Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / 格安SIM / iPhoneのSIMロックを解除する方法とメリットデメリット

iPhoneのSIMロックを解除する方法とメリットデメリット

業者でもSIMロック解除を行うことができます。業者で行うメリットとしては、SIMロック解除義務化前の2015年4月以前のiPhoneでも対象になることです。古いiPhoneを使っている方でもロック解除が可能です。メジャーな方法では、ファクトリーアンロックサービスがあります。

ファクトリーアンロックは、業者が遠隔操作でiPhoneのSIMロック解除をしてくれるサービスです。どのキャリアのiPhoneを使用していても対象となります。しかし、デメリットな点として、料金が高く待ち時間が長いことがあります。

iPhoneのSIMロック解除の場合、1〜2万円は料金がかかります。さらに、申込みをしてロックが解除されるまでに1週間以上待たないといけないこともあります。手元にiPhoneはありますので使えますが、すぐに格安SIMへ乗り換えることが難しいです。

3.自分でSIMロック解除をする

キャリアや業者ではなく、自分でiPhoneのSIMロック解除を行うことも可能です。キャリアによって若干方法は異なります。ソフトバンクの場合は下記のとおりです。

  1. ソフトバンクのホームページなどでiPhoneが対象モデルかを確認します。
  2. MySoftBankを開き、契約確認の手続き一覧を開き、SIMロック解除を開きます。
  3. IMEI番号を入力します。
  4. 番号の入力が終わったら、「解除手続きをする」を選択します。
  5. 乗り換え先の格安SIMなどを差し込みます。
  6. 差し込んだ後は、iPhoneをアクティベートし、ネットワークが確認できれば完了です。

自分でSIMロック解除を行う場合のメリットは、手数料などが発生しないことです。しかし、自分で行う分、慣れていないと抵抗があったり、面倒に感じてしまいます。また、自分で行う場合も基本的に2015年5月以降発売のiPhoneが対象になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「iPhoneのSIMロックを解除する方法とメリットデメリット」について紹介いたしました。これからiPhoneでの格安SIMを検討している方は、上記方法を参考にしてみてください。格安SIMに変更することで、毎月の利用料金がお得になりますので、できる限り早目にロック解除した方が良いかもしれません。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

LINEモバイルの契約手順と申し込み前に確認すべき必須事項

LINEモバイルはSNS関連の …

Facebookでのご購読が便利です。