご紹介いたします。
「GMO(ジーエムオー)」
GMOとくとくBBなど聞いたことある人も多い大手プロバイダです。
「BIGLOBE(ビッグローブ)」
老舗のプロバイダです。細かいサポートをウリにしています。
「So-net(ソネット)」
世界最速を謳う光ファイバーサービス「NURO光」なども提供するプロバイダです。
「nifty(ニフティ)」
「安心」「安全」がウリの大手プロバイダです。
「plala(プララ)」
NTTが運営し「ぷらら光」がウリのプロバイダです。
「OCN(オーシーエヌ)」
NTTコミュニケーションズの運営するプロバイダです。
「DTI(ディーティーアイ)」
格付け調査で2回連続基本付加価値機能ランキングNo.1を獲得したプロバイダです。
「WAKWAK(ワクワク)」
NTTグループのプロバイダです。
「FUSION GOL(フュージョンジーオーエル)」
楽天グループ会社のフュージョン・ネットワークサービスが提供するプロバイダです。
「Toppa!(トッパ)」
会員数450,000人以上のプロバイダです。
「SANNET(サンネット)」
子どもを有害サイトから守る機能が充実しているプロバイダです。
「hi-ho(ハイホー)」
IIJ傘下の株式会社ハイホーが運営するプロバイダです。無料のメールサービスが充実しています。
「BB.excite(ビービーエキサイト)」
エキサイト株式会社が提供するプロバイダです。
「ASAHIネット(アサヒネット)」
株式会社朝日ネットが提供するプロバイダです。

回線業者とは何なのか?

回線業者とは、インターネットに接続するための光ファイバーやADSLなどの回線を提供する会社のことです。通常、プロバイダを決める前にどの回線を利用するかを決めますが、まだ利用する回線・回線業者を決めてない方は、どんな会社があるのか?という点、参考にしてみてください。一部の会社のみご紹介いたします。

・NTT東日本・・・フレッツ光(東日本)、フレッツADSL(東日本)
・NTT西日本・・・フレッツ光(西日本)、フレッツADSL(西日本)
・ソフトバンクBB・・・ソフトバンクBB、SoftBank光
・ソフトバンクモバイル・・・SoftBank4G
・ドコモ・・・Xi
・KDDI・・・auひかり
・ワイモバイル・・・ワイモバイル、eAccess
・UQコミュニケーションズ・・・UQ-WiMAX
・九州通信ネットワーク・・・BBIQ
・U-NEXT・・・U-NEXT光
・中部テレコミュニケーション・・・コミュファ光

どのプロバイダを選ぶのが1番得なのか?

実際には、ここで紹介した以上に大変多くのプロバイダがあり、様々な割引サービスやオプションサービスを販売しています。利用する方の住んでいる地域、インターネットの利用状況、利用頻度、利用予定のデバイス、台数、予算、使用している回線、使用予定の回線、など、複数の要素が絡みますので、「絶対にここのプロバイダが良い!」というものはありません。利用者によって最適なプロバイダが異なるからです。更に、利用する回線・回線業者との組み合わせによってもサービス内容が各社異なります。大事なのは契約する前にいくつかのプロバイダを比較することです。1社の特徴のみしか知らないままに決めてしまうことが1番損する可能性が高い選び方になるからです。利用者の方にとって1番得する可能性の高い選び方とは、利用する回線が決まったら、いくつかのプロバイダを比較検討することです。店頭で販売員さんに直接聞いてみてもいいですが、1度インターネットのプロバイダ一覧サイト・比較サイトなどで自分自身の目で見て比較検討するのが冷静に判断できて良いでしょう。

まとめ

自宅でwi-fiネットワークを利用する際にも、プロバイダとの契約は必要となります。今回ご紹介しました回線業者もそうですが、プロバイダは大変多くの数存在します。多くの会社が価格競争、サービス競争をおこなっていますので、各プロバイダで特徴は違えど、良し悪しの大差はありません。いかに自分に合うプロバイダと出会えるか、が大変重要になります。そのためには、多くの情報の中から自分に合ったものと合わないものとを取捨選択するしか方法はありません。今や携帯代含む通信費は家計の支出の中でも大きな割合を占めます。快適なネット環境を整えながらも少しでも家計の負担を下げることができるよう、面倒に思わずにに自分に合ったプロバイダ選びに時間をかけなくてはいけません。多くのインターネットの契約が、1度契約をすると2〜3年はそのままというケースが多く、誤った選び方をしてしまうと数年間家計の負担が重くなります。プロバイダ選びもそうですが、これからwi-fiネットワークを利用予定の方は、必ず契約する前に、各製品、各回線、各プロバイダを確認してみてください。短期的なキャッシュバックなどが合ったとしても契約期間中のトータルの費用が高くなっては意味がありません。ネットワーク、デバイス選びに関しては、しっかりと情報を集め比較検討したうえで、適切なものを選ぶように心掛けましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です