Home / SIM / SIMフリーで利用できるdocomo回線の特徴とdocomo対応のSIMフリー端末

SIMフリーで利用できるdocomo回線の特徴とdocomo対応のSIMフリー端末

Pocket

5cae5f17e787e5d9af29b87a64cb445b_s

SIMフリーが義務化されたことで、多くの格安SIMが提供され普及しています。ほとんどの格安SIMがdocomo回線を利用していて、安定的な通話やインターネット使用ができています。

ここでは、「SIMフリーで利用できるdocomo回線の特徴とdocomo対応のSIMフリー端末」について紹介いたします。これからMNPでの乗り換えなどを検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.SIMフリーで利用できるdocomo回線の特徴

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-08-16-48-02

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/

ここでは、docomo回線を利用した格安SIMの特徴や内容について紹介いたします。

1.docomo回線の格安SIMが1番多い

格安SIMを提供するMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)は、大手キャリアのように自社でネットワーク基地局を建設し、ユーザーへ提供するのではなく、大手キャリアのネットワークの一部を借りて提供しています。

そのためMVNOは、docomo、SoftBank、auの回線を使用しています。楽天モバイル、FREETEL、LINEモバイル、BIGLOBE SIM、DTI SIM、DMMmobile、mineoなど、ほとんどのMVNOがdocomoのネットワーク回線です。

2.LINEモバイル

LINEモバイルは、利用料金に応じてLINEポイントが貯まり、ポイントでLINEスタンプなどを購入できます。LINEを使って友達へデータ通信量のプレゼントや、毎月の利用料金の案内、問い合わせなどを行えるのでとても手軽です。

料金プランは3つあり、すべてのプランがLINEのデータ通信量ノーカウントで使い放題できます。LINEフリープランでは、月額500円でLINEが使い放題でき、月間通信データ容量は1GBです。コミュニケーションフリープランは、月間データ容量3GB、5GB、7GB、10GBから選べ、月額1,110円〜で、LINE以外にも、Twitter、Facebook、Instagramがデータ通信量ノーカウントで使い放題できます。

MUSIC+プランは、月間データ容量3GB、5GB、7GB、10GBから選べ、月額1,810円〜で、LINE、Twitter、Facebook、Instagramに加え、LINEMUSICがデータ通信量ノーカウントで使えます。ノーカウントになるアプリをよく利用する方におすすめの格安SIMです。

3.FREETEL

FREETELは、スマートフォン本体+データ通信+5分かけ放題のセットが月額1,590円〜(1年目)使えるリーズナブルな料金が魅力の格安SIMです。料金プランは1GB499円〜定額プランと、299円〜使った分だけ安心プランの2つあります。

壊れていても新モデルに機種変更できる「とりかえ〜る」や、LINE、Instagram、Messenger、ポケモンGO、WeChat、WhatsApp、Facebook、Twitterなどの人気アプリがデータ通信量ノーカウントで使えるサービスなどもあり人気です。5分かけ放題は月額840円で利用できます。各SNSアプリを利用することが多い方におすすめの格安SIMです。

4.楽天モバイル

楽天モバイルは、月額基本料+スマートフォン本体+5分かけ放題で月額1,880円〜(1年目)とリーズナブルな料金でスマートフォン本体も購入できます。国内通話が5分以内で何度でもかけ放題できる「5分かけ放題」は月額850円で利用できます。余ったデータ通信量は翌月へ自動繰り越しされますので、使い切れなかったとしても安心です。

毎月の利用料金に応じて、楽天スーパーポイントが貯まります。貯まった楽天スーパーポイントは、楽天トラベルや楽天市場などの楽天グループの各サービスで使用できますし、楽天モバイルの利用料金の支払いにも充てれます。

通話SIM月額1,250円〜、050データSIM(SMSあり)月額645円〜、データSIM(SMSなし)月額525円〜使えます。インターネット販売だけでなく、地域によっては実店舗も展開しています。

5.DMMmobile

DMMmobileは、データSIM月額440円〜、通話SIM月額1,140円〜で使え、DMM光とDMMmobileをセットで利用する場合は、DMM光の月額料金が毎月500円割引されます。8〜20GBのデータ通信量を友達や恋人、家族と分けれるシェアコースもあり、全員の利用料金を安くできます。

速度制限にかかった際に、はじめの一定量のみ高速通信できるバースト機能もあります。利用料金に応じてDMMポイントが貯まり、貯まったポイントは、ゲームや動画、レンタル、通販などDMMの各サービスで使用できます。

6.DTI SIM

DTI SIMは、スマートフォン本体をレンタルできる「スマホレンタルオプション」サービスがあります。新しいスマートフォンをレンタルできるため、毎年新しいiPhoneやAndroidスマートフォンを使えます。レンタルし一定期間経過すると、新しい機種へ変更するか、使っている機種を買い取るか、もう1年レンタルするかを選べます。

DTI光とのセット割などもあり、お得に利用できます。利用に応じてポイントが貯まったり、余ったデータ通信量を翌月へ繰り越したりなどのサービスもあります。レンタルオプションがあるので、毎年新しいiPhoneやスマートフォンを使いたい方におすすめの格安SIMです。

2.docomo対応のSIMフリー端末

ここでは、docomo対応のSIMフリー端末について、特に新しいスマートフォンについて紹介いたします。

1.Xperia XZ SO-01J

「Xperia XZ SO-01J」は、2016年11月にdocomoから発売されたモデルです。3つの最先端カメラセンサーが搭載されており、高速オートフォーカスで暗所でも自然な色合いの撮影が可能です。

5軸手ブレ補正で4K動画にも対応しています。最新の高速CPUを搭載し、サクサク軽快に操作できます。高音質のハイレゾに対応し、バッテリーも2年使っても劣化しにくい作りです。アウトカメラは約2300万画素、インカメラは約1320万画素と、常に美しい画像や動画を撮りたい方におすすめの1台です。

2.arrowsNX

arrowsNXは、docomoより2016年12月に発売されたモデルです。最も厳しい落下試験をクリアしていて、画面割れに強いスマートフォンです。防水、耐衝撃、耐日射、防塵、耐振動など14項目に準拠しているため、アウトドアでも安心して使用できます。

画面を見るだけでロックが解除されたり、各サイトへログイン・アクセスできる進化した虹彩認証や、長時間バッテリー、高音質なONKYO監修のサウンド、スーパークリアモード・ブルーライトカットモードで目にも優しい1台になっています。3色展開で非常にバランスの取れたスマートフォンです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「SIMフリーで利用できるdocomo回線の特徴とdocomo対応のSIMフリー端末」についてご紹介いたしました。docomo回線を利用しているMVNO・格安SIMはとても多く、何れも安定したネットワークを提供しています。定期的にSIMフリーの新しい端末が発売されていますので、ぜひショップや家電量販店などで手に取って確かめてみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

f86ba1ba86c36740fcf8ef6b49d80389_s

simカードの購入場所と各カードの比較

携帯電話やスマートフォンに差し …

Facebookでのご購読が便利です