MVNOでテザリングをするための条件と注意点、設定方法

LINEで送る
Pocket

6b59e5c0266f383b398c5fda8ffe658a_s

MVNOでiPhoneやスマートフォンを利用する場合も、条件によってテザリングが可能です。テザリングをすることで、パソコンやゲーム機など、他のデバイスでもインターネットが利用でき、便利に使えます。

ここでは、「MVNOでテザリングをするための条件と注意点、設定方法」について紹介いたします。

スポンサーリンク

1.テザリングをするための条件と注意点、設定方法

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

ここでは、MVNOでテザリングする場合の条件や注意点について紹介します。

1.テザリングとは

テザリングとは、スマートフォンをモバイルルーターのように使える機能です。スマートフォンのデータ通信量を消費しますが、パソコンやゲーム機に接続し、スマートフォンのデータ通信を使い、インターネットが利用できます。外出先でwi-fiネットワークが利用できなくても、テザリングできるスマートフォンを持っていれば、モバイルルーターの代用として使用できます。

2.ドコモ系MVNO

ほとんどのMVNOがドコモ回線を利用しています。ドコモ系のMVNOを使う場合は、SIMフリーのスマートフォンであればテザリングが可能です。テザリングをしたい場合は、設定アプリから簡単に行えます。しかし、ドコモで契約して使っていた端末やドコモの白ロムはテザリングに対応していません。また、iPhoneの場合はiOS8以降でなければテザリングができませんので注意が必要です。

3.au系MVNO

au系MVNOの場合は、auで契約しているスマートフォンでも、SIMフリーのスマートフォンでもAndroid端末であればテザリングができます。しかし、iPhoneの場合は、SIMフリー端末であってもテザリングはできません。

4.各MVNOのホームページからも確認できる

各MVNOのホームページからも、利用しようとしている端末でテザリングができるかを確認できます。大抵の場合、動作確認端末一覧のページにテザリングの可否について記載があります。

5.iPhoneのテザリング設定方法

iPhoneでテザリングしたい場合は、下記の方法で行います。

  1. ホーム画面から設定アイコンを開きます。
  2. 設定のメニューから「インターネット共有」を選択します。
  3. インターネット共有の画面で「インターネット共有」をONにします。
  4. wi-fi、Bluetoothがオフの場合はメッセージが表示されますので、「wi-fiとBluetoothをオンにする」を選択します。
  5. ネットワーク名とパスワードが表示されますので、別のデバイスから接続します。

上記の方法でテザリング設定が完了です。パソコンやゲーム機、タブレットなど、他のデバイスから接続できます。尚、テザリングのパスワードを変更したい場合は、「インターネット共有」画面で、「wi-fiのパスワード」をタップし、新しいwi-fiパスワードを入力すれば変更できます。他のデバイスから接続する際は、Bluetooth対応のデバイスからwi-fi接続を行い、「iPhone」を選んでパスワードを入力すれば接続可能です。

2.おすすめのドコモ系MVNO

ここでは、ドコモ回線を利用したおすすめのMVNOを紹介します。

1.楽天モバイル

ドコモ系MVNOのなかでも人気の高い楽天モバイル。非常にバランスの優れたMVNOです。月額850円で国内通話が5分以内何度もかけ放題できる「5分かけ放題」や、余ったデータ通信量が自動で翌月へ繰り越されるサービス、毎月の利用料金に応じて貯まる楽天スーパーポイントなど、楽天モバイル独自のサービスがあります。

特に楽天スーパーポイントは、100円につき1ポイント貯まり、貯まったポイントは、楽天市場や楽天トラベル、毎月の利用料金などに1ポイント=1円として利用できます。利用料金も下記のとおりリーズナブルです。

  1. ベーシックプラン 通話SIM1,250円 050データSIM645円 データSIM525円
  2. 3.1GBプラン 通話SIM1,600円 050データSIM1,020円 データSIM900円
  3. 5GBプラン  通話SIM2,150円 050データSIM1,570円 データSIM1,450円
  4. 10GBプラン 通話SIM2,960円 050データSIM2,380円 データSIM2,260円
  5. 20GBプラン 通話SIM4,750円 050データSIM4,170円 データSIM4,050円
  6. 30GBプラン 通話SIM6,150円 050データSIM5,520円 データSIM5,450円

2.LINEモバイル

人気メッセージアプリLINEが提供するLINEモバイルは、LINEを中心に人気アプリがデータ通信量ノーカウントで使えるMVNOです。月額500円でLINEアプリの通話・トークがデータ通信量ノーカウントで使い放題できるLINEフリープランや、

月額1,110円〜LINEだけでなく、TwitterやFacebook、Instagramもデータ通信量ノーカウントで使い放題できるコミュニケーションフリープラン、月額1,810円〜LINE、Twitter、Facebook、Instagramに加えてLINEMUSICが使い放題できるMUSIC+プランがあります。LINEを使って友人へデータ通信量のプレゼントをしたり、毎月の利用金額に応じてLINEポイントも貯まります。

3.FREETEL

FREETELは、多くの人気アプリがデータ通信量ノーカウントで使い放題できるのが特徴です。LINEやTwitter、Facebook、Instagram、Messenger、WeChat、WhatsAppなどのアプリがデータ通信量フリーで好きなだけ使えます。月々299円〜電話かけ放題や、スマートフォン本体+データ通信+音声通話セットで月額1,590円〜(1年目)のセットプラン、

残金が残っている機種や画面が割れている機種も新しい機種に変更できるとりかえ〜る制度など、さまざまな独自サービスを展開しています。余ったデータ通信量も自動で翌月に繰り越され、毎月の利用料金プランも2プランから選択できます。

定額プラン(通話SIMの場合)

  1. 1GB 1,199円
  2. 3GB 1,600円
  3. 5GB 2,220円
  4. 8GB 2,840円
  5. 10GB 3,170円
  6. 15GB 4,380円
  7. 20GB 5,570円
  8. 30GB 7,680円
  9. 40GB 10,100円
  10. 50GB 12,500円

使った分だけ安心プラン

  1. 〜100MB 999円
  2. 〜1GB 1,199円
  3. 〜3GB 1,600円
  4. 〜5GB 2,220円
  5. 〜8GB 2,840円
  6. 〜10GB 3,170円
  7. 〜15GB 4,380円
  8. 〜20GB 5,570円

3.おすすめのau系MVNO

ここでは、auの回線を利用したおすすめのMVNOを紹介します。

1.mineo

mineoはau回線とドコモ回線の好きな方を使えるMVNOです。データ通信量に関するサービスが豊富で、友人にデータ通信量をプレゼントしたり、繰り越したデータ通信量を皆で分け合えたり、皆でデータ通信量を集め好きなときに使えたりするサービスがあります。月額850円で5分以内の国内通話がかけ放題で使える「5分かけ放題サービス」なども利用できます。au回線とドコモ回線のそれぞれの利用料金は下記のとおりです。

au回線(通話SIM)

  1. 500MB 1,310円
  2. 1GB 1,410円
  3. 3GB 1,510円
  4. 5GB 2,190円
  5. 10GB 3,130円

ドコモ回線(通話SIM)

  1. 500MB 1,400円
  2. 1GB 1,500円
  3. 3GB 1,600円
  4. 5GB 2,280円
  5. 10GB 3,220円

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「MVNOでテザリングをするための条件と注意点、設定方法」について紹介いたしました。MVNOでもiPhoneやスマートフォンでテザリングが可能です。ただし、条件や注意点がありますので、十分に気を付けてください。必ず、店頭やホームページでも確認したうえで、購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です