Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / PC基礎知識 / 初心者でも簡単!タイピング上達のためのおすすめ練習サイト4選

初心者でも簡単!タイピング上達のためのおすすめ練習サイト4選

Pocket

スポンサーリンク

タイピング上達に必要な3つのこと

どんなことをするにも基礎が大事なように、タイピングもまずは基本を固めることが大事です。

いくら慣れが大事だと言って自己流でタイピング練習を続けていても、なかなか上達するのは難しいことです。まずはタイピングを上達させるために初めにしておくべきことをご紹介します。

そのうえでタイピングの上達のために効果的な無料タイピングサイトやソフトもご紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。

ホームポジションを覚える

パソコンのキーボードのタイピングにも、基本的にどの指がどのキーボードに乗っていればいいかというのがあります。

具体的には左手の人差し指を「F」に、右手の人差し指を「J」に置き、その他の指はそのまま軽く置くという感じです。

この二つの決められたポジションは初めは自分の目で確認しなければわからないかもしれませんが、実は慣れてくれば見なくてもわかるようになります。

キーボードを見てもらえるとわかるのですが、FとJのキーボードには小さな突起があるのです!これを感じながらタイピングしていけば正しいフォームで文字入力ができるようになるはずです。

正確さを重視する

タイピングに慣れてくると少しずつスピードも上がってくるでしょう。それと同時にタイピングのミスも増えやすくなってきます。

いくら早くタイピングをしたとしてもその分だけ誤字や脱字が多くなってしまえば、それを取り消すのに時間がかかってしまい、本末転倒ですよね。それなら多少時間がかかっても正確にタイピングしたほうがいいのではないでしょうか。

始めから速さを求めるのではなく正確にキーを打っていき、慣れてきて結果として速くなっていくものだと思って辛抱強く練習しましょう!

 

画面だけを見続ける

少しずつ慣れてきてホームポジションやキーに置く指の配置が大体わかるようになってきてからは、キーボードではなくなるべく多くの時間を画面を見ることに費やすように意識しましょう。

またその時にはキャレットを目で追うようにしましょう。キャレットとはテキスト入力の際に画面に表示される、点滅しているカーソルのことを言います。キャレットを追いながらタイピングすることで三つのメリットがあります。

①誤字や脱字に気づきやすく

②すぐに訂正できる

③目線の移動が抑えられる

このようにブラインドタッチにはいいことばかりです。少しでも画面を見る余裕ができるようにしていきましょう。

次ページ:初心者のためのタイピング練習

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

一目でわかる!iPhone/iPad/Apple Watchの解像度比較

解像度とはディスプレやビットマ …

Facebookでのご購読が便利です