au,softbankなどキャリアによるテザリング方法の違い

LINEで送る
Pocket

外出先でパソコンやWi-Fi仕様のタブレット端末をインターネット接続したい時に便利なのが、スマートフォンを使ったテザリングです。

外出先でいつもインターネット接続する必要がある場合、大量のデータ通信が必要となる場合は、データ通信専用のWi-Fi ルータを利用する方が便利ですが、利用頻度も通信するデータ量もそれほどでなく、外出先でメールを確認したい、メールを送りたい、ちょっとしたWeb検索を行いたいと、そのような時には、テザリングを利用するのが便利で経済的な方法です。

本稿では、意外と知られえていないテザリングという方法、docomo、au、ソフトバンク、または、格安SIMのMVNOの各社を利用する場合、テザリングを使う場合どのようなことに注意すべきかを簡単に紹介します。

スポンサーリンク

大手キャリアのテザリング

テザリングには、Wi-Fiテザリング、USBテザリング、Bluetoothテザリングの3つの方式があります。古い端末機種等では一部対応不可の機種もありますので、お手持ちの機種について、各社のホームページ等で対応するテザリング方式の確認を行っておきましょう。

auの場合

auでは、テザリングを利用するためには、オプションサービスに加入する必要があります。月額利用料は、データ定額サービスのプランによって、無料となるものと有料となるサービスがありますので事前に確認しておく必要があります。

また、期間限定で無料となるキャンペーンも実施されている場合もありますので、これからサービスに加入しようとする場合は、サービス内容は予告なく変更されますので、現在提供されているプラン内容について必ず確認するようにしてください。

ご利用可能なデータ容量を超えた場合は、当月末までの通信速度は送受信時最大128kbpsになります。auをご利用でデータ通信量制限に達してしまった場合は、「データチャージオプション」への加入が必要となります。下記のデータチャージサイトからau IDでログインし、データ容量を購入することで制限を解除することができます。

001_audatacharge01

au データチャージサイト
auのテザリング中は、音声通話が可能ではありますが、VoLTE非対応の機種では、音声発着信が優先されるため音声通話中は、テザリングによるデータ通信は中断されます。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクでもテザリングを利用するためには、データ(パケット)定額サービスへ加入しておく必要があります。月額の利用料は、本原稿執筆段階で500円か1000円となっており、一定期間は無料、プランによっては永年無料となっているプランもあります。しかし、サービス内容は予告なく変更される場合がありますので、加入を検討する場合は、必ず事前に確認するようにしてください。

ご利用のデータ通信量が所定のデータ量を超えた場合は、auと同様に月末まで送受信時最大128kbpsに制限されます。ただし、有料の追加データを申し込むことにより、速度制限を解除することが可能です。申し込みは、「My SoftBank」から申し込むことが可能です。

002_mysoftbank01

My SoftBankのページ

docomoの場合

docomoの場合は、オプションサービスへの加入は不要ですが、「パケ・ホーダイ フラット」などのパケット定額サービスへ加入しておきましょう。iPhoneや以前に発売されていた機種で利用の場合は「spモード」(月額300円)への加入も必要となります。

プランごとのサービス内容、月額利用料については予告なく変更される場合がありますので、ご利用を検討する際は、必ず現在の提供サービス内容、月額使用料を確認するようにしてください。また、ご利用予定の各機種において料金をシミュレーションするサイトもありますので、自分の利用形態に見合ったサービスに加入するようにしてください。

003_docomo_128kbps01

ドコモの月額料金比較検討サイト

各プラン毎に設定されているデータ通信量を超えてしまった場合は、他社と同様に128kbpsの通信制限が適用されます。この制限を解除したい場合は、「128kbps通信解除」の申し込みを行う必要があります。
ドコモ制限解除のお申し込みサイト

MVNO格安SIM各社でのテザリング

格安SIMでは、テザリングが使えないのではないかと心配される方もおります。MVNOが提供する格安SIMでもテザリングは利用できます。ただし、利用するための条件や注意点がありますので、事前にポイントを押さえておきましょう。

既にお手持ちの機種で利用する場合

格安SIMを提供するMVNO各社には、docomo系、au系、ソフトバンク系があります。それぞれの回線提供元通信事業者によって利用の可不可が発生します。新しいSIMフリー端末で利用する場合は問題はほとんどないのですが、大手キャリアで購入した端末をそのまま利用しようとする場合に制限が発生します。例えば、docomo系MVNOでは、auで購入した端末は利用できない、ソフトバンクで購入した端末は、SIMロックを解除する必要がある等の制限があります。

既に所有している端末をご利用の場合は、MVNO各社のホームページでテザリングの対応可否を確認を行うようにしてください。テザリングを開始するための端末の設定方法は、大手キャリアもMVNOでも同じ設定です。ただし、MVNOの場合はデータ通信のためのアプリのインストールが最初に必要となる場合があります。

docomoが販売するAndroid端末は、格安SIMでテザリングが利用できない

docomoで販売しているAndroid端末は、特殊な仕様となっているため、SIMロックが解除されていても、MVNOでは一部の機種を除いてテザリングは使えないことに注意してください。利用するMVNOのホームページで対応機種となっているかを、必ず確認するようにしてください。

Wi-Fi テザリングは、終了したらオフに

スマートフォンでテザリングを行う場合、Wi-Fiテザリングは、複数台のパソコンに対してWi-Fi 電波を提供しインターネット接続を容易にするメリットがあります。しかし、電源消費量も大きいので、インターネット接続が終了した時は、Wi-Fiテザリングも終了するように心がけてください。

iPhoneでは、Wi-Fiのオン/オフを簡単に切り替えるには、コントロールセンターを開き、赤丸のアイコンでWi-Fiをオフにします。

004_iphonectrlcenter

Androidでは、Google Playサイトから「Wi-Fiテザリングスィッチャー」というアプリをダウンロードして利用することで簡単にオン/オフを切り替えることができます。

005_wifi_swicher

利用形態に合ったプランを、追加SIMカードの発行も可能

MVNOでテザリングが利用可能であることが確認できた場合は、自分が使うであろうデータ通信容量に応じて、大容量プラン、家族とのシェアプラン、使い放題プラン、音声通話込みのプランなど、様々なバリエーションが存在しますので、自分の利用形態に合ったプランをアレンジすることができます。

また、データ通信容量は同じまま、追加のSIMカードを発行してくれるサービスもありますので、スマートフォンには音声通話込みのプラン、タブレット端末用にはデータ通信専用のSIMカードを低価格の追加料金で発行してもらう事も可能となります。

まとめ

格安SIMだからこそ自分のニーズに合ったプランを選んだり、サービスを組み合わせたりすることができます。特に、家族や友人でデータ通信をシェアしたい、複数の端末を利用したい。そのような方は、MVNOのプランを利用してテザリングを行うことにより最適な利用方法とすることができます。

スマートフォンで音声通話が多い方は、大手キャリアで通話し放題のプランを利用することをお勧めします。

一番望ましい端末は、純粋なSIMフリー端末です。純粋なSIMフリー端末とは大手キャリアのSIMロックを解除したSIMフリーではなく、買った時の最初からSIMフリーの端末です。例えば、iPhoneであれば、Appleから直接購入したiPhoneがこれにあたります。今は、App Storeでインターネットから購入が可能ですし、割賦販売にも対応しています。

高速でデータ通信を行いたい場合は、キャリアアグリゲーションに対応した端末を使いましょう。iPhone7や最新のAndroid端末では、複数の回線を束ねて利用することにより下りの通信(受信)を高速化する技術が使われています。利用時間帯や場所により効果が出ない場合もありますが高速通信に対応させることがあります。これから端末の購入を考えるのであれば「キャリアアグリゲーション対応」という言葉にも注目してください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です