フジテレビの人気ドラマの視聴率と不調のうちに終わったドラマの視聴率

LINEで送る
Pocket

0d2cbc04a951f3043b444b327160f703_s
フジテレビと言えば、今も昔も話題性に事欠かないテレビ局です。内容は良くも悪くもですが、ドラマなどにもヒットもあれば不発に終わったものも多数あります。そんな歴代のフジテレビのドラマの中でも特に人気の高かったドラマと、話題を呼びながらも不発に終わってしまったドラマを紹介し、それぞれの放送に関する色々なエピソードを紹介していきましょう。当時の裏事情を知れば、作品に対する見方も少しは変わってくるかもしれませんね。

フジテレビの歴代人気ドラマTOP10

フジテレビの歴代人気ドラマを最高視聴率順で紹介していきます。

第一位 ひとつ屋根の下 1993年 37.8%
第二位 HERO 2001年 36.8%
第三位 101回目のプロポーズ 1991年 36.7%
第三位 ロングバケーション 1996年 36.7%
第五位 GTO 1998年 35.7%
第六位 やまとなでしこ 2000年 34.2%
第七位 ひとつ屋根の下2 1997年 34.1%
第八位 愛という名のもとに 1992年 32.6%
第九位 ラブジェネレーション 1997年 32.5%
第十位 東京ラブストーリー 1991年 32.3%

今では考えられないような高視聴率がずらりと並んでいます。ほぼすべてがインターネットが普及し始める前の1990年代の番組であることにも注目したいです。

歴代人気ドラマの裏エピソード

●ひとつ屋根の下編
・いしだ壱成はこのドラマで少年鑑別所から戻ってくる設定になっていたが、現実でも逮捕されてしまった。
・大路恵美は、当時の思い出は「下ネタ」と語っている。

●HERO編
・主演の木村拓哉は撮影中に台本を読んでいる姿を見られたことが無い。
・激務の中、長いセリフを僅か30分で覚え、しかもNGを出さずに撮影を終わらせた。

●101回目のプロポーズ編
・「僕は死にません!」のセリフの時に、暴走族が邪魔をしそうだったのを武田鉄矢がこの一言で黙らせた。
・浅野温子さんと武田鉄矢さんのことは当時「美女と野獣」と呼ばれていた。

●ロングバケーション編
・最終回は撮影していたシーンとロンドンからの生放送を中継していた。
・最終回のキスシーンは木村拓哉のアドリブだった。

●やまとなでしこ編
・プロデューサーがキラキラにこだわり、何もないところにイルミネーションをつけたり、観覧者を合成したりした。
・東十条という名前は、京浜東北線の「王子駅」の一つ前という事から、王子の一歩手前といういみが込められている。

●愛という名のもとに編
・今では脇役の方が人気が高い(特にチョロ)
・チョロを苛めていた上司役の方が自殺をした。

●ラブジェネレーション編
・木村拓哉が最終回のロケで牡蠣を食べるシーンでは、当たった経験から牡蠣が食べれずにじっと牡蠣を睨みつけていた。
・企画当初は田村正和が出演予定だったが、体調不良で降板し、代役として抜擢されたのが木村拓哉だった。

●東京ラブストーリー編
・有森也実の役柄を嫌う視聴者から事務所に脅迫状が届いた。
・緒方直人が最初完治役として抜擢される予定だったが、もろもろの事情により織田裕二になった。(ほかのキャスティングも最初は違う配役の予定だった)

フジテレビの歴代ドラマワースト10

人気作もあれば不人気となった作品もあります。中にはクール途中で打ち切りという憂き目にあった作品もあり、当時の人気状況が現れているようです。(時代が時代なら受けていたかも)

第一位 HEAT 2015年 3.8%
第二位 家族のうた 2012年 3.9% (途中打ち切り)
第三位 OUR HOUSE 2016年 4.5%
第三位 家族の裏事情 2013年 4.5%
第五位 戦う!書店ガール 2015年 4.7% (途中打ち切り)
第六位 大貧乏 2017年 4.9%
第七位 リスクの神様 2015年 5.0%
第八位 あすなろ三三七拍子 2014年 5.1%
第九位 早子先生、結婚するって本当ですか? 2016年 5.6%
第十位 HOPE~期待ゼロの新入社員~ 2016年 6.1%

ワースト10のドラマの裏話・裏事情

●HEAT編
・EXILEのAKIRAが大根役者だったせいで、低視聴率に落ち込んだ。
・AKIRAが役者として成長していないのが丸わかりなのに、主役に起用されるという謎の力が働いた。

●家族のうた編
・低視聴率に落ち込んだのは、放送済みのドラマの二番煎じだったからという声が高い。
・歴史的低視聴率に、スポーンサーへの補填などの後処理が大変だった。

●OUR HOUSE編
・低視聴率の敗因は、時代錯誤の設定にあった。
・撮影現場ではギスギスした空気が漂い、出演者同士の会話も極端に少なかった。

●戦う!書店ガール編
・視聴率低迷の原因は、脚本の稚拙さにあったと指摘されている。
・途中から方向性が変わり、書店の事情などの内容から恋愛ものに変わっていったことへの批判が多い(最初の題材そのものには、肯定的な見方が多かった)。

●大貧乏編
・第二話で神山智洋が伊藤淳史に頼まれてジャスティスポーズを決めていた(別番組での依頼によるもの)。
・伊藤淳史がキャスティングされたのは身長が低かったからという噂がある(身長が高い小雪とのコンビで印象付けを狙った形)。

●リスクの神様編
・視聴率とは裏腹に、出演者の演技に関しては好評価だった。
・戸田恵梨香のやせすぎを心配する声も多かった。

●あすなろ三三七拍子編
・低視聴率だったが、面白いと評価はあった。
・録画してみていた人は意外と多かったと言われている。

●早子先生、結婚するって本当ですか?編
・低視聴率は熊本地震による放送延期が響いたのではという声もある。
・松下奈緒のウェディング姿を見たくないという視聴者が多かったという噂がある。

●HOPE~期待ゼロの新入社員~編
・主演を務める中島裕翔が、放送前に泥酔騒動を起こしていたことが低視聴率に影響したと言われている。
・期待ゼロで見れば、そこそこの内容だったという意見がある。

テレビ離れと視聴率の変遷にも影響を受けている

2000年を境にして、テレビ視聴率は低迷の一途をたどっています。過去には大きな視聴率をたたき出した人気番組でさえ、思うように数字を取れなくなってきているというのが現実です。1990年前後が最もドラマが人気を博していた時代とも言え、テレビ離れに伴い現在の番組では、昔以上の視聴率を取ることはほぼ不可能な状態になっています。

しかし、これはあくまで放送中に見ている数字というだけであって、録画が普及してきた現在では、録画してみているという数字が含まれていないことにも注目したいです。一説によれば、正規の放送時間帯に見ていない人がかなりいるようで、録画して後で楽しむという人の数字を合わせると、歴代ワーストをたたき出している番組も、それなりの数字になると言います。

不名誉な記録を出してしまったドラマも、評判を見てみるとすべてが不評というわけではないようで、一部には評価が高い番組もありました。このように、昔と今の視聴形態の変化の影響も少なからずあり、歴代のドラマ視聴率を一律で比較するのは、表面的な視聴率だけでは完全に評価できないもの事実です。視聴率だけでなく、視聴者の評価や口コミなどを含めて、ドラマという作品の評価をするように変わってほしいところですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です