ソニーが熱い!ソニーの人気ウェアラブル端末と魅力

LINEで送る
Pocket

ウェアラブル端末といえば、アップルのApple Watchしかないと思われている方が多いようです。最近では、テレビのコマーシャルでも登場するほどですが、Apple Watch以外にもスマートウォッチが発売されていることを知っている人は意外と少ないようです。

アップル社の創業者の一人、スティーブ・ジョブスが大のファンであった、SONYは、むしろアップルより早くからスマートウォッチを発売していたのはあまり知られていません。そして、現在でもSONYは複数のウェアラブル端末を商品ラインアップとしています。

スポンサーリンク

SONYのラインアップ

SONYといえば、古い年代で言えば「Walkman」が主力の商品であり、現在では、「Xperia」が日本におけるスマートフォンのシェアが高く人気の商品となっています。そんな、「Xperia」と連動するウェアラブル端末がたくさんあります。

現在販売されている商品名を一気に列記して見ましょう。
・Xperia Ear
・SmartBand2
・SmartBand Talk
・SmartBand
・SmartWatch2

001_sonydevice

SONYのウェアラブルデバイス紹介ページ

これらのウェアラブル端末は、SONYではXperiaとの連携を動作保証としていますが、Androidスマートフォンでも動作しているとのレビューがAndroidユーザーから発信されています。それでは、それぞれの製品の特長を順番に紹介していきます。

アシスタントが耳元でお知らせする、Xperia Ear

耳元に装着して、ハンズフリーでコミュニケーションできるデバイスで、メッセージ、電話、予定などがスマートフォンを取り出すことなく確認することができます。
スケジュールや道案内も音声で知らせてくれます。(アシスト機能)

002_xperiaear

どのようなアシスト機能があるかというと、
・電話の着信を音声で知らせてくれて、「折り返し電話して」と語ると電話をかけてくれます。
・メッセージの受診を音声で知らせてくれて、「**さんにメッセージを送って」と語ると、「メッセージをどうぞ」と聞きメッセージを送ってくれます。
・LINEの受信も音声で知らせてくれて、返信も送ってくれます。
・天気予報やニュースを読み上げてくれます。

この他、ウィキペディア検索、地図でのルート検索を指示することもできます。
Xperia Ear紹介ページ

Xperia Earは、原稿執筆時点では、価格はオープン価格ですが、ソニーストアで¥19,880円で販売されております。

心拍数、睡眠・活動情報が記録される、SmartBand 2

加速度センサーを使って睡眠や消費カロリーの測定を行い、心拍センサーにより心臓の心拍数を記録します。記録されたログ情報は、専用のアプリケーションを用いてXperia(Androidスマートフォン)で可視化することができます。

003_smartband2_01

他にも標準的なウェアラブルデバイス機能として、電話、メッセージ、SNS等の着信の通知機能、ミュージックアプリの再生/停止/曲送り機能等があります。

デバイス本体(コア)部分は取り外しができ、標準添付のブラック/ホワイトのリストバンドに交換が可能で、別売のカラーリストバンドに付替えも可能です。

SmartBand 2は、原稿執筆時点では、価格はオープン価格ですが、ソニーストアで¥14,880円で販売されております。

ライフスタイルを記録する、SmartBand Talk

腕に装着するだけで、Xperiaと連携し、体の動きだけでなく、ライフスタイルの全てを記録します。また、「ボイスコントロール」アプリをXperia(Androidスマートフォン)へインストールすることにより、ハンズフリー通話、電話の発信指示やメッセージやスケジュールを読み上げるボイスコントロール機能があります。

004_smartbandtalk02

SmartBand Talk紹介ページ

SmartBand Talkは、原稿執筆時点では、価格はオープン価格ですが、ソニーストアで¥17,880円で販売されております。

日常を記録する、SmartBand

SmartBandは、Xperiaと連携し様々な出来事を記録してくれるデバイスです。歩数、消費カロリー、睡眠時間といった活動記録。Xperiaを使った、映画、音楽などの視聴記録がLifeLogとして記録されます。

005_smartband

SmartBand紹介ページ

SmartBandは、原稿執筆時点では、価格はオープン価格ですが、ソニーストアで¥9,800円で販売されております。

両手が自由になる、SmartWatch2

006_smartwatch2

SmartWatch2は、Apple Watchよりも早く発売が開始され、Xperiaに連携させると、Xperiaがポケットやバッグに入っていても、情報を手元で確認することができ、電話、メッセージ、SNSの新着着信を通知してくれます。また、電話の着信では、応答や着信拒否などの処理を行うことが可能となっています。

SmartWatch 2 の特長としては、
・5種類の時計デザイン、アラーム、タイマー機能が装備
・電話、メッセージ新着通知、応答拒否、通話処理、メッセージ送信
・音楽再生操作、写真の参照が可能
・IPX7相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能 が挙げられます。

これらの機能以外にも、
・リストバンドのカラーバリエーション、ブラック、ターコイズ、イエロー、パープル、ピンクのカラーバリエーションがあり、利用シーンにあわせて選択できます。(ターコイズ、イエロー、パープル、ピンクは別売)
・バッテリーの持ちは2日程度、長くて3日程度持つとのレビューがあります。

SONYでは、Xperia 以外のスマートフォンとの連携は動作保証していませんが、AndroidスマートフォンでBluetooth接続し利用可能であったとのユーザーレビューもあります。

007_smartwatch2

SmartWatch 2紹介ページ

SmartWatch2は、原稿執筆時点では、価格はオープン価格ですが、ソニーストアで¥14,095円で販売されております。

販売中止になった、Smart Watch 3

2013年に発売されたSmartWatch 2に続き、2014年11月にはSmartWatch 3が発売開始されました。

Android Wear OSを搭載し、標準的な機能のメッセージや、LINEの受信通知機能以外にも、ウォークマン「NW-M505」とBluetoothペアリングすることにより、ハンズオフの通話も可能となったり、ナビゲーション機能として、曲がるべき場所に到着すると振動で伝えてくれたり、LINEでの簡単な返信であれば、音声入力で返信することができる機能などが提供されました。

しかしながら、SmartWatch 3は、2016年12月にソニーストアで大幅値下げが行われたのち販売が中止され、現在では直販はされておらず、市場流通品のみの販売となっています。

008_smartwatch3

SmartWatch 3紹介ページ

まとめ

SONYのウェアラブル端末は、アップル社のApple Watchよりも早く発売され、利用者のニーズ、利用シーンに応じて多くの製品バリエーションが、比較的安価な価格帯で商品が展開されています。SONYのXperiaスマートフォンを利用されている方は、スマートフォンの利用価値を高めるウェアラブル端末の利用を考えて見てはいかがでしょうか。

Xperiaスマートフォン以外でも、Androidスマートフォンであれば、これらのSONY製ウェアラブル端末との連携が可能である可能性がありますので、ユーザーレビューなどを参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です