SIMカードの比較基準と人気SIMカードの比較

LINEで送る
Pocket

1c90c98f64e536292ab8c1819f9c178f_s

SIMカードを提供している事業者は多数あり、それぞれで特徴が異なります。ここでは、「SIMカードの比較基準と人気SIMカードの比較」について紹介いたします。これから、格安SIMを検討している方や、選び方が分からない方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.SIMカードの比較基準

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

ここでは、SIMカードを選ぶ際のポイントや比較基準を紹介します。

1.料金

各SIMカードによって料金プランが異なります。提供しているMVNOによっては、1G◯◯円、3G◯◯円と定額制の場合もあれば、使ったデータ通信量に合わせて料金が決まる場合もあります。また、通話SIM、データSIM(SMSあり)、データSIM(SMSなし)によって同じデータ通信量でも利用料金が違います。

ドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアが安くても5,000〜6,000円の利用料金がかかるなか、格安SIMの場合は1,000〜2,000円程度まで安くなります。そのなかでも各SIMによって料金が異なりますので、予算に合った料金を選ばなければなりません。

2.ポイントなどのサービス

MVNOの格安SIMによってサービス内容が異なります。自身に合ったサービスがあるかを基準に選ぶようにすると良いです。例えば、楽天モバイルは、利用料金に応じて楽天スーパーポイントが貯まり、貯まったポイントは楽天市場での買い物や、毎月の利用料金にも使用できます。

LINEモバイルもLINEポイントが貯まり、貯まったポイントでLINEスタンプなどLINE内コンテンツの購入に使えます。他にも、DMMポイントなど、オリジナルサービスを提供しているMVNOも多いですので、普段使うサービスに活かせるものや、自分にあったサービスを提供している格安SIMを選ぶと良いでしょう。

3.かけ放題オプション

MVNOによっては、かけ放題オプションがあります。楽天モバイルの月額850円で5分以内の国内通話が何度でもかけ放題など、多くの事業者で通話定額のかけ放題プランを提供しています。通話SIMを利用する場合で、普段音声通話が多い方は、最適な通話定額プランを選ぶようにしましょう。

4.データ通信量

データ通信量は、各格安SIMで提供しているプランが異なります。また、余ったデータ通信量を翌月に繰り越せる事業者もあれば、家族や恋人、友人とシェアできる事業者もあります。例えば、mineoでは、友達にデータ通信量をプレゼントしたり、シェアできたり、みんなでデータ通信量を貯めて使ったり分けたりすることができます。

事業者によって最大のデータ通信量も違い、FREETELは50GBまで提供していたり、楽天モバイルは30GBまで提供していたりします。ゲーム、動画、仕事など大容量のデータ通信量を使う方にも対応していますので、通信量で選ぶこともできます。

2.人気SIMカードの比較

ここでは、人気のおすすめ格安SIMを紹介いたします。

1.DMMmobile

DMMmobileは、バースト機能があり、通信速度制限がかかった場合でも、インターネット接続時にはじめての一定量だけ高速通信接続ができますので、通信が遅く感じません。余ったデータ通信量は翌月へ繰り越せますし、家族でシェアすることもできます。DMMmobileとDMM光のセット利用で毎月500円割引されるサービスなどもあります。データSIM440円〜、通話SIM1,140円〜です。

2.OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、ターボ機能があり、アプリやインターネットの通信量消費を節約できます。さらにバースト機能があるため、通信速度制限の場合でも最初のデータ読み込みを高速でで行えます。データ通信SIM月額900円〜、通話SIM月額1,600円〜利用でき、当月に余ったデータ通信量は翌月に繰り越せますしので無駄なく使えます。月額850円で5分間国内通話が何度もかけ放題できるオプションもあります。

3.楽天モバイル

利用料金100円毎に楽天スーパーポイントが貯まり、楽天市場などのサービスやスマートフォンの毎月の利用料金の支払いに充てれるオリジナルサービスを提供している楽天モバイル。楽天モバイル契約期間中は、ずっと楽天市場でのポイントが2倍貯まります。

契約初月は基本料無料で使えたり、月額850円で5分以内の国内通話が何度でもかけ放題で使える「5分かけ放題」なども利用できます。通話SIM1,250円〜、050データSIM(SMSあり)645円〜、データSIM(SMSなし)525円〜で使え、月額基本料+スマホ本体+5分かけ放題で1,880円〜(1年目)などのセットプランもあります。

余ったデータ通信量は翌月に繰り越すこともできます、普段から楽天グループサービスを利用している方におすすめの格安SIMです。

4.DTI SIM

DTI SIMは他社にないサービスで、スマートフォンをレンタルできるサービスがあります。レンタルサービスを使えば、毎年新しいスマートフォンやiPhoneを使っていけます。1年間レンタルした後は、別の新しいスマートフォンをレンタルするか、使っているスマートフォンを買い取るか、もう1年レンタルして使い続けるかを選べます。

余ったデータ通信量は翌月に繰り越せます。ポイントも貯まりますので、貯まったポイントはネットショッピングなどに使用できます。

5.FREETEL

FREETELは、LINE、Facebook、Instagram、Messenger、Twitter、ポケモンGO、WhatsApp、WeChatなどの人気アプリがデータ通信量ノーカウントで使えます。料金プランは、定額プランと、使用した分だけ料金を支払うプランの2つあり、スマートフォン本体+データ通信+音声通話が1年目月額1,590円〜で使えるセットプランもあります。

残金の残っている機種でも、画面が割れていても機種でも新モデルに変更できる「とりかえ〜る」サービスもあります。普段、InstagramやFacebook、LINEなどをよく使う方におすすめの格安SIMです。

6.LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEが使い放題のLINEフリープラン、LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題のコミュニケーションフリープラン、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINEMUSICが使い放題のMUSIC+プランがあります。

毎月の利用料金のお知らせやデータ残量の確認もLINE上でできます。毎月の利用料金の1%分LINEポイントが貯まり、LINEスタンプやLINEコンテンツの購入ができます。LINE、Twitter、Instagramなどの利用が多い方におすすめです。

7.U-mobile

U-mobileは、月額2,480円〜LTEが使い放題なU-mobilePREMIUMが特徴的です。LTEをいつでも使い放題できます。ドラマ、アニメ、映画など80,000本以上のコンテンツが楽しめるU-NEXTもお得に利用できます。音声SIMは月額1,480円〜、データSIMは月額680円〜、音声SIM+USENMUSICは月額2,980円〜です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「SIMカードの比較基準と人気SIMカードの比較」について紹介いたしました。各社サービス内容が大きく異なりますので、自身の使い方に合う格安SIMを選ぶ際は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です