Home / Wi-fi / テザリングを利用するための各社のオプション料金と内容

テザリングを利用するための各社のオプション料金と内容

Pocket

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s

スマートフォンを使ってテザリングを行う場合は、各携帯電話会社へ申し込みが必要です。各社それぞれで、テザリングオプション利用料金も異なります。ここでは、「テザリングを利用するための各社のオプション料金と内容」について、紹介いたします。

スポンサーリンク

1.各社のテザリングオプションの料金

bbcf6a0dd54c595de7aa0b0592681b9b_s

ここでは、au、ソフトバンク、ドコモのテザリングオプションの料金について、紹介いたします。

1.au

auのテザリングオプションは、契約している料金プランによってオプションの月額利用料が異なります。下記が、契約プラン別のテザリングオプション月額利用料です。

  1. データ定額1/2/3/5/8/10/13 無料
  2. シニアプラン 無料
  3. ジュニアスマートフォンプラン 無料
  4. データ定額cp 無料
  5. カケホ 無料
  6. スーパーカケホ 無料
  7. VKプラン 無料
  8. VKプランS 無料
  9. VKプランM 無料
  10. LTEプランS 無料
  11. データ定額20/30 1,000円
  12. 上記以外のデータ定額サービスもしくは料金プラン 500円

2.ソフトバンク

ソフトバンクの場合、テザリングオプションは基本的にすべて有料です。利用する場合は、MySoftBankか、電話、ソフトバンクショップでの申し込みが必要です。下記が、契約プラン別のテザリングオプション月額利用料です。

  1. データ定額20GB/30GB 1,000円
  2. 家族データシェア50GB/100GB 1,000円
  3. データ定額ミニ1GB/2GB 500円
  4. データ定額5GB 500円
  5. データ定額S 500円
  6. 上記以外のデータ定額サービスもしくは料金プラン 500円

3.ドコモ

ドコモの場合は、テザリング利用料金が定額プランなどに含まれています。そのため、auやソフトバンクのように、別途テザリング料金はかかりません。

2.テザリングの種類とそれぞれのメリット・デメリット

ここでは、テザリングをする際の種類と、それぞれの種類のメリット・デメリットについて、紹介いたします。

1.wi-fiテザリング

テザリングの中でも最もメジャーなのがwi-fiテザリングです。パソコン、タブレット、ゲーム機、デジカメなど、wi-fiに対応しているデバイスは数多くありますので、接続しやすいです。

複数のデバイスへの同時接続が可能で、通信速度も速いのが特徴です。ただし、スマートフォンのバッテリー消耗が速いのと、他のデバイスからもwi-fiのネットワーク名など見られますので、特別な名称を付けていると恥ずかしかったりします。

2.Bluetoothテザリング

Bluetoothを使ってテザリングも可能です。Bluetoothテザリングは、wi-fiテザリングに比べバッテリー消耗を抑えれます。状況にもよりますが、1/10程度まで消費を抑えることも可能なため、テザリング後も、安心してスマートフォンを利用できます。

パスワードの入力も必要ありませんので、設定が簡単なのも特徴です。Bluetoothの場合、1対1の通信なためセキュリティレベルも高いです。Bluetoothテザリングのデメリットは、テザリング接続デバイスとのペアリング作業が必要です。通信速度も決して速いわけではありません。また、Bluetoothに対応しているデバイスとしか、テザリング接続ができません。

3.USBテザリング

USBテザリングは、接続デバイスとスマートフォンをUSBケーブルで接続してテザリングする方法です。USBケーブルで接続するため、接続先がパソコンなどの場合は、スマートフォンの充電を行いながらテザリングでき、バッテリー消耗を抑えれます。直接的に接続してテザリングを行うため、通信速度がwi-fiやBluetoothテザリングよりも速く安定しています。

ケーブルで繋ぐためセキュリティも高く、安心して使えます。USBテザリングのデメリットは、USBケーブルを常に持ち歩く必要があること、そしてデバイスと接続しておかなければいけないことです。スマートフォンをケーブルから外さないといけない時は、テザリングが利用できません。

また、スマートフォンは充電しながらテザリングができますが、その分、接続デバイスのバッテリー消耗が速くなります。USBポートのあるデバイスでないとテザリングはできません。

3.MVNO・格安SIMでテザリングする際のポイントと注意点

MVNO・格安SIMのスマートフォンでもテザリングができます。しかし、ドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアの際のテザリングとは、条件が異なりますので、注意しましょう。

1.ドコモ系MVNO・格安SIMの場合

楽天モバイル、LINEモバイル、FREETELなど、ドコモの回線を利用しているMVNO・格安SIMを使う場合は、SIMフリーのスマートフォンの場合であれば、テザリングができます。しかし、白ロムやドコモで使っていたスマートフォンを利用する場合は、テザリングができません。iPhoneは、iOS8以降がテザリングを利用できます。

2.au系MVNO・格安SIMの場合

UQmobileやmineoなど、auの回線を利用しているMVNO・格安SIMを使う場合は、SIMフリースマートフォンや、auで契約していたスマートフォンなど、Androidの端末であれば問題なくテザリングが利用できます。ただし、iPhoneの場合は、SIMフリーでもテザリングは利用できません。

4.テザリングする際に便利なテザリングアプリ

ここでは、テザリングの際に便利に使える、テザリングアプリについて紹介します。

1.テザリングON/OFF

テザリングON/OFFは、ワンタップで簡単にテザリングのON/OFFを変更できるアプリです。アプリを起動するだけで、wi-fiがON設定になり、画面上部のメニューバーにwi-fiマークが表示されます。OFFへ変更したい場合もアプリを起動するだけです。

メニューバーからもwi-fiマークがなくなります。何かアプリを開いて設定などする必要もなく、アプリを開くだけでON/OFFが設定変更できる便利アプリです。テザリング設定のみですが、面倒な設定などをしたくない方におすすめです。

2.TetherSetting

TetherSettingを使えば、テザリングのONとOFF設定の変更が簡単にできるだけでなく、SSIDやパスワードの変更もできます。多くの人が利用する場所でのテザリングの際に、セキュリティが気になる場合、TetherSettingであれば、パスワードの変更ができセキュリティ対策も行えます。

3.PdaNet+

PdaNet+は、英語表記ですがシンプルな操作ができるため簡単にテザリング設定が行えます。ペアリングをしてBluetoothで接続できます。3G・4G・wi-fiとテザリングが可能です。

4.Klink Tether without root

Klink Tether without rootは、USBケーブルで接続し、テザリングできます。特別な設定は必要なく、アプリを開いてデバイスとUSBケーブルで接続するだけで、テザリング接続ができる簡単アプリです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「テザリングを利用するための各社のオプション料金と内容」について、紹介いたしました。各社、料金プランなどにより、テザリングオプションの利用料金が異なります。テザリングを行う場合は、事前に申し込みをして使いましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です