Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / 格安SIM / SIMフリーで利用できるau回線の特徴とau対応のSIMフリー端末

SIMフリーで利用できるau回線の特徴とau対応のSIMフリー端末

Pocket

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

MVNO・格安SIMが普及するなかで、複数の業者がau回線を使ってユーザーへ提供しています。ここでは、「SIMフリーで利用できるau回線の特徴とau対応のSIMフリー端末」について紹介いたします。これから、格安SIMへの乗り換えを検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.SIMフリーで利用できるau回線の特徴

 

ここでは、SIMフリースマートフォンで利用できるau回線の格安SIMの特徴や内容について、紹介いたします。

1.SIMフリーで利用できるau回線の格安SIMは5社

SIMフリーのスマートフォンを使って、大手キャリアから格安SIMへ乗り換える場合、auのネットワーク回線を使えるのは5社です。格安SIMを提供しているMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)は、auやdocomoなど、大手キャリアのネットワーク回線の一部を借りて、ユーザーへ提供を行っています。

自社でネットワーク基地局の建設や維持を行わないため、大手キャリアほどのコストがかからず、毎月の利用料金を安くできるのです。現在、au回線を使える格安SIMは、UQmobile、mineo、IIJmio、Fiimo、J:COMMOBILEです。

2.UQmobile

UQcommunicationsが運営するUQmobileは、月額1,980円のぴったりプラン、月額2,980円のたっぷりプランなど、無料通話込みのお得なプランがあります。データ高速プランは月額980円、データ高速+音声通話プランは月額1,680円、データ無制限プランは月額1,980円、データ無制限+音声通話プランは月額2,680円もあります。

UQmobileはさまざまな調査会社の測定で高い通信速度を出しており、安定した音声通話と高速インターネットを楽しめます。UQmobileのキャリアメールも使えるため、LINEなどを使えない方でも安心です。

3.mineo

mineoは、au回線とdocomo回線の両方から好きな方を選べます。mineoはデータ通信量に関するサービスが豊富で、「パケットギフト」では友達に余ったデータ通信量をプレゼントできます。「フリータンク」では、みんなでデータ通信量を貯めて好きな時に使えます。

繰り越したデータ通信量を家族や友達、恋人とシェアできる「パケットシェア」などがあります。余ったデータ通信量を毎月有効活用できますので、無駄なく使用でき、自分だけでなく周りの人の利用料金も安くできます。au回線とdocomo回線の各料金は下記のとおりです。

au回線 利用料金

  1. 500MB データSIM700円 通話SIM1,310円
  2. 1GB データSIM800円 通話SIM1,410円
  3. 3GB データSIM900円 通話SIM1,510円
  4. 5GB データSIM1,580円 通話SIM2,190円
  5. 10GB データSIM2,520円 通話SIM3,130円

docomo回線 利用料金

  1. 500MB データSIM700円 通話SIM1,400円
  2. 1GB データSIM800円 通話SIM1,500円
  3. 3GB データSIM900円 通話SIM1,600円
  4. 5GB データSIM1,580円 通話SIM2,280円
  5. 10GB データSIM2,520円 通話SIM3,220円

4. IIJmio

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

安価で通信し放題!無制限simのメリット・デメリット2つ

docomoやauなどの大手通 …

Facebookでのご購読が便利です