歴代ドラマの視聴率ランキング

LINEで送る
Pocket

eb2fdb3f5e12dba2584a87826e855753_s

毎クールおもしろいドラマが放送されており、放送翌日には視聴率の話題がネットニュースに流れます。今では20%超えれば非常に高視聴率ドラマとして扱われますが、歴代の高視聴率ドラマはどれくらいの視聴率があったのでしょうか。

ここでは、歴代ドラマの視聴率ランキングと、視聴率の調べ方、基礎知識について、紹介いたします。

スポンサーリンク

1.歴代ドラマの視聴率

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s

ここでは、歴代のドラマのなかで、視聴率の高いランキングを紹介します。

1.視聴率ランキング40

視聴率の最も高いドラマランキング40は下記のとおりです。

  1. 1位:積木くずし 45.3% 1983年 TBS
  2. 2位:水戸黄門 第9部 43.7% 1979年 TBS
  3. 3位:半沢直樹 42.2% 2013年 TBS
  4. 4位:ビューティフルライフ 2000年 41.3% TBS
  5. 5位:熱中時代 40.0% 1979年 日本テレビ
  6. 6位:太陽にほえろ 40.0% 1979年 日本テレビ
  7. 7位:家政婦のミタ 40.0% 2011年 日本テレビ
  8. 8位:3年B組金八先生 第1シリーズ 39.9% 1980年 TBS
  9. 9位:ひとつ屋根の下 37.8% 1993年 フジテレビ
  10. 10位:GOOD LUCK!! 37.6% 2003年 TBS
  11. 11位:赤い激流 37.2% 1977年 TBS
  12. 12位:家なき子 37.2% 1994年 日本テレビ
  13. 13位:HERO 36.8% 2001年 フジテレビ
  14. 14位:江戸を斬る4 36.7% 1979年 TBS
  15. 15位:101回目のプロポーズ 36.7% 1991年 フジテレビ
  16. 16位:ロングバケーション 36.7% 1996年 フジテレビ
  17. 17位:男女7人秋物語 36.6% 1987年 TBS
  18. 18位:GTO 35.7% 1998年 フジテレビ
  19. 19位:ドラマ人間模様 34.8% 1978年 NHK
  20. 20位:3年B組金八先生 第2シリーズ 34.8% 1981年 TBS
  21. 21位:おしん 34.6% 1983年 NHK
  22. 22位:渡る世間は鬼ばかり 34.2% 1997年 TBS
  23. 23位:やまとなでしこ 34.2% 2000年 フジテレビ
  24. 24位:熱中時代(第2期) 34.1% 1980年 日本テレビ
  25. 25位:ひとつ屋根の下2 34.1% 1997年 フジテレビ
  26. 26位:ずっとあなたが好きだった 34.1% 1992年 TBS
  27. 27位:誰にも言えない 33.7% 1993年 TBS
  28. 28位:高校教師 33.0% 1993年 TBS
  29. 29位:愛という名のもとに 32.6% 1992年 フジテレビ
  30. 30位:ラブジェネレーション 32.5% 1997年 フジテレビ
  31. 31位:ごくせん2 32.5% 2005年 日本テレビ
  32. 32位:東京ラブストーリー 32.3% 1991年 フジテレビ
  33. 33位:Gメン75 32.2% 1978年 TBS
  34. 34位:熱中時代・刑事編 32.2% 1979年 日本テレビ
  35. 35位:白い巨塔 32.1% 2003年 フジテレビ
  36. 36位:素顔のままで 31.9% 1992年 フジテレビ
  37. 37位:あすなろ白書 31.9% 1993年 フジテレビ
  38. 38位:男女7人夏物語 31.7% 1986年 TBS
  39. 39位:大岡越前 第5部 31.6% 1978年 TBS
  40. 40位:江戸を斬る5 31.6% 1980年 日本テレビ

2.歴代の視聴率ランキングを調べたい場合

ここでは、ドラマ視聴率を調べる方法について紹介いたします。

1.検索して見つける

歴代ドラマの視聴率ランキングを知りたい場合の方法の1つが、ネットでのキーワード検索です。「歴代 ドラマ 視聴率」など検索をすれば、複数のサイトがヒットします。GoogleでもYahoo!でも、どのブラウザでも検索すればサイトがヒットし、歴代ドラマの視聴率ランキングが確認できます。

2.ビデオリサーチで調べる

ビデオリサーチとは、テレビ視聴率を調査している企業のことで、サイトから視聴率の確認などができます。ビデオリサーチから調べる方法は下記のとおりです。

  1. GoogleやYahoo!で「ビデオリサーチ」と検索をします。
  2. ビデオリサーチのサイトを開き、パソコン画面の右側に表示されている「TV視聴率」をクリックします。
  3. 「視聴率データ」画面が表示されますので、画面左側おメニュー一覧から「過去の視聴率データ」をクリックします。
  4. 「視聴率データ 過去の視聴率データ」画面が表示され、音楽・映画・クイズ・ゲーム・サッカー・マラソン・駅伝・夏季オリンピック・冬季オリンピック・プロボクシング・ゴルフ・プロ野球・芸能・バラエティ・アニメ・ドラマなどのジャンルが表示されますので、ドラマの「ドラマ高世帯視聴率番組」をクリックします。

すると、1977年9月26日以降に放送された番組のなかで、高世帯視聴率のランキング20が確認できます。ドラマのなかで更にジャンル分けされており、一般劇、スリラー・アクション、コメディ、時代劇のランキングが確認できます。

3.視聴率に関する基礎知識

ここでは、視聴率に関する知っておくと便利な基礎知識について、紹介いたします。

1.視聴率には2種類ある

視聴率は世帯視聴率と個人視聴率の2種類あります。一般的に「視聴率」と言われるのは世帯視聴率です。世帯視聴率は、テレビを所有している世帯のうち、どれくらいの世帯がその番組を視聴していたかを示す割合です。個人視聴率とは、対象世帯の4歳以上の家族全員のなかで、誰がどの番組をどれくらい視聴していたかを示す割合です。

個人視聴率に関しては、職業や年齢、性別など、カテゴリー別の調査結果が分かります。また、視聴率は、地上波放送や、CATV、CS放送、BS放送などのテレビ放送をリアルタイムで視聴しているかどうかの割合を示します。パソコンやスマートフォンでの視聴や録画視聴は、視聴率に反映されません。

2.視聴率の調査方法は3つ

視聴率は、世帯視聴率と個人視聴率を同時に調査するピープルメータシステムと、世帯視聴率を調査するオンラインメータシステム、個人視聴率を調査する日記式アンケートの3つの方法で調査します。

ピープルメータシステムは関東地区900世帯、関西と名古屋地区で600世帯、オンラインメータシステムは、24地区で200世帯ずつを対象に調査します。ピープルメータシステムでは、家庭内の最大8台までのテレビを対象とし、チャンネルセンサーを使い視聴している番組を測定し、視聴状況はオンラインで転送・記録されます。

個人視聴率に関しても、視聴の開始・終了時に専用のボタンを押すことで、視聴状況を記録できます。オンラインメータシステムは、家庭内の最大3台までのテレビを対象としたチャンネルセンサーで、視聴状況を記録します。

日記式アンケートに関しては、調査員が調査対象の世帯に調査票が届けられ、1週間毎日5分刻みの視聴状況を記録します。1週間分のデータは後日、調査員が直接回収をします。

3.毎分視聴率

視聴率を集計する際の最小単位は、世帯視聴率も個人視聴率の場合も「毎分視聴率」です。1分単位の視聴率状況を記録し計算します。毎分ごとの視聴率状況が分かるため、「瞬間最高視聴率」も存在します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歴代の高視聴率ドラマは、驚くような数字を出しています。時代背景は違えど、すべて社会現象になったドラマばかりです。気になるドラマがあれば、DVDや動画配信サービスなどを利用し、ぜひ見てみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です