Wi-fiって何という方のためのWi-fiの基本情報

LINEで送る
Pocket

n934_udegumishitekatawoorosubiz_tp_v

Wi-fi(ワイファイ)という言葉をよく聞くようになりました。ネットの接続に関すること、というのは間違いなさそうですが、これってそもそも何を指すのでしょうか?

Wi-fiという言葉自体はWireless Fidelityの略だそうで、直訳すると「無線の忠実度」?…ますますわかりません。ここでは、Wi-fiって結局なんなの?というところと、導入の利点や注意点などを説明いたします。Wi-fiという言葉はよく聞くけれど、実は何のことだか分からないという方は、本記事と一緒にWi-fiについての知識をふかめていきましょう。

スポンサーリンク

Wi-fiとは

いわゆるネットワークと呼ばれるものは、大きく分けてLAN(ラン)とWAN(ワン)の2種類が存在します。Wi-fiもこれらと関係していますので、少し長くなりますが、まずはここから説明させていただき、Wi-fiの核心に迫ろうと思います。

LAN/無線LAN

LANとはLocal Area Networkの略で、限定された範囲内(会社や組織、家庭内など)における、コンピュータ間のネットワークを指します。会社のオフィスなどで、太い電話線みたいなケーブル(LANケーブル)を、PCの裏にパチンと差し込んだご経験ががあるかもしれません。あの青いケーブルのおかげで、一台のプリンタを複数人で使ったり、サーバーのフォルダに文書を保存したりすることができます。簡単にいうと、この繋がりがLANです。

無線LANとは、有線ケーブルの代わりに無線通信を使ったLANのことを言います。

WAN

WAN(Wide Area Network)とは、電話線や光ファイバー、衛星通信などを介して、LAN同士を接続するネットワークを指します。自社内のPC同士をつなげたLANがあり、自社のLANと他社のLANはWANで繋がっている…と考えればわかりやすいかと思います。なお、異なるLANのPC同士が直接繋がることはなく、いわゆるルーターを介しての接続となります。ルーターは各LAN間の「取次代表」と言ってよく、WANでの窓口のような働きをしています。

ちなみに、WANの代表格はかの有名な「インターネット」です。

Wi-fiとは無線LANの一種で、規格名のこと

無線LANが登場した当時、仕様を定める規格に曖昧さがあり、異なるメーカ同士の機器が繋がらない、利用できないという問題がありました。このトラブルをなくすため、アメリカのWECA(現Wi-fi Alliance)という団体が中心となり、相手機器を選ばず接続できることを保証するための試験項目を策定し、この試験をパスした製品や機能は「Wi-fi」という称号を名乗っていいですよ、という決まりを作りました。

強引な例えですが、印刷用紙で”A4″といえばどこで購入しても、そのサイズは210x294mmです。一方、どのメーカのプリンタであっても、A4トレイにはA4用紙が収まり、印刷やコピーができます。これは、A4サイズは210x294mmだと世界中で決めたことによる恩恵です。Wi-fi Allianceは、このような決め事を無線LANに対して作ったわけですね。

こうして、Wi-fiという呼び名が誕生しました。Wi-fi対応を名乗っている機器(ルーターやスマホ等)同士であればどれを購入しようが接続が保証されるということで、利用者側は安心です。

まとめると、

  • ・Wi-fiとは、無線LANの一種である
  • ・Wi-fiを名乗る機器同士であれば、お互いの接続は保証される

の2点となります。

なお、Wi-fiはあくまでも無線「LAN」ですので、外部(インターネット)との接続は、ルーターを介して行います。4GやLTEなどのモバイル回線で、スマホやPC等が直接インターネットに繋がっている状態は、Wi-fiとは無関係です。私は「Wi-fiってどこからどこまで?」と聞かれたら、「スマホやPCからWi-fiルータまで」と答えています。

ルーターから向こうはWAN(=インターネット)です。

Wi-fiの利点

gori0i9a3129072103951_tp_v

Wi-fiでできること自体は有線LANと同じで、プリンタやファイルの共有、複数台端末のネット接続などですが、無線であること、統一規格であるという特徴が大きな利点となっています。

1.ケーブル不要

有線のLANだと、機器ごとにLANケーブルを接続しなければなりません。家電やデスクトップPCなど、めったに動かさないものは問題ありませんが、常に持ち歩くスマホやノートPCなどに対しては不便です。Wi-fiなら、電波の届く範囲であれば、ケーブルなしでどこでも使えます。

カフェなどで利用できる無料Wi-fiなども、無線だからこそ不特定多数の人がスムーズにインターネットにアクセスすることができます。

2.規格によって接続が保証されている

無料Wi-fiや公衆Wi-fiを問題なく使え、PC、スマホ、タブレット、ゲーム機等々、様々な機器が利用できるのは、Wi-fiという規格のおかげです。もし、それぞれの機器が独自の仕様で作られていたら、あっちでは繋がるけどこっちはダメとか、このスマホは繋がらない、といったことが頻繁に起こっていたでしょう。

3.設定がラク

まったく設定が要らないということはありませんが、Wi-fiと言う規格に基づいていますので、スマホやPC、ゲーム機など、機器の種類が異なっても設定項目や用語はほぼ同じです。一回経験した設定方法があとあと役に立ちます。

4.接続台数が増えてもラク

有線LANの場合、接続機器が増えると新たにケーブルが必要となるだけでなく、ルータの接続ポート(LANケーブル差込口)の数以上の同時接続は不可能です。一方Wi-fiですと、無制限ではない(家庭用だと、だいだい10台くらいが限界と言われています)とはいえ、基本的には設定のみで接続台数を増やすことができます。

Wi-fi利用時の注意点

b5f382a9377ea9998fc6a0d22cdccdf6_s

無線であることが便利な反面、逆に欠点ともなり得ます。

1.電波状況に依存する

場所によっては電波状況が悪い場合があり、接続が不安定(突然切れたりする)になります。一般家庭だと電子レンジ等、電波を利用した家電周辺での電波状況が悪くなると言われています。

2.傍受される危険性がある

無線ですから、電波の届く範囲であれば誰でも受信することができます。これは避けられませんので、パスワードや暗号化などの設定を確実に行い、悪意(ハッキングやウイルス拡散など)をもった第三者や、外からこっそり利用されること(いわゆるタダ乗り)への対策が重要となります。

まとめ

Wi-fiとはそもそも何だろう?というところを説明いたしました。

  • ・Wi-fiとは無線LANの一種であり規格名である
  • ・ケーブル不要
  • ・接続機器の種類が違っても設定内容はほとんど同じ
  • ・電波状況を考慮して使用する
  • ・傍受対策が重要である

大雑把な説明でしたが、ここを読んでいただいて、Wi-fiの知識が少しでも深まれば幸いです。

まとめ

Wi-fiは無線LANの通信規格の一つの種類のことを指しており、今日では様々な機器がこの通信規格に対応しています。通信規格が統一されていることにより、あらゆる機器が簡単にインターネットにアクセスできるようになりました。

Wi-fiとインターネットの違い、4GやLTEとの違いがこれまでよく分からなかったという方は、本記事を参考に理解を深めっていってください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です