テザリングで通信制限にかからないための通信量の確認方法

LINEで送る
Pocket

884140f64a213535a519a093c5468f71_s
テザリングは大変便利な機能で、スマートフォンなどと別端末を繋げてインターネットを利用できるようにしたり、カーステレオと繋いでスマートフォンに入っている音楽を流したりするなど、使いこなすと便利なシーンが多くあります。一方で、テザリングを頻繁に使用することによって通信量がふくらんでいき、契約している上限の通信量を超過してしまうということもよくあります。

通信量の上限を超過してしまうと、速度制限がかけられたりするなど、端末の利用が非常に不便になっていってしまいます。そこで本記事ではテザリングで通信制限にかからないための通信量の確認方法についてご紹介していきます。

テザリングを有効活用したいけれど、通信量が心配という方は是非本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

テザリングの通信の仕組み

テザリングはスマートフォンをWi-fiルーターとして、別端末をスマートフォンのネット回線にアクセスをしてインターネットを利用するための仕組みです。テザリングには3種類があり、それぞれの方法によって特徴があります。次の項目で具体的に見ていきましょう。

Wi-fiテザリング

Wi-fiテザリングは一般的に「テザリング」と呼称されるものであり、上記で紹介してきたとおり、ゲーム機やPCなどの端末がスマートフォンのネット回線にアクセスしてインターネットを利用できるようにするテザリングです。

大変便利な機能で、スマートフォンのテザリングを利用すればどこでもインターネットにアクセスできるようになりますので、多くの方が利用しています。

一方で、テザリングを利用した通信で重い容量のデータを取り扱ったりするなど、通信量を大きく使用する使い方をするとスマートフォンの契約の通信上限にかかり、速度制限が施されて普段の利用に大きく支障が出てしまいます。また、Wi-fiテザリングではスマートフォン自体の電池の消耗が激しいので、近くに充電できる環境で長時間使用することはおすすめできません。

USBテザリング

USBテザリングは上記のWi-fiテザリングとは異なり、物理的にUSBケーブルでスマートフォンと端末を接続してスマートフォンのネット回線を別端末で利用できるようにするテザリングです。テザリングの通信と充電も対応できるケーブルを使用すれば、スマートフォンのバッテリー消費を気にせずテザリングを使用することができます。また、有線で繋いでの接続になるので、通信の安定性にも優れています。

一方で、PCのバッテリー消費がWi-fiテザリングと比較して大きくなるため、PCを充電できる環境か、もしくはPCのバッテリーが十分にある状態で利用することが必要になります。

Bluetoothtテザリング

Bluetoothでのテザリングは、車内のカーステレオとiPhoneを接続する場合などに使用されることの多いテザリングです。通信速度はWi-fiテザリングと比較して劣りますが、消費電力が少ないため、スマートフォンのバッテリーが少ない時に使用をおすすめしたい方法です。

テザリングの通信制限にかからないようにするポイント

ここまでで、スマートフォンのテザリングの仕組みと種類について見てきました。それではテーマであるテザリングの通信制限にかからないようにするためにはどの様に対応すれば良いのでしょうか。

ポイントは「スマートフォンの契約通信量」と「テザリングで使用するデータの確認」です。それそれ見ていきましょう。

契約通信量を確認する

テザリングを使用して通信制限にかかってしまう場合というのは、スマートフォンで契約しているキャリアや格安SIM会社の契約条項にひっかかってしまう場合です。そのため、現在の契約の通信量の上限がどのようになっているのかを確認することがまず必要になります。

また、通信上限を超えてしまった場合、速度制限がどの程度かかるのか、解除の条件は何なのかについてもチェックするようにしておきましょう。

毎月使用している通信量を確認する

これまでスマートフォンを利用してきているのであれば、毎月使用している通信量がどの程度のものなのかを確認することができます。契約している会社のマイページや、送られてくる明細書を確認して、実際に使用している通信量について確認しましょう。

なお、スマートフォンをWi-fi経由で利用している場合には、契約会社のネット回線を使用しているわけではないので、ここの数字には反映されません。4GやLTEなど、キャリアのネット回線を使用してインターネットにアクセスした場合のみ、こちらに反映されるようになっています。

毎月の使用の通信量を確認したら、契約通信量の上限と比較をして、空きがどの程度あるのかを把握しましょう。それがテザリングで使用することのできる通信量の枠となります。

テザリングで使用する通信内容を制限する

データ容量が大きい動画などの大規模データをテザリングを使用したネット回線で使用していると、すぐに通信容量制限にかかってしまう場合があります。そのため、テザリングを使用してインターネットにアクセスする場合は、インターネットの閲覧などに利用を止めておき、大規模なファイルのダウンロードであったり、システムのアップデートなどは控えるようにしていきましょう。

こういった大規模データの通信に関しては、光などで提供しているWi-fi回線が適していますので、それらの環境下で利用する様にしていくと良いでしょう。

現在の契約で良いか確認する

テザリングを使用して初月などには、使用した通信量を確認して過不足を確認することが大切です。大きく不足している場合には、テザリングを使用した通信の内容をさらに絞るか、利用頻度を変えることを検討することが必要になります。また、現在のスマートフォンの契約から、通信容量が大きい契約に変更を検討しても良いでしょう。

スマートフォンのネット回線を利用したテザリングだけでなく、ポケットWi-fiルーターを利用してインターネットにアクセスするという方法もあります。料金との相談にもなりますが、常にインターネットにアクセスできる環境が欲しいという方は、こちらの利用を検討してみても良いでしょう。

通信量の上限に到達した場合の症状

基本的に通信量の上限に到達した場合でも、一切インターネットにアクセスできなくなるということはありません。一方で速度制限がされ、通常利用するのに非常に時間がかかり不便な状態になることがほとんどです。速度制限をされてしまうと、ほぼインターネットの快適な利用は難しい状態になるため、実質的に利用は諦めた方が良いでしょう。

通信量の上限に到達した場合、解除方法があるかないか、手続きの方法、反映までの期間は契約している会社によってことなりますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

まとめ

テザリングは大変便利な機能ではありますが、大規模データを大量に使用していると、スマートフォンの通信容量上限に到達してしまい、速度制限など利用を大変不便にする状態になってしまいます。そのため、テザリングを頻繁に使用したいという方は、まずはスマートフォンの契約内容の確認とテザリングで使用するデータ通信の内容の設定をすることが大切になります。

通信容量が足らない場合は、契約内容の変更をして快適にインターネットを利用できる様環境を整備することが大切です。また、フリーWi-fiなどを積極的に活用して、スマートフォンのネット回線を利用するテザリングの通信量を少しでも減らす工夫をすることも大切になります。

テザリングは大変便利な機能で、スマートフォンがネットにつながる環境であればどこでもインターネットにアクセスできるようになるので、使いこなしたい機能です。是非通信量に気をつけながら、快適なテザリング生活を送っていってください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です