Home / ネットワーク・IT / Wi-fi / SQLサーバーの種類と役割、代表的な製品の特徴

SQLサーバーの種類と役割、代表的な製品の特徴

Pocket

e86c6e29a89421d25d52c929a537edc2_s

SQLサーバーをご存知ですか。Windowsを提供しているMicrosoft社のシステムです。SQLサーバーはどのような役割を担い、どんな種類があるのでしょうか。

ここでは、「SQLサーバーの種類と役割、代表的な製品の特徴」について紹介いたします。SQLサーバーを初めて知る方も、なんとなく知っている方も、興味がある方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.SQLサーバーとは

588621ba531e45353e90416755d2d0f5_s

SQLサーバーとは、Microsoft社のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)のことです。SQLサーバーは、Microsoftが提供しているWindowsで動作をします。SQLサーバー以外にもMicrosoftSQLなどと呼ばれることもあります。

SQLサーバーをインストールすることで、データベースが自動で作成されます。自動作成されるデータベースは、master、tempdb、msdb、modelなどがあります。masterは、SQLサーバーのアカウントや環境設定などのシステムレベルの情報やSQLサーバーを動かすために必要な情報が格納されています。

Tempdbは、SQLサーバーが起動した際に一時的な作業領域として使われるデータベースです。msdbは、SQLサーバーバックアップ履歴やバックアップのスケジュールなどの情報が格納されるデータベースです。modelは、すべてのデータベースのテンプレートになります。これらのデータベースを自動作成し利用しながら、SQLサーバーを利用します。

2.SQLサーバーの種類と製品の特徴

SQLサーバーは、多くの種類があります。Express、Compact、Evaluation、Workgroup、Standard、Enterprise、Datacenter、Web、Developerなどがあります。それぞれで特徴が違います。

例えば、Enterpriseは、中〜大規模向けのエディションで、機能制限は一切受けません。OSの最大容量までCPUやメモリの搭載ができます。Standardは、有償で小〜中規模向けのエディションです。OSがサポートする最大容量まで、メモリの搭載ができます。大規模エディション向けではありませんが、小〜中規模のシステムなどであれば、Standardで問題ありません。

Enterpriseよりも料金は安くなります。WebはWebサイトでのみ使用するエディションで、利用範囲が狭いことやデータ転送・変換・分析などの機能がないこともあり料金が安いのが特徴です。Workgroupは小規模向けのエディションです。

CPUは2個までの搭載など、さまざまな制限があり、機能もサポートされていません。そのため、料金が安いです。Expressは、小規模向けのエディションで、無償で使えMicrosoftのサイトからダウンロードできます。無償で使えることもあり、CPUは1個まで、メモリも1GBまでなど制限が多いです。

無償ということもあり仕方ありませんが、小規模なシステムであれば不自由なく使えます。Developerは、テスト専用エディションです。開発者向けになり、Enterpriseと同じ機能が搭載されています。また、Expressエディションはさらに3つのエディションに分かれます。ExpressとExpress with Management Tools、Express with Advanced Servicesです。

Express with Management Toolsは、ExpressエディションにSQL Server Management Studio Expressを加えたものです。Express with Advanced Servicesは、Express with Management Toolsエディションに、テキスト検索やレポートなどの機能を加えたエディションのことです。

1.SQL Server Expressのインストール方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ゲーム・動画が動かない!Wi-Fiが弱い場合の対処法2つ

自宅等でWi-Fiの電波が弱く …

Facebookでのご購読が便利です