Home / Twitter / twitterをサイトに埋め込んでアップデート内容を表示する方法

twitterをサイトに埋め込んでアップデート内容を表示する方法

Pocket

win84-1
出典:twitter

twitterでは常に新しいツイートが流れています。フォロー数が多いと、しばらくログインしていなかったりすると大変です。かといって、いつもログインするわけにもいきません。また、自分でブログを運用して、ブログ用のアカウントを持っていたりすると、ブログにツイート内容を表示させたくなります。そんな時にtwitterをサイトに埋め込んで内容を確認する方法を確認します

スポンサーリンク

1.埋め込みタイムライン

埋め込みタイムラインを利用すれば、自分のWebサイトに、コンパクトにtwitterの内容を埋め込むことが可能です。自分のポータルサイトにタイムラインのウィジットを埋め込んでおけば、twitterにログインすることなくタイムラインを確認できます。

ウィジットを埋め込むためのHTMLソースコードを取得するには、パソコンでtwitterにログインして、ホーム画面の右上のプロフィール画像をクリックして、「設定」を選択します。設定画面の左メニューから「ウィジット」を選択します。ウィジット画面が表示されますので「新規作成」ボタンをクリックします。

win84-2
出典:twitter

「ユーザーウィジットを作成する」画面で、「ユーザータイムライン」タブを選択して「設定」項目を設定します。右側に「プレビュー」が表示されますので、確認して良ければ「ウィジットを作成」ボタンをクリックします。

win84-3
出典:twitter

プレビューの下にウィジット埋め込み用のHTMLコードが表示されます。この欄を選択して「Ctrl」キーを押しながら「A」キーを押してすべて選択してから「Ctrl」キーを押しながら「C」キーを押してコピーします。

win84-4
出典:twitter

自分のサイトにペーストすれば、twitterウィジットが追加されます。

2.特定のハッシュタグを埋め込む

同様に、ハッシュタグを指定して、特定のハッシュタグのツイートをウィジットとして埋め込むことが可能です。「埋め込みタイムライン」と同様に、twitterホーム画面から「設定」を選択して、「ウィジット」の「新規作成」ボタンをクリックして、「ユーザーウィジットを作成する」画面で、「検索」タブを選択します。

左の設定メニューの「検索クエリ」窓に目的のハッシュタグを指定します。右のプレビュー画面で確認してよければ「ウィジットを作成」ボタンをクリックします。表示されたHTMLコードをコピーペーストすれば、特定のハッシュタグのタイムラインを自分のサイトに埋め込めます。

win84-6
出典:twitter

3.Twitter一覧サイトを作成する

ウィジットはある程度のカスタマイズが可能ですし、複数のウィジットを埋め込むことも可能です。HTMLに追加するだけですから、好きな位置に配置することもできます。自分のポータルサイトに埋め込んでおけば、常に確認できますし、例えばニュースツイートの一覧や、特に親しい友人一覧や、興味のあるハッシュタグの一覧などのページを作成して、一括でアップデート内容を確認するといった方法も可能です。

まとめ

twitterは非常に便利なツールですが、欲張ってたくさんフォローしようとすると、タイムラインがすぐにいっぱいになってしまいます。Twitterのウィジットは、カスタマイズもしやすくて、シンプルで非常に扱いやすいものです。HTMLを編集可能なサイトを持っているのなら、ぜひ一度twitterウィジットを追加してみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

1c90c98f64e536292ab8c1819f9c178f_s

twitterでよく目にする#(ハッシュタグ)の意味と使い方

今回は、「twitterでよく …

Facebookでのご購読が便利です