SIMカードの選び方とおすすめSIMカード一覧

LINEで送る
Pocket

iphone

格安SIMの普及により、注目されているSIMカード。1度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ここでは、「SIMカードの選び方とおすすめSIMカード一覧」について紹介いたします。これから格安SIMなどへの乗り換えを検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.SIMカードの選び方

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-04-17-22-39

出典:https://mobile.line.me/

ここでは、SIMカードを選ぶ際のポイントについて紹介いたします。

1.種類

スマートフォンの格安SIMカードは、通話SIM、データSIM(SMS付)、データSIM(SMSなし)の3種類に分かれます。通話SIMは音声通話もインターネット利用もでき、乗り換えの場合もMNPで電話番号はそのまま使えます。データSIM(SMS付)は、090〜、080〜の電話番号は使えませんが、050〜の電話番号を持つことができます。

インターネット利用は問題なく使えます。データSIM(SMSなし)は、インターネット利用のみとなり、音声通話は使えません。その代わり料金が非常に安いです。

2.サイズ

SIMカードのサイズは3種類あります。標準SIM、microSIM、nanoSIMの3つです。どの業者のSIMカードも形状はまったく同じで、サイズだけが異なります。スマートフォンやフューチャーフォンによって、対応しているSIMカードのサイズが違うため、新しくSIMカードを差し込みたいスマートフォンの対応SIMサイズを確認したうえで、SIMカードを購入する必要があります。

例えばiPhoneやiPadでもシリーズによって対応しているSIMカードのサイズが異なります。

  1. iPhone5以降 nanoSIM
  2. iPhone4/4S microSIM
  3. iPhone/3G/3GS 標準SIM
  4. iPadAir2/Air nanoSIM
  5. iPadmini3/2/mini nanoSIM
  6. iPadRetina microSIM
  7. iPad(第3世代) microSIM
  8. iPad2 microSIM
  9. iPad(第1世代) microSIM

3.データ通信量

毎月使用しているデータ通信量を元にSIMカードを選ぶことも大切です。格安SIMを提供しているMVNOでは、さまざまなデータ通信量プランがあります。1GBや3GB、5GB、7GB、10GB、20GB、30GBなど、通信量の利用状況に合わせて適切なプランを選べます。

データ通信量が増えるほど毎月の通信料金は高くなりますので、最適な通信量のプランを選ぶことで、通信料金の無駄をなくせます。事業者によっては、使いきれなかったデータ通信量を翌月に繰り越せますので、あまり使わなかった月も安心です。

4.提供事業者

格安SIMカードを提供している事業者のことをMVNOと言います。Mobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では仮想移動体通信事業者と言います。国内には多くのMVNOがあり、各社提供しているプランやサービス内容が異なります。

  1. LINEモバイル
  2. UQmobile
  3. Mineo
  4. FREETEL
  5. U-mobile
  6. 楽天モバイル
  7. イオンモバイル
  8. Y!mobile
  9. OCNモバイル
  10. DMM mobile
  11. BIGLOBE SIMなど

上記以外にも多くのMVNOがありますので、自身に合ったプランを提供しているところを選ぶと良いでしょう。

2.おすすめ格安SIM一覧

ここでは、おすすめ格安SIMと提供事業者を紹介します。

1.LINEモバイル

LINEモバイルの提供する格安SIMは、データ通信量カウントフリーの対象サービスがあり、LINEが使い放題なのが特徴です。料金プランは3つあり、月額500円〜「LINEフリープラン」ではLINEがカウントフリーで、どれだけLINEを使ってもデータ通信量は減りません。

月額1,110円〜「コミュニケーションフリープラン」は、LINE以外にも、TwitterやFacebook、Instagramがカウントフリー対象です。月額1,810円〜「MUSIC+プラン」では、コミュニケーションフリープランで使えるSNSアプリに加えてLINEMUSICが使い放題で利用できます。

残ったデータ通信量を友達へプレゼントしたりもできます。利用料金の1%分のLINEポイントが毎月貯まり、貯まったポイントでLINE内コンテンツやLINEスタンプの購入もできます。

2.DMMmobile

DMMが運営しているDMMmobileは、バースト機能があるため、通信速度制限がかかった場合でも、インターネット接続時の始めの一定量だけ高速通信で接続してくれますので、遅く感じることがありません。

余ったデータ通信量は翌月へ繰り越せますので無駄なく利用できます。DMMmobileとDMM光のセット利用で、毎月500円割引されるサービスもあります。最大3枚のSIMカードで高速データ通信量を分け合えるシェアコースもあり、家族などで一緒にシェアすることも可能です。

利用料金

  1. ライト データSIM440円 通話SIM1,140円
  2. 1GB データSIM480円 通話SIM1,260円
  3. 2GB データSIM770円 通話SIM1,380円
  4. 3GB データSIM850円 通話SIM1,500円
  5. 5GB データSIM1,210円 通話SIM1,910円
  6. 7GB データSIM1,860円 通話SIM2,560円
  7. 8GB データSIM1,980円 通話SIM2,680円
  8. 10GB データSIM2,190円 通話SIM2,890円
  9. 15GB データSIM3,280円 通話SIM3,980円
  10. 20GB データSIM3,980円 通話SIM4,680円

3.OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、データ通信SIMが月額900円〜、通話SIMが月額1,600円〜利用できます。余ったデータ通信量は翌月に繰り越せ、月1回コース変更も可能ですので、最適なプランが利用ができます。

ターボ機能ではアプリやインターネットの通信量消費を節約でき、バースト機能では通信速度制限にかかった場合でも最初のデータ読み込みを高速でできるため、速度制限のストレスを感じません。月額850円で国内通話が5分まで何度も使い放題など、リーズナブルな料金で使えます。

音声対応SIM月額基本料

  1. 1日110MB 1,600円
  2. 1日170MB 2,080円
  3. 月3GB 1,800円
  4. 月5GB 2,150円
  5. 月10GB 3,000円

データ通信専用SIM月額基本料

  1. 1日110MB 900円
  2. 1日170MB 1,380円
  3. 月3GB 1,100円
  4. 月5GB 1,450円
  5. 月10GB 2,300円

4.DTI SIM

DTI SIMはスマホをレンタルできるオプションがあり、新しくスマートフォンを購入しなくてもレンタルすることができ、一定期間後は、別の新しい機種をレンタルするか、使っている機種を買い取るか、同じ機種をもう1年レンタルするかを選べます。余ったデータ通信量は翌月に繰り越せ、毎月の利用に応じてポイントも貯まり、貯まったポイントでショッピングなどもできます。

データプラン

  1. 1GB 600円
  2. 5GB 1,220円
  3. 10GB 2,100円

データSMSプラン

  1. 1GB 750円
  2. 5GB 1,370円
  3. 10GB 2,250円

音声プラン

  1. 1GB 1,200円
  2. 5GB 1,920円
  3. 10GB 2,800円

5.楽天モバイル

楽天モバイルは、5分以内の国内通話がかけ放題で使えるオプションや、利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まるのが特徴です。貯まったポイントは、楽天市場の買い物や利用料金の支払いに使えます。スマートフォン本体と月額基本料と5分かけ放題が月額1,880円〜(1年目)とお得に使えるセットも魅力的です。

データSIM(SMSなし)

  1. ベーシックプラン 525円
  2. 3.1GBプラン 900円
  3. 5GBプラン 1,450円
  4. 10GBプラン 2,260円
  5. 20GBプラン 4,050円
  6. 30GBプラン 5,450円

050データSIM(SMSあり)

  1. ベーシックプラン 645円
  2. 3.1GBプラン 1,020円
  3. 5GBプラン 1,570円
  4. 10GBプラン 2,380円
  5. 20GBプラン 4,170円
  6. 30GBプラン 5,520円

通話SIM

  1. ベーシックプラン 1,250円
  2. 3.1GBプラン 1,600円
  3. 5GBプラン 2,150円
  4. 10GBプラン 2,960円
  5. 20GBプラン 4,750円
  6. 30GBプラン 6,150円

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「SIMカードの選び方とおすすめSIMカード一覧」について紹介いたしました。SIMカードを選ぶ際は、紹介したポイントで自分に適したSIMを選ぶようにしましょう。多くのSIMと事業者がありますので、興味がある方は、ぜひ調べてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です