SIMフリー化することができる価格の計算方法と安くなる箇所

LINEで送る
Pocket

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s

ドコモ、ソフトバンク、auなどのスマートフォンをSIMロック解除してSIMフリー化するのに、いくらぐらいの料金がかかるのでしょうか。ここでは、「SIMフリー化することができる価格の計算方法と安くなる箇所」について紹介いたします。これからSIMロック解除を検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.SIMフリー化する方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-13-22-36-26

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/

SIMロックを解除してSIMフリー化するための方法は、各キャリアによって異なります。ここでは、キャリアごとのSIMロック解除方法について紹介いたします。

1.ドコモ

ドコモのスマートフォンをSIMロック解除したい場合は、2015年5月以降に発売された機種は、パソコン、電話、ドコモショップにてSIMロック解除の手続きが可能です。2015年4月までに発売された機種に関しては、ドコモショップでの手続きが可能です。

  1. パソコン・・・パソコンから「ドコモオンライン手続き」サイトにアクセスしてSIMロック解除の申込みを行います。ドコモオンライン手続きをする場合にはdアカウントが必要になりますので、アカウントを持っていない方は、dアカウントを先に取得しなければなりません。パソコンの場合は24時間受付が可能で、SIMロック解除手数料も無料です。
  2. 電話・・・電話からSIMロック解除申込みをする場合は2通りあります。ドコモのスマートフォンやガラケーからかける場合は局番なしの「151」へ連絡をします。ドコモ以外のスマートフォンやガラケー、一般電話から連絡する場合は、「ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)」へ連絡をします。それぞれ午前9時〜午後8時までの受付です。電話の場合はSIMロック解除手数料は3,000円かかります。
  3. ドコモショップ・・・ドコモショップでSIMロック解除の手続きをする場合は、最寄りのドコモショップへ行き、スタッフに伝えれば対応してくれます。各店舗の営業時間内でしか受付はできません。ドコモショップの場合は、SIMロック解除手数料は3,000円かかります。ドコモケータイやドコモらくらくホン、ドコモキッズ・ジュニア、データ通信製品などは無料で行えます。

ドコモのスマートフォンなどをSIMフリー化するには最大3,000円かかります。

2.ソフトバンク

ソフトバンクのスマートフォンをSIMロック解除したい場合は、2015年5月以降に発売された機種は、パソコン、ソフトバンクショップにてSIMロック解除の手続きが可能です。2015年4月までに発売された機種はソフトバンクショップにて手続きが必要です。

  1. パソコン・・・パソコンからSIMロック解除手続きをする場合は、MySoftBankへアクセスし申込みを行います。MySoftBankは24時間受付が可能で、SIMロック解除手数料も無料です。
  2. ソフトバンクショップ・・・最寄りのソフトバンクショップでもSIMロック解除手続きが行えます。ソフトバンクショップでの手続きの場合はSIMロック解除手数料が3,000円かかります。

ソフトバンクのスマートフォンやガラケーをSIMフリー化する場合は、最大3,000円必要です。

3.au

auのスマートフォンをSIMロック解除したい場合は、2015年5月以降に発売された機種は、パソコン、auショップにてSIMロック解除の手続きが可能です。2015年4月までに発売された機種はauショップにて手続きが必要です。

  1. パソコン・・・パソコンからSIMロック解除手続きを申込みする場合は「auお客さまサポートサイト」より24時間申込みができます。auお客さまサポートサイトからの申込みの場合は、SIMロック解除手数料は無料です。
  2. auショップ・・・最寄りのauショップでもSIMロック解除手続き申込みが行えます。auショップでの手続きの場合はSIMロック解除手数料が3,000円必要です。

auのスマートフォンやガラケーをSIMフリー化するには、最大3,000円必要です。

2.SIMフリー化に必要な料金と安くなる箇所

ドコモ、ソフトバンク、auのどのキャリアのスマートフォンもSIMフリー化する場合には、最大3,000円必要です(SIMロック解除手数料)。安くするためには、パソコンから申込みをするか、自分でSIMロックを解除するかの方法しかありません。

自分でSIMロック解除する方法は上手くいかなかった場合が余計にお金がかかることがありますので、おすすめはできません。SIMロック解除を申込み手続きする場合は、手数料が無料であるパソコンから手続きを行うようにしましょう。また、SIMフリー化した後は、新しいSIMを差し込まないと使えませんので、格安SIMなどの新しいSIMの料金がかかります。

3.SIMフリー化した後におすすめの格安SIM

ここでは、SIMフリー化した後に使う格安SIMのなかでおすすめを紹介します。

1.DMMmobile

DMMmobileは、データSIM月額440円〜、通話SIM月額1,140円〜利用でき、バースト機能があるため、速度制限にかかった際も、一定量だけ高速通信でインターネットが可能ですので低速通信の遅さを感じにくいです。月間の余ったデータ通信量は翌月へ自動で繰り越せます。

DMM光とセットで利用すると、毎月500円割引されるセット割もあります。高速データ通信量を分け合えるシェアコースもあり、家族でデータ通信量をシェアすることもできます。

2.OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、速度制限の低速通信の場合も一定量高速通信がで読み込めるバースト機能や、インターネットやアプリ利用の際のデータ通信量を節約できるターボ機能などが搭載されています。

データ通信SIM月額900円〜、通話SIM月額1,600円〜利用でき、余ったデータ通信量を翌月へ繰り越せます。国内通話が5分以内何度でも使えるかけ放題が月額850円で使えます。

3.楽天モバイル

楽天モバイルは、データSIM月額525円〜、通話SIM月額1,250円〜利用できる格安SIMです。月額850円で5分以内の国内通話がかけ放題できたり、利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント1円で利用料金の支払いや楽天サービスに使えます。

4.LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEを使ってデータ通信量をプレゼントしたり、利用料金の確認や問い合わせができます。料金プランは3つあり、すべてのプランでLINEがデータ通信量ノーカウントで利用できます。

プランによっては、InstagramやFacebook、Twitter、LINEMUSICなどもデータ通信量ノーカウントで使えます。利用料金に応じてLINEポイントも貯まり、LINEスタンプなどの購入に充てれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「SIMフリー化することができる価格の計算方法と安くなる箇所」について紹介いたしました。SIMフリー化する場合は、概ね3,000円かかりますが、パソコンからの申込み手続きであればSIMロック解除手数料は無料です。

少しでも費用を抑えて、別のことに使った方が良いでしょう。SIMフリー化した後は、自分に合ったサービスや料金プランを提供している格安SIMを利用しましょう。通信料金を大幅に安くできる可能性があります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です