Home / Mac / シンクライアントとは?シンクライアントの基礎知識と特徴、種類

シンクライアントとは?シンクライアントの基礎知識と特徴、種類

Pocket

f266bbacf7be552f1993fed8013212a4_s

シンクライアントという言葉をご存知でしょうか。在宅勤務などが注目されるなか、クラウドコンピューティングとともに以前から注目されているシステムです。

ここでは、「シンクライアントとは?シンクライアントの基礎知識と特徴、種類」について紹介いたします。シンクライアントという言葉を初めて聞く方も、聞いたことがあるけど内容が分からない方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.シンクライアントとは

3090bc441341cf1c4b3fe468e80dec1a_s

シンクライアントとは、企業で社員が使うパソコンにハードディスクを搭載せず、WordやExcelなどの必要最低限の機能しか使えなくします。残りのファイルやアプリケーションなどは、パソコン上で管理するでのはなく、サーバーで管理を行います。シンクライアントの、シンとはThinと書き「薄い、少ない」という意味を持ちます。クライアントはClientでユーザーのパソコンを指します。

シンクライアントとは、ユーザーの利用するパソコンとサーバーをネットワークで繋ぎ、サーバーからパソコンに画像情報など送る情報処理環境のことをいいます。シンクライアントの環境にすることで、ユーザーはどこにいてもネットワークに接続できる環境であれば、サーバーにアクセスし、企業にいる場合と同じ作業を不自由なく行えます。

さらに、ユーザーの利用するパソコン内に重要なファイルが溜まりませんので、セキュリティ面も安心などの特徴があります。

2.シンクライアントの基礎知識と特徴

ここでは、シンクライアントのメリットやデメリットなどの基礎知識、特徴について紹介します。

1.シンクライアントのメリット:コスト削減

シンクライアントを活用することで、運用管理にかかるコストの削減が可能です。サーバーで一括管理できるため、ユーザーの利用するパソコンの台数が増えたとしても、新たにOSやアプリケーションのインストールをする必要がありません。

また、個別のパソコンには重要なファイルもなく、アプリケーションなどもありませんので、セキュリティ対策にも繋がります。シンクライアントは、ユーザーのパソコンが多くなるほど、運用管理コストの削減効果が期待できます。

2.シンクライアントのメリット:パソコン端末の故障が少なくなる

シンクライアントを活用すると、パソコンにハードディスクを搭載しませんので、パソコンのパーツが少なくなり、その分故障することが少なくなります。故障が少なくなれば、長く同じパソコンを使っていくことができ、修理費用の削減や、パソコンの買い替えサイクルも長くでき、費用も抑えることができます。

3.シンクライアントのメリット:在宅勤務などに最適

シンクライアントを活用すると、パソコンに最低限の機能しか搭載されておらず、残りのファイルやアプリケーションはサーバーで管理しますので、セキュリティも安心です。そのため、在宅勤務なども安心して推奨し取り組むことが可能です。

育児と仕事との両立を希望する女性など、多くの方が働きやすい環境を作れます。通常のパソコン・ネットワーク環境であれば、在宅勤務により情報が漏れたりすることの懸念がありますが、シンクライアントであれば職場でも在宅でも安心してユーザーにパソコンを使って作業してもらえます。

4.シンクライアントのデメリット:インターネット環境がないと使えない

シンクライアントのデメリットは、インターネットに接続できる環境でないと、まったくパソコンが使えないことです。最低限の機能しかパソコンには搭載されていないので、オフラインで使える操作はほとんどないに等しいです。

wi-fiネットワークや光回線など、接続できるエリアは年々増えていますが、場所によってはまだまだネットワーク環境が整っていない場所も少なくありません。何らかの事情でネットワークに接続できない場合、サーバーに繋がらないため、パソコンでアプリケーションなどの使用ができません。

5.シンクライアントのデメリット:必ずしもコスト削減できな場合も

シンクライアントを活用することで、パソコンを導入する際のコストを削減できる場合もありますが、パソコンの価格も下ってきていて安価に仕入れることも可能ですので、必ずしもシンクライアントによって、導入コストが下がるわけではありません。場合によっては、シンクライアントのシステムを構築する初期費用の方がかかる可能性もあります。

3.シンクライアントの種類

シンクライアントには、大きく2つの種類があります。1つが「ネットワークブート型」で、もう1つが「画面転送型」です。画面転送型は、「サーバーベース方式」「ブレードPC方式」「デスクトップ仮想化(VDI)方式」の3つに分かれています。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.ネットワークブート型シンクライアント

ネットワークブート型は、サーバー上のデスクトップイメージをネットワーク経由で端末にダウンロードをして、OSやアプリケーションを実行します。パソコンのメモリーやCPUを使用するので、通常のパソコンと同じ感覚で使用できます。ネットワークブート型は、パソコンを起動するたびサーバーから大量のデータが送られてくるため、起動に時間がかかることがあります。また、パソコンの数に合わせてサーバーの設置が必要になります。

2.画面転送型サーバーベース方式

サーバーベースコンピューティング型やSBC方式とも呼ばれます。サーバーベース方式はアプリケーションをサーバー上で実行して、パソコンに画面情報が転送されます。実行したアプリケーションを複数のパソコンで共有し、処理はすべてサーバー上で行われるので、パソコンが処理するのは入力情報のサーバーへの転送や画面情報の転送です。

3.画面転送型ブレードPC方式

ブレードPCとは、CPUやメモリー、ハードディスクなどを基盤に集積して、マシンルームにまとめて設置します。マシンルームにまとめて設置することで、コスト削減と一元管理ができます。設置したブレードPCごとにOSを実行し、パソコンへ画面情報の転送などを行います。ブレードPC方式は、ユーザーが増えることに合わせて、ハードウェアの台数を増やす必要があるので、コストが高くなってしまう可能性もあります。

4.画面転送型デスクトップ仮想化(VDI)方式

デスクトップ仮想化(VDI)方式は、サーバー上にハイパーバイザーを利用して、仮想デスクトップを作成し集約をします。パソコン端末でそれぞれの仮想デスクトップに接続し、画面転送を行います。デスクトップ仮想化を行うことで、パソコンの利便性が向上し、セキュリティ面も安心できます。しかし、ライセンス形態などコストが上がる可能性もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「シンクライアントとは?シンクライアントの基礎知識と特徴、種類」について紹介いたしました。シンクライアントを活用することで、アプリケーションなど重要な情報などはサーバーで一元管理できますので、コスト削減が期待できたり、セキュリティ向上ができます。

そのため、企業側も、社員側も安心して使用することができます。デメリットになり得ることもありますが、情報の流出を防ぐ手段になったり、在宅ワークなどを後押しするシステムの1つでもありますので、以前から注目もされています。興味がある方は、ご自身でもシンクライアントやクラウドコンピューティングについて、調べてみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

eb2fdb3f5e12dba2584a87826e855753_s

今さら人には聞けない、パワーポイントについての基礎知識

普段、仕事やプライベートでパワ …

Facebookでのご購読が便利です