Home / デザイン家電 / テレビ / より高画質な時代へ!話題の8Kテレビの特徴4つと準備

より高画質な時代へ!話題の8Kテレビの特徴4つと準備

Pocket

2018年12月から8Kの実用放送が開始されることをご存知ですか。4Kテレビに替えようか迷っている人からすると、もう8Kテレビが登場していることに驚いているのではないでしょうか。2020年には東京オリンピック・パラリンピックもあるため、8Kテレビの普及も期待されています。

そこで今回は、8Kテレビの特徴や視聴準備、おすすめ製品などについて紹介しています。この記事を読むことで、8Kテレビの基本的な知識を得ることができますので、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

8Kテレビがもつ特徴4つ

まずは、8Kテレビがもつ主な特徴について確認をしていきましょう。

1.驚異の画質

現在普及し始めている4Kテレビの画素数は、3,840×2,160の約800万画素で、通常のハイビジョンテレビ(2K)1,920×1,080の約200万画素の4倍です。8Kテレビは7,680×4,320の約3,300万画素なため、4Kテレビの4倍、2Kテレビの16倍もの画素数になっています。

画素数が多いと、近くでも見ても画質の荒れがなく、究極の映像の臨場感を実現可能です。ちなみに「8K」という名前は横方向のピクセル数に由来しています。7,680→約8,000なので「8K」、3,840→約4,000なので「4K」、1,920→約2,000なので「2K」です。

2.1秒間に表示できるコマ数

現在は1秒間に最大60コマほどの表示ですが、8Kテレビでは最大で120コマの表示に高速化できます。これにより、動きの速いスポーツでもなめらかに表示することが可能です。オリンピックなども、ぼやけずに表示ができるため臨場感を味わえます。

3.広色域化

8Kテレビは、現在のハイビジョン放送に比べて、表現できる色の範囲が拡大しているため、実物に近い色の表現が可能となっています。

4.多階調表現

現在のテレビは、約1,600万階調(RGB各色8ビット)なのが、約10億階調(RGB各色10ビット)となり、グラデーションがより自然な映像となります。

東京オリンピック・パラリンピックは8K放送がある

総務省が発表した「4K・8K推進のためのロードマップ〜第二次中間報告」(2015年7月)では、2016年からBSにて8Kの試験放送が始まり、2018年12月から実用放送が開始とされています。そして、今後の4K・8K放送の「目指す姿」を以下のように掲げています。

  1. 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の数多くの中継が4K・8Kで放送されている
  2. 4K・8K放送が普及し、多くの視聴者が市販のテレビで4K・8K番組を楽しんでいる

また、2025年頃の「イメージ」は、「4K及び8K実用放送のための伝送路として位置付けられたBS左旋及び110度CS左旋において多様な実用放送実現・右旋の受信環境と同程度に左旋の受信環境の整備が進捗」としています。

このように、政府としては2020年の東京オリンピック・パラリンピックが開催される頃には、4Kや8K放送が一般化し、ある程度普及している姿を描いているのです。

将来的に8Kテレビを購入するのための必要準備

8Kは、現在NHK放送局やNHK放送博物館、NHK放送放送技術研究所、NHKふれあいホールなどで試験放送がされていて、2018年12月〜実用放送が開始予定となっています。実用放送はBS放送の新帯域を利用しているため、対応する受信システムが必要です。

8K対応のチューナーなどが必要

8K衛星放送を楽しむためには、8Kに対応したチューナーやBSアンテナが必要です。テレビによっては新4K8K衛星放送に対応したチューナー内蔵のものもあります。そのため、購入するテレビなどによって必要なものが変わること、8K対応のテレビだけでは8K放送を見れないことを覚えておきましょう。

 

次ページ:8Kテレビの将来性

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

HDMI端子がなくても大丈夫?パソコンをテレビに接続する方法

ノートパソコンを使っていたりデ …

Facebookでのご購読が便利です