ドコモ回線を使用している格安SIMカードの特徴と比較

LINEで送る
Pocket

6e721fa92038da7772f4c59c2b190beb_s

各MVNOはドコモ、ソフトバンク、auのネットワーク回線を利用して格安SIMを提供しています。ここでは、「ドコモ回線を使用している格安SIMカードの特徴と比較」について紹介いたします。格安SIMを利用する場合にも、ドコモ回線を使いたい方や、多くのMVNOから選びたい方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.ドコモ回線を使用している格安SIMカード

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-05-3-12-55

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/

1.ほとんどの格安SIMがドコモ回線を利用

ほとんどのMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)がドコモ回線を利用して格安SIMをユーザーに提供しています。そもそもMVNOは、ドコモ、ソフトバンク、auのように自社でネットワーク基地局を建設したりはしません。

それぞれの大手キャリアが使っているネットワークの一部を借りて、ユーザーに提供しています。そのため、建設コストや維持コストがかからず利用料金を安く提供できているのです。ほとんどのMVNOはドコモのネットワーク回線を利用しています。Y!mobileはソフトバンク回線、UQmobileはau回線を利用していて、その他の事業者はすべてドコモ回線です。

2.楽天モバイル

格安SIMのなかでも人気があり高いシェアを誇る楽天モバイル。毎月の利用料金100円毎に楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。貯まったポイントは、楽天市場などの楽天サービスでの利用や、毎月の利用料金の支払いに使用できます。

月額850円で5分以内の国内通話が何度でもかけ放題になる「5分かけ放題」や、月額基本料+スマートフォン本体+5分かけ放題で月額1,880円〜(1年目)などのセットもあります。当月余ったデータ通信量は翌月へ繰り越しもできるので無駄なく使えます。

「あんしんリモートサポート」や「つながる端末保証」などオプションも充実しており、大手キャリアのように実店舗もあります。普段から楽天サービスを利用する方には特におすすめです。

データSIM(SMSなし)

  1. ベーシックプラン 525円
  2. 3.1GBプラン 900円
  3. 5GBプラン 1,450円
  4. 10GBプラン 2,260円
  5. 20GBプラン 4,050円
  6. 30GBプラン 5,450円

050データSIM(SMSあり)

  1. ベーシックプラン 645円
  2. 3.1GBプラン 1,020円
  3. 5GBプラン 1,570円
  4. 10GBプラン 2,380円
  5. 20GBプラン 4,170円
  6. 30GBプラン 5,520円

通話SIM

  1. ベーシックプラン 1,250円
  2. 3.1GBプラン 1,600円
  3. 5GBプラン 2,150円
  4. 10GBプラン 2,960円
  5. 20GBプラン 4,750円
  6. 30GBプラン 6,150円

3.DTI SIM

スマートフォン本体をレンタルできる「スマホレンタルオプション」が特徴的なDTI SIM。レンタルできるので、毎年新しいスマートフォンやiPhoneを使うことも可能です。レンタル期間は1年間で、1年後に新しい機種へ変えるか、買い取るか、もう1年レンタルするかを選択できます。

余ったデータ通信量の翌月への繰り越しや、DTI光とSIMとのセット割、お試しプランなど、お得に使えるサービスが多彩に揃っています。利用に応じてポイントが貯まり、ショッピングに活用もできます。毎年新しいスマートフォンを使いたい方におすすめです。

データプラン

  1. 1GB 600円
  2. 5GB 1,220円
  3. 10GB 2,100円

データSMSプラン

  1. 1GB 750円
  2. 5GB 1,370円
  3. 10GB 2,250円

音声プラン

  1. 1GB 1,200円
  2. 5GB 1,920円
  3. 10GB 2,800円

4.BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは、データ通信量を家族でシェアできるシェアSIMや、全国約86,000箇所で使えるBIGLOBEwi-fiが無料で利用できたり、3分以内の国内通話かけ放題か、最大60分の無料国内通話かを選べる通話オプションなどのサービスが特徴的です。

利用するほどに貯まるGポイントは、電子マネーなどへ交換できます。月額480円〜利用できるエンタメフリーオプションでは、AbemaTVやAppleMusic、YouTubeなどが高速データ通信としてカウントされることなく使えます。

データ通信SIM

  1. 3GB 900円
  2. 6GB 1,450円
  3. 12GB 2,700円

データ通信SIM(SMSあり)

  1. 3GB 1,020円
  2. 6GB 1,570円
  3. 12GB 2,820円

音声通話SIM

  1. 1GB 1,400円
  2. 3GB 1,600円
  3. 6GB 2,150円
  4. 12GB 3,400円

5.LINEモバイル

LINEでお馴染みのLINEモバイルは、すべてのプランでLINEがデータ通信量にカウントされず使い放題できます。月額500円〜LINEが使い放題の「LINEフリープラン」、LINEに加え、Instagram、Twitter、Facebookもデータ消費0で使える月額1,110円〜「コミュニケーションフリープラン」、コミュニケーションフリープランにLINEMUSICまで使い放題の月額1,810円〜「MUSIC+プラン」があります。

LINEスタンプのプレゼントのように、友達にデータ通信量をプレゼントできたり、利用料金の1%分のLINEポイントが毎月貯まり、貯まったポイントでLINEスタンプなどの購入もできます。LINEで毎月の利用料金の確認もでき、LINEモバイルへの質問や問い合わせもできます。普段からLINEやLINEMUSICをよく使う方におすすめです。

6.FREETEL

FREETELの最大の特徴は、普段使っている人気アプリのデータ通信量がカウントフリーで使えることです。対象アプリはAppStore(iPhone)、LINE、Instagram、Messenger、Facebook、Twitter、ポケモンGO、WeChat、WhatsAppと多数あります。

料金プランも定額プランか、使った分だけ支払うプランか選べます。残金が残っているスマートフォンや画面が割れていても新機種と取り替えてくれる「とりかえ〜る」や、月額840円で5分間国内通話が何度でもかけ放題などのサービスもあります。

定額プラン

  1. 1GB データSIM499円 通話SIM1,199円
  2. 3GB データSIM900円 通話SIM1,600円
  3. 5GB データSIM1,520円 通話SIM2,220円
  4. 8GB データSIM2,140円 通話SIM2,840円
  5. 10GB データSIM2,470円 通話SIM3,170円
  6. 15GB データSIM3,680円 通話SIM4,380円
  7. 20GB データSIM4,870円 通話SIM5,570円など

使った分だけ安心プラン

  1. 〜100MB データSIM299円 通話SIM999円
  2. 〜1GB データSIM499円 通話SIM1,199円
  3. 〜3GB データSIM900円 通話SIM1,600円
  4. 〜5GB データSIM1,520円 通話SIM2,220円
  5. 〜8GB データSIM2,140円 通話SIM2,840円
  6. 〜10GB データSIM2,470円 通話SIM3,170円
  7. 〜15GB データSIM3,680円 通話SIM4,380円
  8. 〜20GB データSIM4,870円 通話SIM5,570円など

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「ドコモ回線を使用している格安SIMカードの特徴と比較」について紹介いたしました。ドコモ回線の格安SIMは非常に多くあり、自分に合った業者やプランを選べます。気になる格安SIMがあれば、ぜひホームページサイトを覗いてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です