SIMカードとは何のこと?SIMカードの基礎知識と役割

LINEで送る
Pocket

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

SIMカードは何のためにあるかご存知でしょか。SIMカードがあることで、スマートフォンで通話やインターネットが不自由なく使えます。ここでは、「SIMカードとは何のこと?SIMカードの基礎知識と役割」について、紹介いたします。

スポンサーリンク

1.SIMカードの基礎知識と役割

8cb4eaf104821b14e3a7b36a5c846f91_s

ここでは、SIMカードの基本的な知識について紹介いたします。

1.SIMカードとは

SIMカードは、Subscriber Identity Module Cardの略です。スマートフォンなどのデバイスに差し込むことで、音声通話やインターネットが使えるようになります。SIMカードは加入者識別モジュールという意味を持ち、契約者の電話番号などの情報が入っています。
SIMカードが入っていなくてもオフラインで使えるアプリなどは使えますし、wi-fiネットワークであればインターネットも利用できます。

しかし、音声通話やwi-fiを使わずにインターネットを利用する場合は、SIMカードが必要です。ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアのSIMカードではなく、MVNOが提供している格安SIMカードをスマートフォンに差し込むと利用料金が安くなります。SIMロックの機種はSIMカードを変えることができませんが、SIMフリーのスマートフォン機種は、好きなSIMカードを使えます。

2.SIMカードは3サイズ

SIMカードは標準SIMとmicroSIMとnanoSIMの3つのサイズがあります。スマートフォンやタブレットなど、デバイスによって対応しているSIMカードのサイズが異なります。最近のiPhoneやiPadはnanoSIMに対応していて、iPhone4SなどはmicroSIM、初期のiPhoneは標準SIMなど、シリーズによっても対応SIMカードが違います。

3.格安SIM

格安SIMとは、ドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアではなく、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)と言われる事業者が提供する格安料金で使えるSIMカードのことです。格安SIMを使えば、月々の利用料金が1,000〜2,000円程度に抑えることができます。

格安SIMは、「通話SIM」「データSIM(SMS付)」「データSIM(SMSなし)」の大きく3つに分けられます。通話SIMを使えば音声通話もインターネットも利用でき電話番号も変わらず使えます。データSIM(SMS付)の場合は、080〜、090〜の電話番号は使えず、050〜の電話番号の音声通話であれば利用でき、インターネットも使えます。データSIM(SMSなし)の場合は、音声通話は使えませんがインターネット利用ができます。

利用料金は、通話SIM>データSIM(SMS付)>データSIMが一般的です。格安SIMが安い理由としては、提供しているMVNOが、独自にネットワーク基地を建設するのではなく、ドコモやソフトバンク、auのネットワークを一部借りてユーザーに提供しているので、コストがかからないため利用料金が安くなっています。

4.SIMカードを変えると使えなくなるサービスがある

SIMカードを変えることはサービスを提供する事業者を変更することになるため、それまで使っていたサービスが使えなくなります。例えば、ドコモのSIMカードでスマートフォンを使っている場合は、@docomo.ne.jpのキャリアメールが使えます。格安SIMへ変えた場合は、ドコモのキャリアメールが使えなくなります。ソフトバンクやauも同様です。SIMカード提供事業者独自のサービスはすべて使えなくなります。

5.MVNO

MVNOは、格安SIMを提供する事業者のことを指します。国内には多くのMVNOがあり、各社独自の料金プランやサービスを提供しています。Y!mobileはソフトバンク、UQmobileはauのネットワークを利用していて、他のMVNOはドコモのネットワークを利用しています。楽天モバイルやLINEモバイル、DMMmobile、UQmobile、OCNモバイル、イオンモバイル、FREETELなど、多くの事業者が存在します。

6.格安SIMは通信速度が遅い

ドコモ、ソフトバンク、auに比べると格安SIMは通信速度が遅いです。混雑時間帯はネットワークに繋がりにくい場合もあります。利用料金が安いので仕方がありませんが、常に速い通信速度を求めるのであれば大手キャリアの方が良いですが、大きなストレスを感じるような遅さではありません。

7.格安SIMは利用料金が大手キャリアの半額以下

大手キャリアの場合、毎月の利用料金は安くても5,000〜6,000円はかかります。しかし、格安SIMを利用すれば、毎月の利用料金は1,000〜2,000円程度まで下げることが可能です。データ容量の小さいプランなどの場合は、月額1,000円以下も可能です。

2.おすすめの格安SIM事業者

ここでは、おすすめの格安SIM事業者を紹介いたします。

1.DMMmobile

DMMmobileは、家族や恋人、友人など誰とでもデータ通信量を分け合えるシェアコースや、通信速度制限がかかった場合にも一定量だけ高速通信で読み込みが行えるバースト機能などがあります。自宅でDMM光を使う場合は、DMMmobileとのセットで毎月DMM光の月額料金あ500円割引になります。データSIM440円〜、通話SIM1,140円〜利用できます。

2.UQmobile

WiMAXで有名なUQCommunicationsが運営しているUQmobileは、最大2GBと90分の無料通話が使える月額1,980円のぴったりプラン、最大6GBと180分の無料通話が使える月額2,980円のたっぷりプランがあります。節約モードもあり、データ通信量の消費を抑えることもできます。UQmobile独自のメールアドレス(@uqmobile.jp)もあり、iPhoneの販売も行っています。

3.FREETEL

FREETELは、月々299円〜利用できるリーズナブルな料金が特徴の格安SIMです。定額プランと使った分だけ料金を支払うプランがあります。さらに、LINEやInstagram、Facebook、PokemonGO、Twitterなどの人気SNSアプリがデータ通信量ノーカウントで使い放題できます。壊れたスマートフォンでも新しい機種に変更できるサービスなどもあります。使い方によっては、非常に安い料金で使用できます。

4.mineo

mineoは、ドコモとauの好きな回線を選んで使えるマルチキャリア対応の格安SIMです。家族や友達、恋人とデータ通信量をシェアやプレゼントもできたり、そのまま翌月に繰り越すこともできます。その他にも、通信量を1箇所にまとめ、いつでも足したり貰ったりできるフリーランクサービスなどもあり、毎月無駄なくデータ通信量を使えます。ドコモ回線とau回線のどちらを使うかで利用料金が異なります。

5.LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEのヘビーユーザー向けの格安SIMです。データ通信量を気にせずLINEを使い放題できます。プランによっては、InstagramやFacebook、Twitter、LINEMUSICも使い放題できます。毎月の利用料金に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントでLINEスタンプなども購入できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「SIMカードとは何のこと?SIMカードの基礎知識と役割」について紹介いたしました。SIMカードを変えるだけで、毎月の利用料金を安くすませることも可能です。格安SIMに興味がある方は、ぜひご自身でもMVNOのホームページなど覗いてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です