テザリングとは?基礎知識からキャリア別料金まで紹介

LINEで送る
Pocket

c2e5bdb9e85da858e10ab4febd444c72_s

テザリング機能は使っていますか。wi-fiルーターを持つことも便利ですが、状況によってはwi-fiルーターを持たずにテザリングを使った方が、経済的におトクな場合があります。テザリング方法は3種類あり、それぞれで特徴が異なりますし、キャリアによって利用料金なども違います。ここでは、テザリング機能のメリット・デメリット、種類や利用料金などについて紹介します。外出先でスマホ以外のデバイスを使う機会が多い方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.テザリングとは?

iphone

テザリングとはどんな機能なのでしょうか。テザリングを上手く活用することで、wi-fiルーターを持たず通信費用の節約ができるかもしれません。ここでは、テザリングの内容や特徴、メリットやデメリットについて確認していきましょう。

1.テザリングとは?

テザリングとは、外出先でスマートフォンなどのデバイスをアクセスポイントとして、パソコンなどの他のデバイスをインターネットに接続する機能のことです。wi-fiルーターのように使うことができ、wi-fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリングの3種類のテザリング方法があります。

2.メリット

スマホのテザリング機能を使うメリットは「荷物が減る」「通信費用が減る」の2点です。外出先ではスマホのテザリングを使えるため、wi-fiルーターを持ち運ぶ必要がありません。コンパクトなwi-fiルーターもたくさんありますが、持ち運びは面倒だったりするものです。また、通信費用も「スマホ+wi-fiルーター」ではなく「スマホのみ」で大丈夫ですので、コストを抑えられます。

3.デメリット

テザリングのデメリットは「電池の減りが早い」「速度制限にかかりやすい」の2点です。テザリング使用中はアクセスポイントとして稼働し続けるため、スマホの電池の減りが早くなります。そして、テザリングするとスマホのデータ使用量が使われますので、たくさん使うと速度制限にかかる可能性があります。電池の減りと速度制限には十分に気をつけましょう。

4.テザリングの設定方法

iPhoneでテザリング設定する場合は、まずは設定アイコンを開いて「インターネット共有」を選択します。次の画面で「インターネット共有」をオンにすれば、後はテザリングの種類を選ぶだけで親機の設定完了です。親機の準備ができた後は、接続する子機側でも接続準備を行います。子機側では、wi-fiを利用する時と同じようにして、親機のネットワークを選ぶだけで設定完了です。

5.テザリング利用で気を付けるべきポイント

テザリングをどれくらい使うかによって、スマホのデータプランを見直しましょう。テザリングの使用頻度が多い場合や多数の子機を接続する場合、テザリングによって動画視聴などを行う場合などは、大量のデータ使用量を使ってしまいます。そのため、契約しているデータプランの容量が小さければすぐに速度制限がかかりますし、定額プランでなければ多額の通信料金がかかってしまいます。

2.テザリングの種類

一言に「テザリング」と言っても、3種類ものテザリング方法があります。ここでは、wi-fiテザリング、Bluetoothテザリング、USBテザリングの3つの内容や特徴について確認していきましょう。

1.wi-fiテザリング

親機になるスマホと子機をwi-fiネットワークで接続する方法で、1番オーソドックスなやり方です。1度に複数の子機が接続でき、USBケーブルなど必要ないため荷物も最小限で、距離が離れていても接続できます。USBテザリングよりも通信速度が遅く、電池が減りやすいというデメリットがあります。

2.Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングは、Bluetoothを利用して接続する方法です。wi-fiテザリングと比べると電池の持ちがよくパスワード設定なども必要ありません。ただし、通信速度が遅いのと1台までしか接続できないデメリットもあります。

3.USBテザリング

USBテザリングは、親機であるスマホとタブレットやパソコンなどの子機をUSBケーブルで接続してインターネットを利用する方法です。USBケーブルで接続するため、スマホを充電しながらテザリングができます。ただし、ケーブルで接続している1台しか利用できないのと、毎回USBケーブルを持ち歩かなければなりません。

3.各キャリアの利用料金、対応端末

ここでは、キャリアごとのテザリング利用料金や対応端末・機種について確認していきましょう。

1.ドコモ

ドコモのテザリングの利用料金はプランに含まれているため、別途月額●●円というオプション料金はかかりません。また、iPhoneやGalaxy、arrows、Xperia、AQUOS、Disney Mobileなど、ほぼすべてのスマホで対応しています。

2.au

auでテザリングを利用する場合は、契約するプランによって別途テザリングオプション利用料が必要となります。iPhoneや4GLTEスマートフォンなど、基本的にすべてテザリング対応しています。

■無料

  1. データ定額1/2/3/5/8/10/13
  2. シニアプラン
  3. ジュニアスマートフォンプラン
  4. データ定額cp
  5. カケホ
  6. スーパーカケホ
  7. VKプラン
  8. VKプランS
  9. VKプランM
  10. LTEプランS

■500円

  1. auピタットプラン
  2. auフラットプラン20/30

■1000円

  1. データ定額20/30
  2. U18データ定額20

3.ソフトバンク

ソフトバンクもau同様で、契約プランによって別途テザリング料金が必要です。下記プラン以外は月額500円の料金がかかります。iPhone、Androidスマホともにほぼすべての機種がテザリングに対応しています。

■無料

  1. データ定額ミニ1GB/2GB
  2. データ定額5GB
  3. データ定額S

■1000円(2017年8月1日より500円に変更)

  1. データ定額20GB/30GB
  2. 家族データシェア50GB/100GB

4.ワイモバイル

ワイモバイルのテザリングは、スマホプラン・データプラン・シェアプラン・ケータイプランSSに加入していれば、申込不要・利用料金無料で使うことができます。

4.テザリングできないときの対処法

テザリング設定を試しているのに上手くいかないという場合は、下記の対処法を試してみましょう。

1.子機側で試すこと

wi-fiテザリングをする場合は、パスワードが正しく入力されていない可能性があります。また、wi-fiの接続が上手くいかない時同様で、wi-fiを1度切って再接続したり、機内モードにして元に戻したりしましょう。それだけで接続が上手くいったりします。

2.親機側で試すこと

親機の「インターネット共有」機能がオンになっていないためテザリングができない可能性があります。また、そもそもテザリングのオプションに加入できていない場合もあるため、事前に確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。テザリングを使えば、wi-fiルーターがなくても外出先でいつでもパソコンやタブレット、ゲーム機などをネットに接続して使えます。普段、外出先でのネット利用が多い方は、ぜひテザリング機能を活用してみましょう。wi-fiルーターを持つよりも通信費用が安く抑えられるかもしれません。ただし、電池の減りや速度制限、契約プランには十分に注意した上で使うようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です