SIMフリーで利用できるガラケー端末とメリット

LINEで送る
Pocket

a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s

スマートフォンだけでなく、ガラケーもSIMフリー端末があり、大手キャリアのSIMではなく格安SIMが使えます。SIMフリーで使えるガラケー端末にはどのようなものがあり、どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、「SIMフリーで利用できるガラケー端末とメリット」について紹介いたします。これから新しいガラケーを検討している方や、スマートフォンと併用してガラケーを使いたい方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.SIMフリーで利用できるガラケー端末

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-13-16-03-08

出典:http://www.sharp.co.jp/products/shn01/

ここでは、SIMフリーで使えるガラケー端末について、紹介いたします。

1.AQUOSケータイSH-N01

AQUOSケータイSH-N01は、レッド、ホワイト、ブラックの3色あり、ワンプッシュで開くクイックオープンが特徴のガラケーです。防水、防塵、耐衝撃なので、落としても壊れにくく、水回りでの使用も安心です。アウトカメラは800万画素で、綺麗な写真が撮影できます。赤外線通信もできるため、画像やアドレス帳のやり取りなども簡単に行えます。

VoLTE対応なのでクリアな通話も楽しめます。スマートフォンのようにタッチキー部分を指でなぞるだけで、画面のポインタを動かせるタッチクルーザーEX対応、画面の文字を拡大し見やすくする拡大鏡機能や、相手の声が聞き取りにくい場合に音圧レベルを高くするでかレシーバー機能など便利機能が搭載されています。シンプルデザインで長く愛用していけます。

2.MUSASHI

MUSASHIは、ガラケーとスマートフォンの良さを組み合わせた2つ折りSIMフリースマートフォンです。ガラケーならではの物理ボタンで、メールの文字入力や操作も簡単にできます。

折りたたみの状態でも厚さ17.6mmとポケットやバッグに収納しやすいサイズです。4インチの大画面液晶なので画像やテキストも大きく見やすい作りになっています。スマートフォンのように画面をタッチして操作することもでき、2つ折りにした状態でも画面を表向きにしてアプリやインターネットを楽しめます。

3.DIGNOケータイ

DIGNOケータイは、耐衝撃、防水、防塵性能なため、水回りやアウトドア、雨天時の使用でも安心です。充電しなくても1週間使える大容量バッテリーで、エコモードを使うことで、電離の消費を抑えることができます。下り最大112.5Mbpsに対応しているため、インターネットもサクサク利用でき高速通信が楽しめます。

高音質通話のVoLTEにも対応しているため、クリアな通話を実現します。800万画素の高画質カメラを搭載していて、高精細な3.4インチ液晶なので、大画面で見やすく鮮やかな画像や動画を楽しめます。待受画面からそのまま文字入力できたり、あらかじめ曜日や時刻を登録しておけば自動でマナーモードを設定できる機能も搭載しています。

LINEも使えるので、キャリアメール以外にもメッセージのやり取りが容易に行えるケータイです。カッパー、ピンク、ホワイト、ブラック、ブルーの5色展開でスタイリッシュでオシャレなデザインのガラケーです。

4.CRESTIA

CRESTIAは、ブラック、ピンク、ネイビー×ゴールド、ホワイト×ゴールド、スパイシーオレンジ、スパイシーグリーン、シャンパンゴールドの7色展開していて、高級感あるデザインです。約500万画素のカメラはオートフォーカスなので、被写体を綺麗に撮影できます。

スマートソニックレシーバー機能を搭載しているため、通話が聞き取りやすく騒音がうるさい場所でも安心して使えます。Bluetoothも搭載しているため、テザリングやスマートフォンとの連携も可能です。耐衝撃、防水、防塵性能なので、アウトドアでも気兼ねなく使用できます。

5.P-smartケータイ

P-smartケータイは、VoLTEとパナソニック独自のプレミアムトーク機能で、相手の音声が聞き取りやすく操作も快適に行えます。ボタンの文字が見やすくなっているため、メールの文字入力もしやすく、知らない相手からの着信や、非通知着信の際にメッセージで着信相手を確認できるあんしんサポートなどもあるため、快適で安心に利用できます。

約500万画素のカメラを搭載していて、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信などにも対応しています。Bluetoothも対応しているのでスマートフォンとの連携も可能です。防水、防塵性能なため水回りでの使用も安心して行えます。

2.SIMフリーで利用するガラケーのメリット

SIMフリーのガラケーを利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。大きなメリットについて紹介いたします。

1.利用料金が安い

ガラケーもスマートフォン同様、SIMフリーの場合は、格安SIMが利用できるため、毎月の利用料金を安く抑えることが可能です。例えばb-mobileであれば、下記のように利用料金が安いうえに無料通話も含まれています。

  1. 音声プランS 月額基本料1,290円 通話料20円/30秒 無料通話分1,300円(最大32.5分)
  2. 音声プランM 月額基本料2,290円 通話料18円/30秒 無料通話分2,700円(最大75分)
  3. プランL 月額基本料3,710円 通話料14円/30秒 無料通話分5,000円(最大178.5分)

大手キャリアでガラケーを使用する場合は、3,000〜4,000円程度はかかる場合があります。しかし、格安SIMを利用すれば、1,000〜2,000円ですみます。

2.スマホと併用でバッテリーが長持ち

インターネットやゲーム利用としてSIMフリースマートフォンを持ち、通話用としてSIMフリーガラケーを持つ場合などは、音声通話をガラケーで行いますので、スマートフォンのバッテリー消費を抑えることができます。また、スマートフォンは通話SIMではなく、データSIMで対応できるようになりますので、スマートフォンの利用料金も安くすることができます。

3.SIMフリーガラケーにおすすめの格安SIM

SIMフリーガラケーの場合は、下記格安SIMがおすすめです。

1.b-mobile

b-mobileは、日本通信が提供するMVNO・格安SIMです。SIMフリーガラケー用の格安SIMとして「携帯電話SIM」を提供しています。料金プランは音声プランS、音声プランM、プランLの3つあり、それぞれのプランに無料通話時間が含まれています。

  1. 音声プランS 月額基本料1,290円 通話料20円/30秒 無料通話分1,300円(最大32.5分)
  2. 音声プランM 月額基本料2,290円 通話料18円/30秒 無料通話分2,700円(最大75分)
  3. プランL 月額基本料3,710円 通話料14円/30秒 無料通話分5,000円(最大178.5分)

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「SIMフリーで利用できるガラケー端末とメリット」について紹介いたしました。SIMフリーのガラケーも多数の端末が販売されています。耐衝撃、防水、防塵性能など、水回りやアウトドアで使用しても問題のない端末ばかりです。

SIMフリーを使用することで、格安SIMが使え、1,000〜2,000円の利用料金で使うことができます。これから、ガラケーの購入や機種変更を検討している方は、格安SIMとの組合わせで、負担を軽く快適に利用していきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です