Webサービスとは?Webサービスの定義と種類、使い方

LINEで送る
Pocket

884140f64a213535a519a093c5468f71_s

Webサービスという言葉の意味はご存知でしょうか。WebAPIのことや、インターネット上のサービスのことなど、さまざまなことを指す言葉でもあります。

ここでは、「Webサービスとは?Webサービスの定義と種類、使い方」について、紹介いたします。Webサービスという言葉を聞いたことがあっても、意味までは理解できてない場合や、興味がある方は、参考にご覧になってください。

スポンサーリンク

1.Webサービスとは

25d6512d76e98e2349772bbae628e5fd_s

Webサービスとは、HTTPなどのインターネット技術を使い、ネットワーク上のアプリケーションを連携させることです。SOAPやWSDL、UDDIなどがあります。Web APIなどとも言われます。

Google Web APIsやAmazon Web Service、Yahoo!デベロッパーネットワーク、リクルートWebサービスなど、さまざまなWebサービスがあります。アプリケーションの連携だけでなく、メッセージやセキュリティ、トランザクション技術など幅広い技術で構成されています。

Webサービスのメッセージ技術SOAP(Simple Object Access Protocol)、Webサービスのインターフェイス技術のWSDL(Web Services Description Language)、Webサービスの公開などをする技術UDDI(Universal Description,Discovery and Integration)などの技術の種類が多用されています。また、インターネット上で提供されるサービスのことをWebサービスとも言います。

2.代表的なWebサービスと使い方

さまざまなWebサービスがあるなかで、代表的なWebサービスは次のようなものがあります。GoogleChartAPI、Google MapsAPI、Yahoo!検索、Yahoo!オークション、Yahoo!ショッピング、AmazonWebサービス、楽天市場系API、楽天オークション系API、楽天トラベル系API、じゃらんWebサービスなどがあります。

1.Google Maps JavaScript APIの使い方

Google Maps JavaScript APIを使いたい場合は、下記の方法で行います。

  1. Google Maps JavaScript APIを使うためには、Googleアカウントが必要ですので、アカウントの作成を行います。
  2. アカウントを作成した後は、Google Developers Consoleにアクセスします。
  3. Google Developers Consoleの画面が開いたら、画面右上にあるメニューから、「プロジェクトを作成」を選択します。
  4. 「新しいプロジェクト」画面が表示されますので、プロジェクト名を入力して、作成ボタンをクリックします。
  5. 画面のメニューに作成したプロジェクトが加わっていますので、クリックします。
  6. 画面左上のメニューボタンを選択して、表示されるメニューから「API Manager」をクリックして、次に「概要」をクリックします。
  7. APIの権限管理画面が表示されますので、検索フォームにGoogle Maps JavaScript APIを入力します。
  8. いくつかのAPIが表示されますので、Google Maps JavaScript APIを選びます。
  9. 概要画面が表示されますので、「APIを有効にする」を選択します。
  10. 「Google Maps JavaScript APIが有効になりました」という画面が表示されたら完了です。APIManager画面のメニューのなかから、「認証情報」を選択します。
  11. 認証情報の設定画面が表示されますので、認証情報を作成を選択します。
  12. 多くの認証情報が一覧として表示されますので、「APIキー」を選択します。
  13. 「新しいキーの作成」画面が表示され、サーバーキー、ブラウザキー、Androidキー、iOSキーとありますので、ブラウザキーを選択します。
  14. ブラウザAPIキーの作成画面が表示されますので、APIキーの名前を入力します。「HTTPリファラーからのリクエストを受け入れる」には、WebサイトのURLを入力します。
  15. APIキーが画面が表示されます。

3.おすすめWebサービス

Webサービスとは、上記で紹介したようなものを指すこともあれば、インターネット上のサービスを指すこともあります。ここでは、インターネット上のWebサービスのことを紹介します。

1.旅ペディア

旅ペディアは、世界の絶景写真から最安値の航空券や旅先を探せるWebサービスです。他の旅行サイトだと、ホテル写真やプランから選びますが、旅ペディアのサイトを開くと、世界中の絶景写真がたくさん表示されます。

写真と最安値チケットの金額だけが表示されていますので、国名などの先入観を持たずに旅先を決めれる面白い旅行サイトです。色で旅先を検索することもできるので、いつもとは違った旅先を見つけたい方にオススメのサイトです。

2.住所かんたん翻訳

住所かんたん翻訳サイトを利用すれば、日本語の住所をすぐに世界中の言語に翻訳・変換することができます。海外との荷物や書類のやり取りなどがある際に、住所の記載の仕方を毎回調べなくても良くなります。英語だけでなくさまざまな言語に対応していますので、海外とのやり取りもこれまで以上にスムーズに行えます。

3.BASE

ネットオークションやネットフリマ、ネットショッピングなどが当たり前のように行われる時代ですが、BASEは無料で簡単にネットショップを作ることができます。初期費用もランニングコストも無料で使え、多彩なデザインテンプレートから、自分のショップのデザインを選ぶことができます。

既に30万店以上のネットショップがBASEで開設されており、多くのユーザーが利用しています。決済方法も、クレジットカード、コンビニ・Pay-easy、銀行振込、後払いなどに対応しています。売上の振込みは振込申請から10営業日と早いので安心です。ハンドメイド作品など、お小遣い稼ぎにネットショップを開設するのもアリです。

4.送料の虎

送料の虎サイトは、ヤマト宅急便、佐川急便、ゆうパック、バイク便、引越し料金などの比較サイトです。メール便、空港宅配便、ゴルフ宅配便、国債宅配便、クール宅配便などの比較も可能です。引越し比較も511社から料金比較をでき、オークションに掲載できる料金表テンプレート、出品テンプレートなどのサービスもあります。

送料を少しでも安く抑えることができますので、特にネットオークション、ネットフリマ、ネットショッピングなどを行う方にオススメのサイトです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「Webサービスとは?Webサービスの定義と種類、使い方」について紹介いたしました。GoogleChartAPIや、Google MapsAPI、Yahoo!検索などのWebAPIのことをWebサービスと言うこともあれば、

旅ペディアや、住所かんたん翻訳、BASE、送料の虎など、インターネット上でのサービスのことをWebサービスと言うこともあります。書籍やWebサイトなどでも両方の意味合いで使われている言葉ですので、それぞれの意味を理解しておきましょう。気になるサービスがあれば、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です