最新のドラマ視聴率ランキングを調べる方法と視聴率の計測方法

LINEで送る
Pocket

2ff3b447297206b824b478ce5a6cffd3_s

よく雑誌やテレビ番組、ネットニュースで「◯◯ドラマ視聴率◯%」など見ることありませんか。視聴率は高い方が多くの人が視聴している番組ということですが、どのようにして計測しているのでしょうか。

また、最新のドラマの視聴率を知りたい場合は、どこを見れば良いのでしょうか。

本記事では、「最新のドラマ視聴率ランキングを調べる方法と視聴率の計測方法」について紹介いたします。視聴率の仕組みと最新のドラマ視聴率ランキングを調べる方法を理解して、より多面的にドラマの人気度を測っていきましょう。

スポンサーリンク

1.最新のドラマ視聴率ランキングを調べる方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-24-2-10-35

出典:https://www.videor.co.jp/

ここでは、最新のドラマ視聴率ランキングを調べる場合の方法について紹介いたします。

1.ビデオリサーチのサイトを確認する

テレビの視聴率を計測しているのは、「ビデオリサーチ」という会社です。2000年以降は、ビデオリサーチ1社で視聴率計測を行っています。そのため、テレビ番組の視聴率を知りたい場合は、ビデオリサーチのサイトを見るのが1番です。最新のドラマ視聴率ランキングを知りたい場合は、下記の方法で探します。

  1. 「ビデオリサーチ ドラマ 視聴率 ランキング」と検索をしましょう。
  2. 開いたサイトに「週間高世帯視聴率番組10(最新)|ビデオリサーチ」が表示されますので、クリックして開きます。
  3. ビデオリサーチのサイト内の「視聴率データ 週間高世帯視聴率番組10」のページが表示されます。
  4. 報道、教育・教養・実用、音楽、ドラマ、アニメ、映画、スポーツ、その他の娯楽番組という8つのジャンルが表示されますので、ドラマを選択します。
  5. 月〜日の最新の週のドラマの番組平均世帯視聴率ランキングが表示されています。

表には、番組名、放送局、放送日、放送開始-分数、番組平均世帯視聴率が記載されています。他のジャンルに関しても同様です。毎週最新視聴率の更新は月〜水曜日が祝日だった場合には、水曜から木曜へと変更になります。尚、関東地区の視聴率になります。

「ビデオリサーチ ドラマ 視聴率 ランキング」と検索しなくても、「ビデオリサーチ」と検索して、ビデオリサーチのサイトから探す方法もあります。

  1. ビデオリサーチと検索してサイトを開きます。
  2. ホームページ内の「TV視聴率」をクリックします。
  3. 視聴率データのページが表示されますので、左側にあるメニュー一覧から「週間高世帯視聴率番組10」をクリックします。
  4. 「視聴率データ 週間高世帯視聴率番組10」ページが表示され、ドラマのジャンルで確認できます。

2.視聴率の計測方法

ここでは、視聴率を計測する際の3つの方法について紹介いたします。

1.ピープルメータシステムによる計測

ピープルメータシステムは、世帯視聴率と個人視聴率を同時に計測する方法です。このシステムで計測されているのは、関東、関西、名古屋築のそれぞれ600世帯です。ピープルメータシステムは、各調査対象の家庭内のテレビを最大8台まで計測をします。

機器のチャンネルセンサーで、テレビ視聴しているチャンネルが計測されます。各個人には視聴の開始時間と終了時間の登録をできるように、PM表示器には、各個人用のボタンがあります。調査対象の家庭で4歳以上の家族全員が計測対象となります。下記は、ピープルメータの計測の流れです。

  1. ①調査対象の家庭で視聴状況の計測・・・計測した視聴データは、インターネットを利用したオンラインメータに転送され記録されます。
  2. ②データ送信・・・オンラインメータに転送・記録されたデータは、専用のデータ通信回線により、データセンサーへ送られます。
  3. ③集計・・・送られてきたデータを元に、世帯視聴率と個人視聴率を集計します。それぞれの視聴率の最小単位は1分となっており、番組別の視聴率や、時間区分視聴率を、世帯単位で表します。
  4. ④集計された視聴率を提供・・・集計してまとめた各視聴率の数字を、テレビ局や広告会社、契約企業などに提供をします。
  5. ⑤印刷・・・視聴率日報として世帯視聴率データは印刷して発行されます。

2.オンラインメータシステムによる計測

ピープルメータシステムが600世帯規模で行われているのに対し、オンラインメータシステムは200世帯規模で行われる計測方法です。オンラインメータシステムの場合は、調査対象世帯の家庭内にある3台までのテレビが計測対象です。それぞれのテレビのチャンネルセンサーに反応して、インターネット回線や電話回線を利用したオンラインメータに視聴状況のデータが転送されて、記録されます。下記は、オンラインメータシステムの計測の流れです。

  1. ①調査対象の家庭で視聴状況の計測・・・最大3台のテレビを対象にチャンネルセンサーから、オンラインメータに視聴状況データの転送がされます。
  2. ②データ送信・・・オンラインメータに転送・記録されたデータは、専用のデータ通信回線により、データセンサーへ送られます。
  3. ③集計・・・送られてきたデータを元に、世帯視聴率と個人視聴率を集計します。それぞれの視聴率の最小単位は1分となっており、番組別の視聴率や、時間区分視聴率を、世帯単位で表します。
  4. ④集計された視聴率を提供・・・集計してまとめた各視聴率の数字を、テレビ局や広告会社、契約企業などに提供をします。
  5. ⑤印刷・・・視聴率日報として世帯視聴率データは印刷して発行されます。

3.日記式アンケートによる計測

調査員により調査票が対象世帯に届けられ、日記式アンケートで個人視聴率を調査する方法です。対象世帯の4歳以上の家族全員が対象となり、5分刻みのテレビの視聴状況を日記式アンケートに記入します。期間は1週間で毎日記入をします。下記は、日記式アンケートによる計測方法の流れです。

  1. ①調査対象の家庭で視聴状況の計測・・・対象世帯の4歳以上の家族全員は、個人単位で日記式アンケートにテレビを見た時間に矢印線を引いていきます。
  2. ②調査票の回収・・・1週間分記入した調査票は、調査員が訪れ直接回収をします。記入漏れがないかどうかはその場でチェックを行います。
  3. ③データ入力・・・調査票に記入された対象世帯各個人の視聴記録を、専用の入力機器を使って入力します。
  4. ④集計・・・専用機器で入力された視聴状況のデータを、データセンターにて1週間分をまとめて計測します。ピープルメータシステムやオンラインメータシステムは、視聴率の最小単位は1分ですが、日記式アンケートによる計測の視聴率の最小単位は5分です。5分毎の視聴率データを元にして、年齢区分別の時間区分視聴率や番組視聴率の集計を行います。
  5. ⑤集計された視聴率を提供・・・ピープルメータシステムやオンラインメータシステムに比べて、日記式アンケートによる計測の場合は、視聴率を契約企業や広告会社、テレビ局などに提供するまでに調査から3〜5週間時間がかかります。
  6. ⑥印刷・・・日記式アンケートによる計測は、テレビ個人視聴状況報告書として、1週間分の個人視聴率データを調査してから4〜5週間後に印刷や発行を行います。翌営業日に視聴率日報として印刷や発行されるピープルメータシステム、オンラインメータシステムに比べると時間がかかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。現在、視聴率はピープルメータシステム、オンラインメータシステム、日記式アンケートの3つの方法で計測されています。これらの方法を元にして集計されたデータをビデオリサーチのサイトや、雑誌やテレビ番組、ネットニュースなどで番組の視聴率として確認することができます。視聴率の調査方法や最新状況に興味がある方は、ぜひビデオリサーチのサイトを見てみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です