SIMフリーで利用できるXperiaの端末と特徴

LINEで送る
Pocket

b94114fbad410f03d0cd1a05b63f29b2_s

日本製のスマートフォンのなかでも人気の高いXperia。高性能なスマートフォンとしての認知も高く、多くのファンがいます。ここでは、「SIMフリーで利用できるXperiaの端末と特徴」について紹介いたします。これからXperiaへの機種変更を検討している方や、格安SIMの利用を考えている方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.Xperiaの端末と特徴

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-12-20-10-03

出典:http://www.sonymobile.co.jp/xperia/docomo/so-01j/

ここでは、最新のXperiaの端末と特徴・内容について紹介いたします。

1.XperiaXZ

「XperiaXZ」は、どんな瞬間でも美しい画像が撮影できるように最先端の3つのセンサーが搭載されています。広角24mmの高性能レンズや、有効画素数約2300万画素の高感度イメージセンサー、高速オートフォーカスが可能なレーザーAFセンサーなどがあり、細部まで鮮やかな画像を残せます。

高速オートフォーカスは0.03秒で被写体を捉えるので、撮りたい瞬間を逃しません。4K動画の撮影にも対応しているので、高精細で美しい動画を記録できます。5軸手ブレ補正機能も搭載されているので、近接撮影時でも安心です。フロントカメラも広角レンズで約1320万画素で、自撮りも鮮やかな画像を撮影できます。

また、フロントカメラにはハンドシャッター機能があり、手のひらを向けるだけで自動でシャッターを切れますので、簡単に撮影でき便利です。撮影した写真や動画は、ARエフェクトやクリエイティブエフェクト、サウンドフォト、タイムシフトビデオなどを使い、さまざまな編集が可能です。オーディオに関しても、デジタルノイズキャンセリングやハイレゾに対応しており、繊細な音の変化も感じ取れます。

DSSEE HX機能で、CDなどの音源をハイレゾ相当の音質で楽しむこともできます。バッテリーは2年使っても劣化しにくいように最適化技術が使われており、バッテリーを長持ちさせるために節電レベルを3段階から選択できます。XperiaZ5と比較するとCPUは約2倍、GPUは約1.4倍と高速処理が可能です。

スマートクリーナー機能で、不要なキャッシュなども自動で削除でき、スマートフォンをいつでも軽快に操作できます。指紋認証搭載で最大5パターンの登録ができ、ホーム画面は大きなアイコンとテキストで見やすく操作しやすいデザインです。おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグにも対応していて、防水性能も備わっているので、隙間時間でテレビを視聴したり、買い物に使ったりなど便利に使えます。

2.XperiaX

XperiaXは、約2300万画素のメインカメラと約1320万画素のフロントカメラを搭載しているので、普段から写真や動画の撮影が多い方におすすめのスマートフォンです。先読みオートフォーカス機能で、被写体の動作を予測して自動でフォーカスを合わせるため、動物や乗り物も綺麗に撮影できます。

0.03秒でのオートフォーカス、0.6秒の高速起動、夜景などをクリアに撮れる高感度ISOなど、高性能なカメラが使えます。自然の色合いや繊細な色の違いが再現できるトリルミナスディスプレイで、低解像度の映像などもクリアに再現するX-Reality for mobileが搭載されています。

屋外の日差しの下でも、明るさが自動調節されるので、写真や映像をくっきりと表示できます。バスルームでも安心して使える防水性能なため、雨天時でも使えます。よく行くスポット情報などが自動で登録されるスポットリストなど、Xperia専用アプリも使えます。

ソニー制ブルーレイディスクレコーダーやPlayStation4とも連携させ使えるので、隙間時間もXperiaを使って録画していた気になる動画やゲームを楽しめます。非常にバランスの取れた1台です。

2.SIMフリーのXperiaにおすすめの格安SIM

ここでは、SIMフリーのXperiaにおすすめの格安SIMを紹介します。

1.LINEモバイル

LINEモバイルは、人気アプリがデータ通信量カウントフリーで使用できます。LINEを使ってデータ通信量の残量確認や、問い合わせ、毎月の利用料金の案内、友達へデータ通信量のプレゼントなどできます。毎月の利用料金の1%のLINEポイントが貯まり、貯まったポイントでLINEスタンプなど購入できます。

料金プランは3つあり、LINEフリープランは、月額500円〜で、カウントフリー対象はLINEです。コミュニケーションフリープランは月額1,110円〜で、カウントフリー対象はLINE、Twitter、Facebook、Instagramです。

MUSIC+プランは月額1,810円〜で、カウントフリー対象はLINEMUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagramです。LINEのヘビーユーザーや、普段InstagramやTwitterなどの使用が大半の方におすすめの格安SIMです。

2.楽天モバイル

楽天モバイルは、データSIMは月額525円〜、データSIM(SMSあり)は月額645円〜、通話SIMは月額1,250円〜で利用でき、5分以内の国内通話が何度でもかけ放題できる月額850円の「5分かけ放題」などのサービスもあります。普段から楽天スーパーポイントを貯めたり楽天Edyを使用している方には嬉しい、楽天スーパーポイントが貯まります。

毎月の利用料金に応じてポイントが貯まり、楽天市場での買い物はずっとポイント2倍です。貯まったポイントで買い物したり、楽天Edyに交換したり、毎月の利用料金の支払いに充てたりできます。

3.DMMmobile

DMMmobileは、データSIM月額440円〜、通話SIM月額1,140円〜利用できます。DMM光も契約する場合は、セット割で月額500円割引されます。大容量のSIMをみんなで分け合えるシェアコースがあるため、家族や恋人とシェアして全員の利用料金を安くすることも可能です。

速度制限がかかっても、一定量高速通信ができるバースト機能もあるため、低速通信時も快適です。利用料金に応じてDMMポイントが貯まり、各DMMサービスで使用できます。

4.DTI SIM

DTI SIMは、データSIM月額600円〜、データSIM(SMSあり)月額750円〜、通話SIM月額1,200円〜使えます。他の格安SIMにはないレンタルオプションサービスがあり、毎年新しいスマートフォンを使っていくことも可能です。

レンタルしているスマートフォンを買い取ることや、レンタルを継続することなども選べます。DTI光とセット割などもあり、よりお得に利用できます。人気コンテンツとSIMがセットでお得な料金で使えるコンテンツパックサービスもあります。毎年新しいスマートフォンを使っていきたい方におすすめです。

5.mineo

mineoは、データSIM月額700円〜、通話SIM月額1,310円〜使えます。au回線とドコモ回線の両方に対応していて、好きな回線を選べます。データ通信量を友達にプレゼントしたり、貯めて好きな時に使えるフリータンクサービスや、余ったデータ通信量を家族などでシェアできるサービスなど、データ通信量を無駄にしないサービスが豊富です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「SIMフリーで利用できるXperiaの端末と特徴」について紹介いたしました。Xperiaは高性能な機能が満載で、操作もしやすいスマートフォンです。SIMフリーのXperiaであれば、格安SIMを使い利用料金を安く抑えれます。興味がある方は、検討してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です