Home / Android / ストレージの空き容量を増やしてスマホ動作を快適に!

ストレージの空き容量を増やしてスマホ動作を快適に!

Pocket

pakuimgl9453_tp_v-2

毎日欠かすこと無く使っているスマートフォンの中には、日々意識して保存したファイル無意識に保存したファイルが次々と溜まり、気が付けば新しい画像等のファイルを保存できなくなっていたり、スマートフォンの動作が著しく重たく(遅く)なることがあります。

パソコンやスマートフォンといったコンピューターは、内蔵ストレージの空き容量が少なくなると、動作が重くなる傾向があります。

そのため、普段は何も問題なく処理できていたことが、いつの間にか不要なファイルや保存しすぎたファイルによってストレージが圧迫されることでうまく機能しないということがあります。

そこで今回は、スマートフォンのストレージ整理の方法と整理の際の注意点について詳しく解説していきます。

データ・ファイルを削除することがストレージ容量を増やすのに一番簡単な方法ですが、データ・ファイルの削除以外の方法も解説していますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

そもそもストレージとは何か?

まずは、ストレージとはそもそもどういったものなのか、ストレージを圧迫すると、スマートフォンの中ではどういったことが起こるのか、またストレージを整理することによって得られる効果について、解説していきます。

ストレージとは保存容量のこと

ストレージとは、直訳で「貯蔵」や「保管」といった意味を表しており、スマートフォン内部や外部の保存容量のことを言います。

AndroidOSやiOSといった、そもそもスマートフォンを動かすために必要なシステムも、このストレージの中に収納されています。そして、インストールしたアプリもこの中に保存されているため、アプリやOSのアップデートがあり、その容量が大きくなると、自然とストレージを圧迫することになります。

ストレージは大きく分けて、内蔵ストレージと外部ストレージの2つに分けられております。

  • 内蔵ストレージ:スマートフォンの内部に設置された保存容量
  • 外部ストレージ:SDカードやクラウドストレージ、別の端末といった、外部にファイルを逃がすことが出来る空き容量や媒体

空き容量が減るとどうなる?

ストレージは、保存されたファイルを保存する時、ファイルを断片化して適当な場所に保存します。そしてファイルを開く時は、ストレージの中に断片化されて保存されたファイルのかけらを拾い集めて、ファイルを再構築して画面上に表示をさせます。

この構造上、ストレージの空き容量が減る、つまりストレージに断片化されて保存されたファイルが多くなると、当然どのファイルなのかを探す時間も多くなります。

この現象により、スマホのストレージの空き容量が減ると、動作が重くなってしまうのです。

ストレージ整理による効果

ストレージを整理すると、当然スマホの動作は軽くなりますが、それだけではありません。

ストレージを整理して、保存しているファイルを必要とする限度に抑えることで、自分がどこに何のファイルを保存したのかが一目瞭然となります。また、ストレージ内部にフォルダを作ることで、ファイルを見失うといったことを防ぐことが出来ます。

ストレージの整理とは、不要だと判断したファイルを削除をするということだけではなく、その先の、もっと使いやすいストレージ環境を自分で作っていくことです。ストレージの整理をすることで、さらなるストレージの整理を行いやすくなるという効果があります。もちろん、スマホの動作も軽くなります。

データ・ファイルの削除方法と注意点

n116_kokubankesitokurina-_tp_v
スマホの内蔵ストレージの空き容量を増やす方法で一番簡単な方法は、データ・ファイルを削除するという方法です。このデータの中には、上記でも解説したように、アプリも含まれます。

以下、アプリデータの削除、画像や動画といったメディアファイルの削除、一時保存ファイルであるキャッシュの削除といった、あらゆるデータの削除方法を、解説していきます。

不要なアプリをアンインストール

まず、スマホが重いと感じたら、使っていないアプリがないかを確認してみましょう。アプリも、ストレージを圧迫する原因の一つです。同じようなアプリを複数インストールしている場合は、どれか一つのアプリに厳選していきましょう。

また、メーカー純正のアプリで全く使っていないアプリがあれば、これもアンインストールを行いましょう。アンインストールを行えないアプリもありますが、使っていないようであれば、アンインストール出来るものはすぐに削除しましょう。

画像、音楽や動画は内臓ストレージ圧迫の主因

画像や動画といったメディアファイルを削除することは、中々思い切りが必要かもしれません。ですが、実はこれらのファイルが一番、内蔵ストレージを圧迫する原因となります。何故なら、一つ一つのファイルデータが巨大であるからです。

画像一枚であれば、大した大きさにはなりません。ですが、動画となると、短いものでも画像より容量が大きくなります。動画というファイルは、一つ一つの写真の連続した組み合わせに、音声ファイルを組み合わせたものであるため、容量は巨大なものになります。

そのため、思い出の写真や動画であれば、どこか外部のストレージにファイルを移動させ、内蔵ストレージからは削除するといったような工夫をしましょう。

キャッシュなどの閲覧データを削除

見落としがちな不要ファイルが、キャッシュや閲覧データです。あまり耳慣れない方も多いかとは思いますが、これはWebページを閲覧する際に蓄積されていくものです。

本来キャッシュとは、一度開いたWebページを次回以降開きやすいようにするために、Webページ内のデータを一時的に保存しておく仕組み及びファイルのことを指します。そして閲覧データとは、わかりやすく表現すると、検索履歴のことを表します。

一度開いたWebページを何度も繰り返し閲覧するようであれば、恐らくブックマークをするなどして、次回以降もスムーズに閲覧できるように工夫をしていることでしょう。

そのためキャッシュや閲覧データは、不要なものの方が多いのです。こうしたデータは、主にブラウザからスマホ本体に蓄積されます。ですので、使っているブラウザアプリから、キャッシュの削除や閲覧データの削除を行いましょう。

データ削除の際の注意点

データやファイルを削除する際の注意点は、やはり必要なファイルやデータまで削除してしまわないようにするという点です。

ストレージ内のデータやファイルの削除を行っていると、つい途中で面倒になり、勢いで不要だと判断してしまいがちですが、必要かどうかについては、冷静に考えましょう。

アプリに関しては、同じアカウントを使っている限りはまたインストールすることが出来ますが、メディアファイルや閲覧データに関しては別です。基本的に、一度削除したデータは戻ってきませんので、冷静にデータの削除を行いましょう。

まとめてデータ削除できる便利アプリ3選

pak85_desk15215645_tp_v

続いて、こうした不要なデータをまとめて削除できるオススメの便利アプリを、3つ取り上げてご紹介します。こうしたアプリのことを、最適化アプリと言います。今回ここでご紹介するもの以外にも、気になるものがあれば、是非試してみて下さい。

CleanMaster

こちらのアプリは、AndroidOSに対応している最適化アプリです。こちらのアプリでは、不要ファイルと呼ばれる、長く使っていないキャッシュファイル等をキレイにまとめて削除してくれます。

さらに、ウイルスを検出する機能や、CPUと呼ばれるスマホの核でもある部分を冷却し、動作をさらに軽くさせることが出来ます。不要なデータをまとめて削除し、さらにAndroidスマホを快適に使いたいのであれば、オススメのアプリです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cleanmaster.mguard&hl=ja

長持ち節電バッテリー 快 -KAI- for iPhone

こちらのアプリは名前の通り、iPhone向けにリリースされている最適化アプリです。こちらのアプリでは、不要なファイルを削除することがもちろん、直近3日間の通信量やアプリの利用状況を確認することが出来ます。

そのため、普段使っていない不要なアプリが一目瞭然となります。

iPhoneをお使いで、動作が重いと感じている方であれば、是非使って頂きたいアプリです。ちなみに、通常は360円という有料アプリなのですが、今なら期間限定で無料インストールを行えますので、早めにインストールされることをオススメします。

PowerClean

最後にご紹介するこちらのアプリは、iPhone向けにもAndroid向けにもどちらでもリリースされている最適化アプリです。

こちらのアプリでは、「ジャンククリーン」という機能で、キャッシュファイルや、アンインストールされずに残ってしまった不要なファイルも、厳選して削除してくれるため、このアプリを利用することでスマホ内蔵ストレージの空き容量が増えます。

さらに、CPUを冷やす機能も付いているので、全てのスマホユーザーにオススメ出来る最適化アプリです。

データ削除以外でストレージ容量を増やす方法3選

スマホの内蔵ストレージの空き容量を確保するには、データを削除する以外の方法もあります。上記でも軽く触れたように、ストレージは内蔵されているもの以外に、SDカードやクラウドストレージといった、外部ストレージを利用する方法があります。

最後に、その方法について解説していきます。

SDカードなどの外部ストレージを活用して容量up!

まずは、SDカードの利用からです。AndroidOSを搭載しているほとんどのスマホでは、microSDカードを挿入できる様になっております。これまでは最大128GBまで対応していましたが、現在では最大256GBのmicroSDカードにまで対応しているスマホも出てきています。

SDカードメーカーによって価格は様々ですが、新しいスマホの利用と同時に購入して使い始めに挿入しておけば、恐らく次のスマホを購入するときまではSDカードに触れること無く、データやファイルをSDカードに逃がすことが出来るでしょう。

USBやHDDにデータを移動

スマホは、実はUSBメモリや外付けHDDにも接続することが出来ます。ただし、利用をするには変換アダプタが必要となりますが、容量の大きいUSBメモリや外付けHDDにファイルを移動することで、スマホのファイルやデータをパソコンで見ることが出来るようになります。

クラウドストレージを活用

最後に、冒頭でも出てきたクラウドストレージの活用について、ご紹介します。

クラウドストレージとは、SDカードやUSBメモリといったような物質的な保存媒体ではなく、インターネット上に設けられた自分専用のストレージのことを言います。有名なものだと、DropboxやiCloudといったクラウドストレージが有名です。SNSと同じように、アカウントを作成することで利用することが出来ます。

大抵の場合、無料で使うことが出来る容量は5GBまでとなっていますが、月々の利用料金を支払うことで、1TB以上の容量を保存することが出来ます。さらにパソコンからもアクセスすることが出来るため、パソコンで保存したファイルも見ることが出来ます。

現在は、こういった物質的な媒体を通さない外部ストレージの利用が、主流となってきております。

まとめ

sayaimgl8064_tp_v
このように、スマホの内蔵ストレージの空き容量を増やす方法は、たくさんあります。

データを削除することも空き容量を確保する方法の一つですが、画像や動画といったメディアファイルに関しては、外部ストレージにファイルを移動して、スマホ内からは削除するといった方法が良いでしょう。

ですが、キャッシュや閲覧データといった不要なファイル・データに関しては、今回オススメしたような最適化アプリを使い、日常的に削除していくことをオススメします。そうすることで、動作が重いと感じていたスマホの動作が、これまでよりももっと軽くなるでしょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

5ddcc5515a0923f56c3109d8e72daf5d_s

ASPとは?導入する4つのメリットと3つの注意点を解説!

ASPという言葉の意味をご存知 …

Facebookでのご購読が便利です