Home / デザイン家電 / テレビ / 上手なテレビの選び方!購入時に知っておきた4つのポイント

上手なテレビの選び方!購入時に知っておきた4つのポイント

Pocket

「テレビが欲しいけど、たくさん製品がありすぎてどれを選んでいいのかわからない」と、テレビ選びで困ったことはありませんか。どの家電量販店に行っても、非常に多くのテレビが並んでいるため、どのテレビを購入すればいいか迷ってしまうものです。

そこで今回は、テレビを選ぶ際のポイントや種類、おすすめのテレビについて紹介しています。液晶テレビと有機ELテレビの特徴や違いについても知ることができますので、これからテレビを購入予定の方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

テレビの種類

現在流通している「薄型テレビ」と言えば、「液晶テレビ」と「有機ELテレビ」の2種類です。多くの製品が液晶テレビですが、液晶テレビか有機ELテレビかで特徴も変わってきます。ここでは、これらの種類の主な特徴について見ていきましょう。

液晶テレビ

現在、市場に出回っている薄型テレビの多くが液晶テレビです。有機ELテレビではなく、液晶テレビを選ぶ最大のメリットは価格の安さです。技術も確立され、多くの製品が販売されていることから、比較的リーズナブルな価格で購入することができます。

しかし、液晶テレビは、フィルターにバックライトをあてることで映像を映し出すため、黒浮き(画面が白っぽくなる)が起きやすいデメリットがありあす。

有機ELテレビ

今後、主流になっていくとも言われているのが有機ELテレビです。液晶テレビはフィルターにバックライトをあてて映像を作り出しますが、有機ELテレビは素子が自ら発行するため、バックライトは使用しません。

そのため、バックライトの空間を確保する必要がなく、テレビ本体を薄くすることができます。また、省エネ性能も高く、視野角が広いなどの特徴も持ちます。ただし、多くの製品が登場したことで徐々に下がってきているものの、まだまだ価格が高いのがデメリットです。

購入時に気にするべき4つのポイント

テレビを購入する際は、どのようなポイントに気をつけるべきなのでしょうか。ここでは、気をつけたい主な4つのポイントについて紹介しています。ここで紹介しているポイント以外にも、人によっては、ネットワーク機能やゲームへの適応、音質、使いやすさなどのポイントもあります。

1.予算

あたりまえですが、テレビを購入する際は最初に予算を決めて、予算内に収まる製品を選ぶようにしましょう。

たくさんの製品が販売されているため、どうしても「もっと大きなサイズがいい」「もっと画質がきれいなテレビがいい」「もっとたくさんの機能がついているテレビがいい」など、ついつい欲が出てしまいます。

上を見たらきりがありませんので、最初に予算を決めて絶対に予算内に収めましょう。

2.画面サイズ

画面サイズにも気をつけてテレビを選ぶようにしましょう。狭い部屋に大きな画面のテレビを置くと圧迫感を感じますし、部屋が狭くなってしまいます。

一般的に、6畳以下の部屋であれば29V型以下、6畳超〜12畳以下の部屋は49V型以下、12畳を超える広めの部屋であれば50V型以上の画面サイズが適していると言われています。

3.パネルの性能

テレビを購入する際はパネルの性能にもこだわってみましょう。代表的なものが「4K」と「フルHD」です。4Kは、高解像度(3840×2160)のテレビのことで、フルHDの解像度と4倍程度違います。

4Kのテレビであれば、非常に高画質な映像を楽しむことが可能です。

フルHDの解像度は1920×1080と、4Kよりは劣りますが、それでも繊細な画質で映像を楽しむことができます。また、4KよりもフルHDのテレビの方が遥かに価格が安いです。

4.録画機能

現在、販売されている比較的新しいテレビの多くには、録画機能が搭載されています。内蔵HDD録画や内蔵ブルーレイ録画、自動録画機能など、さまざまな録画機能を搭載したテレビが登場していますので、自分の目的に合った製品を選ぶようにしましょう。

次ページ:液晶テレビと有機ELテレビどちらを選ぶべきか

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

買うべきか買わないべきか?8Kテレビの相場価格とおすすめ3選

テレビの進化には目覚ましいもの …

Facebookでのご購読が便利です