Home / iPhone / 意外とシンプル?iPhoneでのテザリングのやり方を解説

意外とシンプル?iPhoneでのテザリングのやり方を解説

Pocket

gori0i9a3217_tp_v-1

スマートフォンを親機として他の端末をインターネットにつなげることが可能な「テザリング」。テザリングを利用すれば、外出先でも仕事や課題をこなすことができ、学生やビジネスマンにとっては心強い見方になります。

テザリングは難しいものと思われがちですが、やり方は至ってシンプルです。テザリングにより、インターネット接続の自由度が高まり、通信料の管理もしやすくなる一方、通信上限の到達がすぐだったり、バッテリーへの負担が大きかったりと、良い面もありますが、悪い面もあります。

本記事では、テザリングのやり方とメリット・デメリットをご紹介します。また、大手キャリアの利用料の比較や格安simによるテザリングも紹介していますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneでのテザリングのやり方とメリット・デメリット

それでは、iPhoneを使ってテザリングをするやり方、メリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

テザリングとは

では、テザリングとは、一体何なのでしょう。テザリングとは、月々の利用契約をしているSIMカードが挿入されているスマートフォンを中継機として、他の端末もインターネットに繋げられるようにする仕組みのことを言います。

これにより、タブレット端末やポケットWi-Fiの月々利用契約をすることなく、スマートフォンでキャッチしている電波をそのまま他の端末に受け渡すことが出来ます。スマートフォンで契約している月々のデータ使用上限を利用して他の端末をインターネットに繋ぎます。

これにより、出先でも気軽にタブレット端末や携帯ゲーム機等をインターネットに繋ぎ、便利に活用することが出来るようになりました。テザリングのやり方には、Wi-Fiによるテザリング、Bluetoothを使ってのテザリング、USBで接続したテザリングの3種類があります。

iPhoneでテザリングするやり方~インターネット共有の設定~

では、iPhoneでテザリングをするやり方についてです。iPhoneでテザリングを行うためには、まずインターネット共有の設定をする必要があります。

  1. ホーム画面上にある「設定」をタップし、モバイルデータの下にある「インターネット共有」を選択して下さい。
  2. iOSのバージョンによっては「インターネット共有」の項目がない場合がありますので、その場合は、モバイルデータを選択すると、その中に「インターネット共有」という項目があるので、それをタップして下さい。
  3. インターネット共有を選択すると、画面が推移するので、一番上にある「インターネット共有」のスイッチをタップし、オンにして下さい。このとき、Wi-FiやBluetoothの設定がオンになっていない場合、「Wi-FiとBluetoothはオフです」という画面が表示されます。
  4. このときに、「Wi-FiとBluetoothをオンにする」という項目と、「USB」のみという項目があるので、Wi-FiやBluetoothといった無線でのテザリングを行う場合は、「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップして下さい。パソコン等でテザリングを行う場合は、主にUSBでの接続になるので、そういった場合には「USBのみ」を選択して下さい。
  5. どちらかを選択すると、インターネット共有のスイッチが緑になり、オンの状態になります。
  6. このとき下に、“○○のiPhoneという名前で外部に表示されます”と表示されますので、iPhoneを親機とした時の子機となる他の端末で、接続できるWi-FiやBluetoothを探す時に、その名前の電波を選択するようにして下さい。

iPhoneでのテザリングのやり方~テザリング設定の完了~

ここまでが終わると、Wi-Fiのパスワード設定を刷ることが出来ます。通常は、ランダムに設定されたパスワードが表示されておりますが、これを自分の好きなパスワードに設定することが出来ます。

  1. パスワードの設定をするには、「Wi-Fiのパスワード」という項目を選択して下さい。
  2. すると、パスワードの設定画面に移りますので、お好きなパスワードを入力して下さい。
  3. 入力が完了したら、画面右上にある「完了」をタップして下さい。
  4. これで、Wi-Fiのパスワードの設定が完了します。それと同時にiPhoneのテザリング設定が完了しますので、他の端末でiPhoneを使ってテザリングを使って通信をすることが出来るようになります。

テザリングを行うことでのメリット・デメリット

ここまで、iPhoneでのテザリングやり方について紹介してきました。ここでは、テザリングを行うことでのメリットやデメリットについて紹介していきます。テザリングを利用する際は、チェックしてください。

メリット①:インターネット接続自由度が高まる

これはここまでで何度かご紹介した通り、テザリングを使うことで、他の端末を使ってのインターネット接続の自由度が圧倒的に高まるということです。

メリット②:通信量の管理がしやすくなる

またテザリングにより、月々の通信料金を一元化することが出来るので、通信料の管理もしやすくなります。iPhone一つ持って出かければ、例えば友人等の自分以外の人が通信制限にかかっているときに、電波を受け渡すことで友人の悩みを解決することが出来ます。

メリット③:手荷物が減る

モバイルWi-Fiルーターを用いれば、テザリングと同じように、他の端末をインターネットに接続することができます。しかし、外出時にモバイルWi-Fiルーターを持ち運ばなければいけません。

一方、テザリングですと、スマートフォンがモバイルWi-Fiルーター代わりになりますので、手荷物が増えることはありません。

デメリット①:すぐに通信上限に達してしまう

まずは、データ量の通信制限の問題です。キャリアで契約してデータを使用する場合、以前までのガラケーの時代では使う量に従って料金が積み重なる方式を取っていました。

ですが、iPhoneが一般化された現時点では、あらかじめ一月に使えるデータ量と、それに対応した料金が指定されており、自身の使用環境によってデータ量の上限の契約を選ぶといった方式に変わりました。

ですので、例えばiPhone一台で、契約したデータを使用する場合には、5リットルの容器に蛇口を一つだけ付けて使用しているような状態です。ですが、テザリングを行うことで、蛇口が2つ3つと増えてしまうため、当然5リットルの容器に入ったデータ量という名の水が減る速度は速まります。

ですので、あまり多くテザリングを使用すると、思っていたよりも早くにデータ通信上限に達してしまう可能性もあるため、注意が必要です。

テザリングはとてもデータ容量を食います。画像や音楽など、大容量のデータを必要とするダウンロードはデータをたちまち食い、すぐに通信制限になってしまいかねません。テザリング中は通信制限を避けるため、できるだけ、大容量のデータ通信は控えたほうがいいでしょう。

デメリット②:バッテリーに負担がかかる

また、テザリングを行うことでiPhoneのバッテリーにかける負荷が、通常使用しているよりも多くかかってしまいます。

通常使用であれば、iPhoneは契約しているキャリアが発信している電波をキャッチするだけで良いのですが、テザリングを行うとなると、発信されている電波をキャッチし、さらに他の端末へ受け渡すという作業を行うことになるので、バッテリーの減りが早くなり充電切れが早くなることになります。

そして、それを繰り返すことでiPhoneのバッテリーが劣化してしまうため、この点についても注意が必要です。

また、特に寒い時期にはバッテリー消費が早いです。これは、少しでもバッテリー消費を抑える使い方をすることで、いままでよりもバッテリー消費を抑えられる場合があります。

例えば、Facebookのバックグラウンド更新と位置情報をオフにしてみてください。このアプリは位置をリアルタイムに把握することに大量のデータを使っているのです。バックグラウンド更新や位置情報がなければ困るというのでなければ、是非、オフにしてみてください。

これだけで、バッテリー消費が5%ほど違うようです。

このように、テザリングは常日頃から行うものというよりは、緊急時に行う保険という考え方をして頂ければ、大切なiPhoneをより長く安定して使うことができます。

大手キャリアのテザリング利用料とプランを詳細比較

home_office
ここでは、大手3大キャリアのテザリング利用料とプランを比較していきたいと思います。それぞれのキャリアの違いを把握し、自身に合ったキャリアプランを選ぶようにしましょう。

NTTdocomo

最後に、docomoです。docomoでは、テザリングに関しての料金がなんと無料なのです。さらに、事前にお手続きを行う必要もありません。ですので、docomoはキャリア御三家の中で最も気軽にテザリングを使用することが出来ます。

docomoはプラン内にテザリング機能を無料提供

docomoのiPhoneでは、2014年6月からの新料金プランからテザリングを無料で提供していました。ただし、2016年9月からの20GBと30GBの大容量のプラン契約者は、2018年3月まではテザリングを無料ですが、なんと20184月からは事前申し込みが必要な上、月額1000円と有料になります。

au

まずはauの場合です。auの場合は、iPhoneでテザリングを行うためには、事前にお手続きが必要となります。そして、プランによっても異なりますが、月々の利用料金が必要となります。

iPhoneのテザリング設定方法については上記でご紹介した方法と同じです。auをご利用でテザリングを使用したい場合は、テザリングをできる手続きをしているかどうかを、一度お電話でお問い合わせすることを、おすすめ致します。

プランによって異なるテザリング利用料

データ定額が1~13GBまであるau。すべての料金プランにおいて、auではテザリングの申し込みが必要です。やはり、大容量プランの「データ定額20/30」と「U18データ定額20」では従来無料だったテザリング料金を2017年4月から1,000円に改定しました。

softbank

次に、softbankの場合です。softbankの場合も、au同様に事前のお手続きが必要となります。そしてこちらもau同様に、テザリングを行うための月々の利用料金が発生致します。

au同様プランによって異なるテザリング利用料

softbankもau同様に、プランによってテザリング料金が異なってきます。

softbankの場合は、auと比べても少し複雑となっており、プランに加入したタイミング等によって、テザリング利用料金が無料になることがあります。

無料といっても期間が決まっており、その期間もどのプランにいつ加入したかによって細かく変化しますので、softbankをご利用中でテザリングを使用したい場合は、こちらもお電話等でsoftbankに確認することをおすすめします。

やはりプランによって無料だったテザリングですが、20,30,50,100といった大容量のプランでは、テザリング料金が月額1000円となっています。ただし、テザリング利用には申込みが必要ですので、知らず知らずのうちに1000円取られていたということはありません。

格安simでもテザリングは可能か

homeoffice_coffee

それでは今話題の格安SIMでは、テザリングが可能なのでしょうか?

simフリーのスマホはテザリング可能

大手キャリアのスマートフォンから、料金の安いSIMフリーに乗り換えようと検討している方も多いかと思います。しかし、SIMフリーにしたら、テザリングをはじめ、便利な機能も使えなくなってしまうのではないか、と心配になるかと思います。

結論から言いますと、SIMフリーのスマートフォンでもテザリングは一部を除き可能です。それでは、格安SIMの場合のテザリングの仕方をご紹介します。

docomoから回線を借り受けるMVNOの場合

MVNOとは「格安SIM」のスマートフォンであるということを指します。元docomo回線でSIMフリーにしてdocomoから回線を借り受けているiPhoneの場合、通常の通信はできるのですが、残念ながらiOS8以前のiPhoneでは、テザリングには対応していません。

テザリングをすると、専用のAPN(接続先)へ切り替えられてしまうのが原因です。ただし同じdocomoでもAndroidや、iOS8以降ならテザリングが可能です。

auから回線を借り受けるMVNOの場合

au端末を使っているなら、Androidならテザリングは可能、iPhoneでは不可です。ただし、SIMフリーのAndroidでも全機種ができるというものではなく、できるものとできないものがあります。対応周波数(バンド)が合っていないとテザリングができませんので、乗り換える前に確認が必要です。

端末とsimカードの組合せを考えよう

格安SIMでテザリングするには、SIMカードと端末の組み合わせによっては、通信速度が遅かったり、使えなかったりするものがあるので、注意が必要です。

例えば、docomoなら、楽天モバイル、U-Mobile、mineo、DMM Mobileなどがおすすめです。auならば、使えるSIMカードはぐっと少なくなってしまいます。mineoやUQ mobile,IIJmioなどが有名です。

このようにキャリアと対応している格安SIMカードはどれでもいいというものではなく、各キャリアごとに適合するものが決まっています。あらかじめ調べてから買わないと損をしてしまいます。

まとめ

a34e9148d0726f317eb4a8077a63a989_s

このように、iPhoneでテザリングを行うためには設定をする必要がありますが、その設定はとても簡単です。また、メリット・デメリットについても紹介しましたので、利用する前にチェックしてください。

iPhoneでのテザリングという便利な機能を一度使ったらやめられなくなる人も多いようです。まるで、自分のiPhoneをモデム代わりにして、Bluetoothで通信ができるテザリングを使うには、まずiPhoneとMacのOSのバージョンを調べてみて下さい。

iPhoneはiOS8以降、MacはOS X Yosemite(10.10)以上でないとテザリングは使えません。それ以前のバージョンを使っている人は、まずはOSをアップデートしてみて下さい。

また、テザリングを行う上での利用料金は、各社様々異なりますので、現在iPhoneを利用していて、テザリングを行いたいといった方は、是非一度契約しているキャリアにお問い合わせをし、必要な手続きをしてみてください。

テザリングを行うことで、通信の幅が広がり、活動の幅が広がります。是非、一度検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ワンタッチで完了!iPhoneで指紋認証設定する際のコツ6つ

iPhoneの指紋認証(Tou …

Facebookでのご購読が便利です