ウェブデザインってどんなお仕事?

LINEで送る
Pocket

mimiyako85_ukiwaboy20140726_tp_v

私たちは普段、ウェブサイトを何気なく閲覧し、たくさんの情報を取り入れています。ウェブサイトによっては、スタイリッシュで洗練され見やすいウェブサイトもあれば、色々なアニメーションが施されており楽しく閲覧することが出来るウェブサイト等、様々なウェブサイトが存在します。

インターネットの著しい普及により、これまではパソコンからの閲覧がメインだったウェブサイトも、スマートフォンからの閲覧のほうが多くなっており、スマホ向け情報サイトやまとめサイトやウェブショップ等、色々なスマホ向けウェブサイトが増えました。

こうしたウェブサイトを作るには、ウェブデザインといった仕事が欠かせません。この仕事無くしては、ウェブサイトは構築されないのです。そこで、普段からよく目にするウェブサイトを構築するための、ウェブデザインという仕事について、一体どういったことをする仕事なのか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

ウェブデザインの仕事内容

gori0i9a9925_tp_v-1
まずは、ウェブデザインの仕事内容についていくつかご案内致します。企業や街のレストランもウェブサイトを展開しているほど、ウェブデザインという仕事には需要があります。ですので、そのウェブサイトを構築するウェブデザインの大まかな仕事内容について見ていきましょう。

サイトのレイアウト

まずは、作成するウェブサイトの大まかなレイアウトを決めていく必要があります。全体の中に必要な情報量や、見出しとして見せたいビジュアル面を考慮し、完成形の全体イメージを決めていきます。

デザイン設計

続いて、デザインの設計に入ります。ここで行うことは、その名の通り、色合いや、どのような装飾をしていくのか、アイコンはどうするのか、フォントはどうするのか、といったデザインに関わることを全て決めていきます。

部屋の模様替えをする時の全体レイアウトを決める作業と同じです。どこに何をどの様に配置するのかを決めていきます。ここでは、アドビシステムズ社が提供するAdobeシリーズのイラスト制作ソフトや、写真加工ソフトを使うことが多いです。

ここの段階はウェブサイトを構築する上で、クライアントがイメージするものをしっかりと把握する必要があるため、密に連絡や確認を行う必要があります。

コーティング

ここまでで、クライアントとのウェブサイトのレイアウト、方向性が決定しました。クライアントからOKが出たら、実際にウェブサイトを構築していきます。

構築するためには、プログラミング言語と呼ばれる規則性のある文字列を使います。種類は数多存在しますが、スタンダードで必要になるのは、HTML、CSS、JavaScriptの知識です。これらはそれぞれ違った働きをします。

まず、HTMLは基礎となる文章等を表示するために使います。CSSは、それらの配置やフォントの指定や文字のサイズの指定、配色を行います。最後にJavaScriptでは、デザイン設計で作成したアイコンやイラスト、アニメーションに動きを出すことが出来ます。

ここで言うJavaScriptと似た名前のものに、Javaがありますが、これは全くの別物であり決して略称ではありませんので、誤解のないように注意して下さい。

ウェブデザインの勉強方法

pak105215959_tp_v
では続いて、ウェブデザイナーになるためにウェブデザインを勉強する方法を、いくつかご紹介していきます。ウェブデザイナーを目指している方であれば、是非参考にしてみて下さい。

独学

まずは、一番お金のかからない、独学での勉強方法です。ウェブデザイナーになるためには、学ぶことはたくさんあります。学ぶことは、「デザインについて」「HTML」「CSS」「JavaScript」です。

ここで、デザインについて学習する際には、実際の現場で用いられることが多い、Adobeの「Illustrator」と「Photoshop」の操作方法を学ぶことをオススメします。

これは、どちらもAdobeのライセンス契約をする必要がありますが、必要経費と考えて下さい。これらのソフトの使い方に関しては、様々な動画共有サイトでも解説がされておりますので、是非参考にしてみて下さい。

そして、デザインスキルを向上させるために、デザインについての原則が書かれている書籍を読み、様々なデザインを研究しましょう。研究する上で、構図やカラーやレイアウトについて、様々なウェブサイトのデザインを真似てみることも勉強です。

IllustratorやPhotoshopを使いながら、自分自身でレイアウトを考えられるように、まずは真似から入り、研究を重ねましょう。

そして、プログラミング言語の勉強です。これも、動画共有サイトでHTMLやCSSについて解説してくれている動画が複数アップロードされています。また、インターネット上のサービスで講座を開いているサイトもありますので、これに関してはとにかく手を動かして、慣れていきましょう。

そして、自分自身でいくつもいくつもウェブサイトを作成していきましょう。サーバーのレンタル等をせずに、インターネット上に公開しなければ、オフラインのブラウザで確認をすることが出来ます。この作業を何度も繰り返して、スキルを身に付けていきましょう。

学校

資金があれば、学校でウェブデザイナーになるための勉強をすることも可能です。おおよそ、20万円〜30万円は用意しておくと、安心です。フェイストゥフェイスで教えてもらえる形態の学校もあれば、オンラインで動画を通して樹遊行を受けることが出来る学校もあります。東進ハイスクールのようなものをイメージして下さい。

このように、学ぶために自己投資をすると、安心してウェブデザイナーになるために必要なことをほとんど学習することが出来ます。資金に余裕がある方であれば、オススメの学習方法です。

実務経験を通して

企業によっては、「とにかく人材がほしい!」という企業があります。そういった企業では、未経験者歓迎と掲げており、ウェブデザイナーとしての知識がなくとも熱意があれば採用する方針です。採用後には、研修としてウェブデザイナーに必要な知識を勉強することが出来ます。

さらに、実務経験を同時進行で行うことで、現場の空気感や求められる知識やスキルが如実にわかります。勉強をするためだけに、人材を募集している企業に勤めることはオススメしませんが、その企業でウェブデザイナーとして活躍したいと思い、かつ熱意を持って勉強をしたいといった方には、企業に飛び込んでしまうというのも、オススメの学習方法です。

ウェブデザインの将来性

最後に、ウェブデザインの未来、将来性についてご案内して終わりとします。ウェブデザインに関する資格が必要なのかどうか、今後のウェブデザインに対する需要はどのように変動していくと想定されるのか等、いくつかの項目に分けてご案内致します。

資格はあったほうがいいか

ウェブデザイナーになるためには、資格は必須ではありません。勉強と実務経験を重ねることでスキルが身に付いていれば、それはもうウェブデザイナーと名乗り仕事を受注しても構いません。普通自動車運転免許のように、何かをするのに必ず必要な資格というものは、ございません。

ですが、ウェブデザインを学ぶ上で、絶対に必要というわけではないですが、資格は持っている方が良いでしょう。なぜなら、その資格を保持しているということが一つの物差しとなり、どの程度のスキルや知識があるのかということについて、詳しく説明する必要なく相手に伝え、自分のブランド力を高めることにも繋がります。

ですので、これからウェブデザインを始め、ウェブデザイナーとして活動をしたいと考えている方であれば、資格の取得を一つの目標として勉強をし、資格を取得すると、個人で活動をする際も雇用されて活動する際も、何が出来るのかということを相手に明確に、資格の名前だけで伝えることが出来ます。

今後のウェブデザインに対する期待

ウェブデザインに対する期待は、今後さらに高まっていくことが想定されます。ウェブサイトを構築する際は、例えば記事を作成するライターや、コンテンツを作成するあらゆる分野のクリエイター、プログラマー等の、様々な専門知識を持った人間同士で作り上げます。

ですので、ウェブデザインを学んでいく上で、デザイン以外にも興味が向いた分野があれば、同時に勉強をしスキルを身に着けていくことをオススメします。

出来れば、プロジェクト人数は少なく、ワンストップでウェブサイト制作を完結できることが理想です。そのため、今後はデザイン以外のウェブサイト制作に関する知識やスキルを持ち合わせた人材が期待され、必要とされるでしょう。

今後の需要

現在、ウェブの活用は何をするにもほぼ必須となってきております。レストランやアクセサリー販売を行う上でも、自社ウェブサイトを持ち、広告を掲げたり販売活動を行う活動が増えてきています。

そのため、企業はもちろん、個人仕事でもウェブサイトを持つ事が当たり前となってきております。その上で、ウェブ上でマーケティング活動を行うことも、当たり前の流れとなっております。

そして、これまでは終身雇用と言う言葉があるほどに企業の力が強い時代でしたが、今やその終身雇用形態も崩れてきており、個人で得意なことを仕事にする方も増えると想定されます。そのため、求められるウェブデザイン案件は増えることが予想出来ます。

つまり、今後のウェブデザインの需要は高まると思って、ほぼ間違いないでしょう。

まとめ

pak77_telsuruoff20140823093027_tp_v
このように、普段、何気なく見ているウェブサイトも、ウェブデザインの専門知識やスキルを持った人間たちにより、成り立っているものであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、ウェブデザインに対する需要も今後さらに増加していくことが想定されるため、ウェブに関係のない仕事をされている方でも、ウェブデザインの知識を身に付けておくことで、自分自身のスキルアップに繋がることはもちろん、今後の高まる需要に適応できる人材になれます。

ウェブデザインに関する書籍も多数出版されているため、この機会に、是非ウェブデザインについての知識を身に付けてみては、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です