SIMとは何のこと?SIMの基礎知識と使い方、乗り換え方法

LINEで送る
Pocket

46daf57b3b94d843ddaced5bd2b03550_s

SIMカードとは何のためにあるかご存知ですか。スマートフォンのSIMカードを変えるだけで、使えるサービスや毎月の利用料金が変わります。

ここでは、「SIMとは何のこと?SIMの基礎知識と使い方、乗り換え方法」について紹介いたします。

スポンサーリンク

1.SIMの基礎知識と使い方と乗り換え方法

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s

ここでは、SIMに関する基礎知識などを紹介いたします。

1.SIMカードとは

SIMカードは、スマートフォンなどに差し込まれている小型のカードのことです。SIMはSubscriber Identity Module Cardの略です。SIMカードは契約者を識別するために使われ、ID番号が登録されています。SIMカードが差し込まれていないと、電話番号もないため音声通話もできず、スマートフォン単体でのインターネット利用もできません。

SIMカードがなくても、wi-fiネットワークを使えばインターネットは利用できます。以前までは、SIMロックと言われ、ドコモ、ソフトバンク、auなど、契約をしたキャリア以外のスマートフォンへSIMを変えることはできませんでした。今ではSIMフリーと呼ばれ、どこの事業者のSIMも好きに使えるスマートフォンが普及しています。

SIMフリーのスマートフォンであれば、大手キャリア内でSIMを変えることもできれば、格安SIMと言われる利用料金の安いSIMを使うこともできます。SIMは、標準SIM、microSIM、nanoSIMの3つのサイズがあり、音声通話とインターネット利用できる通話SIMと、050番号での音声通話やインターネットが使えるデータSIM(SMSあり)、インターネット利用のみできるデータSIM(SMSなし)があります。

2.MVNO・格安SIMとは

格安SIMとは安い利用料金で音声通話やインターネットが利用できるSIMのことで、MVNOと呼ばれる事業者が提供しています。MVNOは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では仮想移動体通信事業者とも言われます。格安SIMを提供するMVNOは下記のように非常に多くあります。

  1. 楽天モバイル
  2. U-mobile
  3. OCNモバイルONE
  4. J:COMmobile
  5. Y!mobile
  6. FREETEL
  7. イオンモバイル
  8. UQmobile
  9. DMMmobile
  10. LINEモバイルなど

各MVNOで料金プランやサービス内容も大きく異なります。

3.MVNO・格安SIMが安い理由

MVNOが提供している格安SIMが安い理由はいくつかありますが、1番の理由は大手キャリアのネットワーク回線を借りて提供しているためです。大手キャリアの場合は、全国各地にネットワーク基地局を建設し、ユーザーにネットワークを提供しています。そのため、基地局の建設コストや維持コストがかかるため、その分毎月の利用料金は高くなります。

MVNOの場合は、ネットワーク基地局は建てずに、大手キャリアのネットワークの一部を借りてユーザーに提供しています。そのため、大手キャリアへのレンタル料はかかりますが、基地局の建設コストや維持コストはかからないため、その分利用料金を安く提供できます。

また、販売手法も異なり、大手キャリアは全国に販売店を作りますが、MVNOの場合はほとんど実店舗を作らず、インターネットサイトでの販売か家電量販店での販売を中心に行っています。店舗の建設費用や人件費を抑えることができるのも、利用料金が安い理由です。

4.格安SIMに変えると大手キャリアのメールが使えない

ドコモ、ソフトバンク、auから格安SIMに変えた場合、それまで使用していた「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」などのキャリアメールが使えなくなります。

大手キャリアが独自に提供していたサービスの1つだからです。MVNOによってはオリジナルのメールアドレスがある場合もあります。それまでキャリアメールでの連絡のやり取りが多かった方は、メッセージアプリやGmail、YahooMailなどのフリーメールを使っていかなければなりません。

5.格安SIMは大手キャリアに比べ通信速度が遅い

大手キャリアのネットワークの一部を利用していることもあり、格安SIMの通信速度は大手キャリアに比べ遅いです。特にネットワーク利用者の多い昼の時間帯などは遅かったりします。慣れればストレスを感じることは少なくなりますが、大手キャリアから格安SIMへ変えて間もない頃は、特に速度の遅さを感じます。

6.SIMの乗り換え方法

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えたい場合は、非常に簡単に変更できます。乗り換える格安SIMが通話SIMの場合は、MNPが使えるため電話番号もそのまま使えます。乗り換えたい場合は、契約している携帯会社に電話をしてMNPで乗り換え希望の旨を伝えます。MNPの予約番号を教えてくれますので、その番号を元に乗り換えたい事業者で手続きを行います。

MNP転出手数料として2,000〜3,000円程かかります。格安SIMに乗り換える際に必要なものは、MNP予約番号と本人名義のクレジットカード、本人確認書類です。乗り換え前に、事前に電話帳などの必要情報のバックアップを取っておきましょう。キャリアメールを多用している方は、メールアドレスが変わる旨を伝えておかなければなりません。LINEなどの設定も必要です。

2.大手キャリアから乗り換える場合のおすすめ格安SIM

1.LINEモバイル

LINEモバイルは、プランによっては、Instagram、Facebook、Twitter、LINEMUSICをデータ通信量を気にせず使い放題できます。また、全プランでLINEも使い放題で使用できます。LINEポイントが貯まり、貯まったポイントでLINEスタンプが買えたり、友達にLINEを使ってデータ通信量をプレゼントできたり、料金確認や問い合わせもLINE上で行えたりと、ほとんどの操作がLINEで完結できます。

2.FREETEL

InstagramやTwitter、Facebook、ポケモンGO、LINEなどの人気アプリがデータ通信量カウントなしで使い放題できるFREETEL。月々299円〜利用でき、定額プランと使った分だけ支払う2つのプランから自分に合った方を選べます。画面が割れていても機種変更できたり、残債が残っていても新しい機種にできたりなど、独自のサービスも多いです。

3.DMMmobile

DMMmobileは、データ通信量を家族と分け合えるシェアサービスやDMM光とのセット割、通信速度制限がかかってもはじめての一定量高速通信が可能なバースト機能などが特徴です。データSIM440円〜、通話SIM1,140円〜利用できます。

4.mineo

ドコモとauの回線を選んで使えるmineoは、マルチキャリア対応の格安SIMです。友人や恋人、家族とデータ通信量をシェアもできますし、プレゼントもできます。データ通信量を1箇所にまとめ、使いたい時に使うフリータンクサービスなども行っています。ドコモの回線を使うか、auの回線を使うかで利用料金も異なります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「SIMとは何のこと?SIMの基礎知識と使い方、乗り換え方法」について紹介いたしました。SIMフリーのスマートフォンであれば、好きな事業者のSIMを使用できます。格安SIMを使用することで、毎月の利用料金を大幅に安くできます。格安SIMも非常に多くの種類ありますので、プランやサービスなどを比較し、自分に合ったものを選びましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です