初心者ユーザーのためのtwitterの使い方と楽しみ方

LINEで送る
Pocket

2
Twitterを使ってみたいが機械音痴でインターネットのこともよく分からない、登録に特殊な知識が必要なのではないか、自分には理解できないのではないかと思っていらっしゃる方は一定数いらっしゃるのではないでしょうか。あるいは恐い人に目をつけられて個人情報を抜き取られたりといった心配から利用を躊躇される方もいらっしゃるでしょう。そんな方々に向けて、Twitterというものの解説から、誰にでもできるアカウント登録、初ツイートまでを解説していきます。

スポンサーリンク

【1.そもそもTwitterとは何か】

TwitterはSNSと呼ばれる、インターネット上でコミュニケーションを図るための手段の一つです。SNSはSocial Networking Servicesの略称で、無理やり日本語で言うなら「社会的ネットワークサービス」と言ったところでしょうか。常に誰かとつながっているということから、利用そのものに一抹の不安を感じる方は多くいらっしゃることと思います。確かに誤った利用でトラブルが発生することも有り得ますが、基本的な対策さえしておけば怯える必要はありません。

【2.Twitterのアカウント登録方法を確認する】

それではアカウントを登録しましょう。Twitterではアカウントがなければ、ほとんどの機能を利用できません。アカウントがあれば自分でツイートしたり他の利用者を検索することができます。自分の友達とTwitterでツイートを共有しあったり、秘密のメッセージを送り合ったりすることも可能です。

自分が関わりたくない人を拒絶することもできます。そのためには登録に必要な物が一つだけあります。メールアドレスです。と言ってもあなたの携帯のメールアドレスや、既に利用しているパソコンのメールソフトのアドレスではありません。万が一トラブルに巻き込まれてしまった時のためにも、すぐに使い捨てることができる、フリーメールを利用しましょう。

【3.フリーメールとは何か】

フリーメールアドレスは非常に便利です。あらゆるメール機能を無料で利用することができ、個人情報の登録も一切必要ありません。アカウントを誤って破棄してしまったときなど、限られた場面でアドレスの復旧が必要な場合に、電話番号等を登録しておくと便利というだけのことです。例え個人情報の登録を推奨されたとしても無視しつづけて構いません。そのことで料金を請求されたり、利用停止になることはありません。

ここではGoogleの提供するGmailに登録してみましょう。その他にもYahoo!が提供するヤフーメールを筆頭にいくつかフリーメールが存在しますが、Gmailはデザインやわかりやすさ、動作の安定性に優れています。また、「Gmailアドレスの取得=グーグルアカウントの取得」でもあるので、Gmailに登録するだけでYouTubeに動画を投稿するなどの関連サービスも全て無料で利用できるようになります。

【4.Gmailに登録する】

フリーメールについて知ることができました。早速登録してみましょう。画像と一緒に解説していきます。

まず名前ですが、ここに本名を入力してはいけません。例えばYouTubeで有名な「はじめしゃちょー」さんがいらっしゃいますが、あの表示名はこの部分に入力すると他のGoogleユーザーに表示されるものです。本名を入力してしまうと全世界に自分の本名を発信してしまうことになります。ここでは「千々石 ミゲル」と入力しました。

次に「ユーザー名を選択」とあります。これは「メールアドレスの@マークより前の部分を自分で決めてね」という意味です。ユーザー名=表示される名前、ではありません。ここにも自分の個人情報を入力してしまわないよう注意が必要です。ここでは「Migeru.Chiziwa」としておきました。

パスワードを設定し、女性・男性・その他から好きな性別を選んで下さい。事実を入力する必要はありません。

以降の「携帯電話・現在のメールアドレス」は空欄のまま進めて下さい。最後に画像に表示されている数字と国名を入力し、Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意すれば完了です。

お疲れ様でした。以上が安全にTwitterに登録するための準備です。文章で書くと冗長ですが、実践してみるとすぐに終わります。取得したメールアドレスでTwitterに登録しましょう。

【5.Twitterに登録する】

いよいよTwitterに登録しましょう。3つある空欄を上から順に、Twitterでの名前、先ほど取得したフリーメールアドレス、適当なパスワードを入力します。パスワードはグーグルアカウントとは異なるものを設定して下さい。そのほうが安全です。全ての場面において、同じパスワードを使い回すのは危険なので避けて下さい。「最近閲覧したウェブサイトを基にカスタマイズする。」というチェック項目がありますが、このチェックは放置しておいて構いません。「アカウントを作成」をクリック。

「電話番号を入力してください」とありますが、下の方に小さく「スキップ」と書いてあります。そこを選択してスキップして下さい。

「ユーザー名を選択」とあります。TwitterではGoogleと同様、他人と同じ表示名は利用できますが、ユーザー名は一人ずつ異なるものを割り当てて個人を識別しています。

左側に「千々石ミゲル」と表示されています。その直下に「@migeruchiziwa2」と表示されているのがわかるでしょうか。@マークのあとがユーザー名です。自分で思いつかなくとも勝手にいくつかの候補をTwitter側で提示してくれるので、その中から選んで構いません。ユーザー名を設定後、いくつか質問や設定がありますが、適当に入力してもアカウントには問題ありません。アドレス確認前は画面上部に「メールアドレスをご確認ください」と表示されますので、メールアドレスの確認を行って完了です。これでアカウントが発行され、全ての機能が利用できます。

【6.ツイートして情報を発信する】

早速ツイートしてみましょう。先ほどの画像を見ていただけると分かる通り、右上に「ツイート」ボタンがあります。そこを押すと文字入力画面が表示されるので、140字以内で好きな文字を入力して下さい。「メディア」というボタンを押して、自分の持っている画像をツイートに貼り付けて、自分の言葉と一緒にツイートすることもできます。「ツイート」ボタンを押してツイートです。言語は問いませんし、内容も自由ですが、差別的発言などの他人を傷つける言葉や、著作権には注意して下さい。

ただしTwitterの利用規約には、投稿された全てのものに関して、「ツイートした時点で投稿者が著作権を放棄したとみなす」と取れる文言があります。具体的にはTwitter利用規約第5条ユーザーの権利という部分です。

ユーザーの中には自分で描いた非常に上手な絵などを画像等データとして投稿し、「勝手に使用しないで下さい」などと主張する者たちも居ますが、ユーザーの主張よりも規約が常に優先されます。Twitter上に投稿されたデータについては誰でも利用可能ですので、安心して利用して下さい。また、自分で投稿した場合も同様です。投稿した時点で著作権を放棄したとみなされますので注意して下さい。

【7.安全な利用のための設定とアカウントのカスタマイズ】

安全な利用のための設定を確認して下さい。右上の「ツイート」ボタンの左隣に卵の画像が表示されているのが確認できるでしょうか。自分で画像を設定しない場合はここに卵が表示されます。クリックすると、いくつかの選択肢が下に伸びていく形で表示されます。「設定」を選んで下さい。「ユーザー情報」が表示されるので、更に画面の左側を見て下さい。いくつか項目が表示されていますが、「セキュリティーとプライバシー」を選択し、まず「セキュリティ」の項目で「コードでログイン」の部分の設定を、「ログインする際に常にパスワードを使用する」に変更して下さい。こうすることでパスワードを知っている人間でなければログインできなくなります。

次に「プライバシー」の項目の「位置情報をツイート」の部分でチェックが外れていることを確認して下さい。チェックが入っていると常にどこでツイートしたのか世界中に筒抜けになってしまいます。最低限気を付けておくべきことは以上です。他にも自分の用途に合わせて設定を変更し、画面最下部の「変更を保存」ボタンを押して下さい。

アカウントを自分なりに装飾したり、デザインを変更してみましょう。画面左側に正方形とカメラのマークが表示されています。ここでプロフィール画像を変更できます。自分の持っているあらゆる画像を設定できます。漫画のキャラなど、著作権のある画像もかなり多くのユーザーが利用しており、設定できる画像に関してはグレーです。実際に変更してみましょう。クリックするとプロフィール画像と、更に大きなヘッダー画像を変更できます。ついでですから両方変更してみましょう。

右側の「プロフィールを編集」ボタンからいつでも編集できます。ツイートボタンの横にある検索ウィンドウに、自分が検索したいユーザーのツイッター上での名前を入力して探しだしたり、特定のキーワードからツイッター上の全てのツイートを検索することができます。ハッシュタグと呼ばれるものも利用可能です。ハッシュタグとは半角で「#」のマークの後、何らかの文字を入力するとハッシュタグとして認識され、誰かがハッシュタグを検索すると、同じハッシュタグを付けられたツイートとともにまとめて表示されます。チャリティーやテレビ番組の企画、大会など何かのイベントの参加者同士で利用すると便利です。もちろん個人で親交を深めるためにも利用できます。140字という制約を守ればハッシュタグをいくつ付けても自由です。

まとめ

以上でTwitterの基本的利用法を一通り習得したことになります。長い文章で申し訳ありません。お疲れさまです。この他にも便利で面白い、役に立つ機能がたくさんあります。マナーを守って楽しく利用しましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です