Wi-fiのフリースポットの基礎知識とメリットデメリット

LINEで送る
Pocket

今や、街中に行けば、多くの施設・店舗で無料のwi-fiネットワークが利用できるようになりました。wi-fiルーターを持っていなくても、スマートフォンやタブレット、パソコンなどのwi-fi対応のデバイスさえあれば、インターネットを利用することができます。多くのwi-fiフリースポットを知り、上手く活用することで、通信費を安く抑えることができますし、快適なインターネット利用をすることができます。お手持ちのwi-fiルーターと併用して利用することにより、外出先で不便に感じることはありません。

今回は、そんなwi-fiフリースポットのことと、利用するにあたってのメリット・デメリットについて、ご紹介いたします。最近wi-fiフリースポットについて知った方、初めて聞いた方、日々の外でのネット環境を良くするためにも、ぜひ、ご覧ください。

1 (7)
photo

スポンサーリンク

wi-fiフリースポットとは

wi-fiフリースポットとは、公共機関、各施設などで提供される無料wi-fiネットワークエリアのことを言います。公衆無料wi-fiとも言われます。公共交通機関、公共施設、学校、ホテル、カフェ、飲食店、商業施設、コンビニなど、様々な場所で無料のwi-fiネットワークが提供されており、これらは全てwi-fiフリースポットです。wi-fiフリースポットでは、wi-fiに対応するスマートフォンやタブレット、パソコンなど、各デバイスさえ持っていれば、誰でも無料でインターネットを利用することができます。訪日外国人の増加、住民・利用者の利便性向上に伴う集客のために、wi-fiフリースポットの施設・エリアは年々拡大しています。また、無料だけでなく接続スピードも速くなっているため、どんどん便利になっていっています。

各wi-fiフリースポット紹介

ここでは、カフェ、コンビニ、携帯キャリアが提供しているwi-fiネットワークを一部ご紹介いたします。今回、ご紹介するのはほんの一部のため、実際は膨大なwi-fiフリースポットが住んでいる街の至る所に存在します。気になった方は、ぜひ、住んでいる街のフリーwi-fiスポットを検索、探してみてください。

カフェ

仕事、遊び、デートなどで、利用者の多い街のカフェ。話しや読書、ネット利用などで長居する方が多いこともあり、大抵のカフェがwi-fiフリースポットとなっています。代表的なところで、スターバックス、タリーズ、シアトル、ドトール、ワイヤードカフェなどです。それ以外のカフェでも本当に多くの店舗でwi-fiネットワークを無料提供しています。利用するためには、事前登録などが必要な場合もありますが、2回目以降からは自動接続となります。接続速度も速いため、不自由さを感じることは少ないです。wi-fiフリースポットとなっているか否かで、そのカフェを利用するかどうか決める人達も多いです。

コンビニ

ちょっとした買い物で利用するコンビニもwi-fiフリースポットとなっています。3大大手のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートでは、一部店舗を除き全国の店舗でwi-fiネットワークを利用することができます。各コンビニともに、利用するためには、事前に指定サイトを通して事前登録が必要です。1回3時間までなど、時間制限がありますが、そもそもコンビニに3時間もいることの方が稀だと思いますので、十分です。

携帯キャリア

ドコモ、ソフトバンク、au、携帯会社が提供しているwi-fiスポットです。月額料金が300円程度かかるものもありますが、全国の様々な施設・店舗でジャンル関係なくwi-fiネットワークを設置・提供しています。基本的にはお使いのスマートフォンのキャリアが対象になりますが、(ソフトバンクのwi-fiスポットであれば、ソフトバンクのスマートフォンが対象)条件によっては他キャリアでも利用することができます。携帯キャリアが提供しているwi-fiネットワークのため、通信速度も速く、安定したデータ通信が利用できます。

wi-fiフリースポットでの接続方法

wi-fiネットワークの提供先により異なりますが、多くが、事前登録制になります。wi-fiを利用するためには、①提供されているwi-fiネットワークの名前(SSID)を知っていること ②そのネットワークに接続するためのパスワードを知っていること、この①②が必要です。指定サイト・アプリと通してメールアドレスなどを事前登録することにより、②のパスワードを教えてくれます。このパスワードを知って、入力することで、wi-fiネットワークに接続することができ、インターネットを利用できるようになります。スマートフォンなどでは、「設定」を開き、「wi-fiネットワーク」を開くと、SSIDが複数表示されます。その施設のSSIDを選択すると、パスワード入力画面になり、パスワードを入力すると、接続完了し、画面上部にwi-fiアンテナマークが表示されます。

wi-fiフリースポットのメリット

wi-fiフリースポットを利用することのメリットをご紹介いたします。

無料

1つ目のメリットは何と言っても無料ということです。このメリットに勝るものはありません。wi-fiルーターを利用すると月額3,000円〜4,000円はかかります。wi-fiフリースポットの場合は、時間制限があるところもありますが、基本的にはどれだけ利用しても無料です。一切お金がかかりません。

wi-fi対応デバイスさえ持てばOK

2つ目のメリットは、wi-fi対応のデバイスさえ持っていればOKということです。wi-fiルーターを持っていなくても、スマートフォン、タブレット、パソコンなど、wi-fi対応のデバイスだけ持っていれば好きなだけインターネットを利用することができます。フリーwi-fiスポットがなかったら、モバイルwi-fiルーターを持っていないと外出先でのインターネットは難しいですが、ルーターを持っていなくてもフリーwi-fiスポットを上手く活用すればインターネットは好きなだけできます。

wi-fiフリースポットのデメリット

「無料」「デバイスさえ持っておけばOK」というメリットがありますが、wi-fiフリースポットのデメリットとはどういったことでしょうか。

通信速度

デメリットの1つ目は、多くの人が同じネットワークを利用しますので、通信速度が遅い時があります。ネットワーク自体の性能にもよりますが、混雑時などは大抵通信速度が遅くなります。場所によっては、全然インターネットに繋がらなくなる場合もあります。

セキュリティ

2つ目のデメリットは、セキュリティです。大勢の人が利用するフリースポットですが、ネットワークによっては未だ古い暗号(パスワード)を利用しているものも多く、セキュリティ上、安心・安全と言えないところも多いです。スマートフォンやタブレット、パソコンなどで、個人情報を含んだものも多く扱いますので、十分に注意が必要です。

まとめ

街中の至る所にあるwi-fiフリースポット。混雑時の通信速度、セキュリティ面などの課題もありますが、無料で利用することができることもあり、多くの場所で提供されています。訪日外国人の増加、利便性向上の目的もあり、これからより多くの場所がwi-fiフリースポットになっていきます。ご自身のwi-fiルーターと上手く併用して活用していけば、外出先でも自宅同様、快適なネット環境の中、SNSやメール、ネット検索や動画視聴などを楽しむことができますし、通信費も抑えることができます。たくさんのwi-fiフリースポットを知っておくことは、自分にとってのプラスになりますので、1度、お住まい付近のwi-fiフリースポットを確認しておくと良いでしょう。セキュリティなどに注意して利用することができれば、wi-fiフリースポットは大変便利なものです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です