スマートフォンでBluetoothテザリングをする方法

LINEで送る
Pocket

スマートフォンを使ったテザリング、スマートフォンは持っていてもテザリングは行ったことがないという方は、まだまだ多くいらっしゃいます。そしてテザリングを知っている方でも、「スマートフォンをモバイルWi-Fiルーターの代わりに使う」という理解の方が多くいらっしゃるというのが実情です。

本稿では、まだまだその優位性が知られていないBluetoothテザリングについて、メリットとデメリット、設定方法等について紹介していきます。

スポンサーリンク

お勧めするBluetoothテザリング

Bluetoothとは、

Bluetooth(ブルートゥース)とは、デジタル機器の無線による近距離間データ通信を行うための技術です。赤外線とは異なり、通信する機器の間に障害物があっても通信を行うことができます。最近では、パソコンやスマートフォンと、イヤホン、スピーカー、マウス、キーボード等の周辺機器との無線による接続に利用されています。

001_bluetoothmark

Bluetoothテザリングのメリットに着目しましょう

少しづつ浸透し始めてきたスマートフォンによるテザリング。お手持ちのスマートフォンをWi-Fiルータ化することによって、外出時でも必ずしも安全とは言えないフリーWi-Fiを探すことなく、比較的安全、かつ、簡単にインターネット接続させることが浸透し始めてきています。テザリングといえば、これまでWi-Fiで使うものとお考えの方も多いのですが、実はほとんどの利用シーンでは、Bluetoothでテザリングしたほうがメリットがある場合が多いということが意外と知られていません。

Wi-Fiテザリングの場合、親機となるスマートフォンだけでなく、インターネット接続サービスを受け取るパソコン、タブレット等の子機においてもバッテリーの消耗が激しいということを知っておいてください。3つ目のテザリング方式であるUSBテザリングでは、パソコン側からスマートフォンへ電源を供給してくれるので便利なのですが、それはパソコンがバッテリー駆動でなくコンセントから電源を受けて利用されている場合です。

パソコンもバッテリー駆動している時は、常時スマートフォンへの電源供給状態となってしまいます。スマートフォンのバッテリー残量が少なくパソコンの電源を緊急避難的にスマートフォンで利用したい場合にはやむを得ない方法といえますが、スマートフォンとパソコンの双方がバッテリー電源で動かせている場合、バッテリー温存という意味ではBluetoothテザリングが最も優れた方式となります。

Bluetoothの電源消費は、テザリングの親機と子機が接続されていない場合、ほとんど電源は消費されません。Wi-Fiでは、設定がオンになっていると常に接続先を探しに行くために相当の電源が消費されます。BluetoothテザリングならWi-Fiテザリングのようにオン/オフの切り替えを気にしなくとも良く、常に設定をオンにしておいても電力はほとんど消費されません。

Bluetoothテザリングのデメリット

Bluetoothテザリングといえども万能ではありません。他のテザリング方式に比較して幾つかのデメリットとなるところも紹介していきます。

1つ目は、Bluetoothテザリウングは、Wi-Fiテザリングに比べて通信速度が遅いことです。Bluetoothでは最大でも3Mbps程度の通信速度に限られてしまいます。ただ、通信速度が遅いと行っても、高画質の動画を見るようなシーン、大容量ファイルのダウンロードやアップロードするようなシーンでなければ実用上支障はありません。むしろデータ通信ニーズが高く、そもそも回線速度が低下するような時間帯や場所であれば、ボトルネックとなるのは、Bluetoothテザリングではなくデータ回線速度の方となってしまうでしょう。

普通のWebサイトの閲覧、メールやSNSの送受信といった使い方であれば、Bluetoothテザリングでも十分な速度があると言えます。どうしても通信速度を速くする必要があるときにのみ、Wi-Fiテザリングに切り替えるのも一つの方法です。

2つ目は、同時に2つのデバイスをBluetoothテザリングで親機に接続することはできないことです。Bluetoothテザリングを行うスマートフォンの親機に対して、同時に子機とすることができるデバイスは1台に限定されます。ペアリングされている機器間でのみテザリングが可能となります。パソコンとタブレットの2つのデバイスを同時にテザリングに接続することはできません。2台のデバイスで同時にインターネットへ接続する必要が生じるシーン、また、周囲にいるお友達にテザリングでインターネット接続を強要する必要があるシーンは、少なくなっていると思います。

3つ目は、ほとんどこのようなケースは発生することはないと思われますが、Androidスマートフォンを親機とし、iPhoneを子機としてBluetoothテザリングを行うことは技術的にできません。逆は問題ありません。

Bluetoothテザリングの設定方法

iPhoneの場合

002_internetshareon

最初に[設定]アプリで、「Bluetooth」をオンに設定します。次に、同じ[設定]アプリから「インターネット共有」をオンにします。ただし、iPhone側であらかじめ「Wi-Fi」設定と「Bluetooth」設定が供にオフとなっている場合は、「Wi-FiとBluetoothをオンにする」を選んでインターネット共有をオンにする必要があります。Wi-Fiを使わない場合は、この後にバッテリー温存の意味からも「Wi-Fi」設定をオフにしておきましょう。

003_bluetoothon

次に、親機(iPhone)と子機(パソコン、Macなど)でペアリングを実行します。iPhoneとパソコンの両方でペアリングを受け入れる6桁数字の認証コードが表示されますので、両方が一致していることを確認してペアリングを実行します。
一度ペアリングの設定が済んでいれば、次回からは、「Bluetooth設定」からデバイスを接続するだけです。

Androidスマートフォンの場合

AndroidOSのバージョン、機種によってBluetoothテザリングの設定方法は若干異なります、以下の解説では、AndroidOSバージョン6.0の基本仕様による標準的な設定方法を紹介します。

004_andpairing01

最初に[設定]アプリで、「Bluetooth」をオンに設定し、パソコンと供にペアリングを実行しておきましょう。

005_andpairing02

続けて、[その他の設定]から、「テザリング」を選び、

006_tethering01

「Bluetoothテザリング」をオンにします。

007_tethering02

Androidスマートフォンの場合、いくつか注意点があります。Bluetoothテザリングの親機とする場合、再起動するとBluetoothテザリング設定はオフになってしまう機種があります。再起動させた時は、改めてBluetoothテザリングの設定を行うか、Bluetoothテザリングを開始させるアプリを四王する方法のあります。

もう一つ、AndroidOSが古いバージョンの4.0以前の場合は、Bluetoothが利用できない機種もあります。

まとめ

意外と使われていないBluetoothテザリング。通信速度が遅いという若干のデメリットも存在しますが、日常的なシーンでは支障となることはないと思います。なによりも、バッテリーの消耗が少ない、接続設定が簡単であるというメリットのほうが大きいと思います。

これまでテザリングは、Wi-Fiしか使われていなかった方でも、一度Bluetoothテザリングを試してみてはいかがでしょうか。特別な用途以外で遅くて使い物にならないと感じることはないことを実感できると思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です