マイクロSIMって何?マイクロSIMの特徴と他サイズとの違い

LINEで送る
Pocket

6e721fa92038da7772f4c59c2b190beb_s

マイクロSIMという言葉は聞いたことありますか。格安SIMの普及でSIMフリースマートフォンが注目され、マイクロSIMやナノSIMという言葉もよく聞くようになりました。

ここでは「マイクロSIMって何?マイクロSIMの特徴と他サイズとの違い」について紹介いたします。SIMカードへ疑問を持っていた方や、これから格安SIMなどを検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.マイクロSIMの特徴と他サイズとの違い

8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_s

ここでは、SIMカードやマイクロSIMの基礎知識について紹介いたします。

1.SIMカードとは

SIMカードとは、Subscriber Identity Module Cardの略で、スマートフォンやタブレットに挿入して使用します。SIMカードがなくても、wi-fiネットワークを使ってインターネットなど利用できますが、音声通話や3G、4Gを利用したモバイルインターネットが利用できません。

SIMカードを差し込むことで、スマートフォンやタブレットでデータ通信によるインターネットやアプリ使用ができ、音声通話も可能になります。ドコモ、ソフトバンク、auのSIMもあれば、楽天モバイル、UQmobile、LINEmobileなどの格安SIMもあります。

アプリやインターネット利用と音声通話ができるSIMを「通話SIM」、アプリやインターネット利用のみで音声通話ができないSIMを「データSIM」と言います。SIMカードは加入者を識別するためのIDカードでもあり、加入者情報や電話番号情報などが登録されています。

2.SIMカードは3種類のサイズがある

SIMカードは標準SIM(miniSIM)、マイクロSIM(microSIM)、ナノSIM(nanoSIM)の3種類あります。大きさもそれぞれ異なり、標準SIMは縦25mm×横15mm、マイクロSIMは縦15mm×横12mm、ナノSIMは縦12.3mm×横8.8mmです。スマートフォンの機種によっても対応しているSIMが違います。iPhoneやiPadもモデルによりSIMの種類が違い、下記のようになっています。

  1. ナノSIM iPhone7、6、6Plus、5s、5c、5
  2. マイクロSIM iPhone4s、4
  3. 標準SIM iPhone3GS、3G
  4. ナノSIM iPadAir、miniシリーズ
  5. マイクロSIM iPadRetina、第1世代〜第3世代 マイクロSIM

3.マイクロSIM

マイクロSIMは縦15mm×横12mmのサイズで、標準SIMとナノSIMの中間の大きさです。以前は標準SIMばかりが使われていましたが、今はマイクロSIMとナノSIMが主流となっており、スマートフォンやタブレットの軽量化・小型化が進むにつれて、SIMカードもどんどん小型化されています。

iPhoneでも4sや4など、マイクロSIMは少し前の機種に使われていることも多くあります。格安SIMなどの利用にあたり、SIMフリースマートフォンがより注目されていますが、端末によって対応しているSIMが異なりますので、注意も必要です。

2.おすすめのSIMフリースマートフォン

ここでは、おすすめのSIMフリースマートフォンを紹介します。SIMフリースマートフォンを使うことで、最初から自分に合った料金プランやサービスを提供している事業者のSIMカードを使うことができます。大手キャリアで契約したスマートフォンをSIMフリー化する場合は、状況によってSIMロック解除手数料がかかります。

1.HUAWEI P9lite

HUAWEI P9liteは、シャンパンゴールド、ホワイト、ブラックの3色展開で、5.2インチのフルHDディスプレイを搭載しています。サイド部分は丸みを帯びており持ちやすく、メタルフレームボディで高級感があり上品な雰囲気のスマートフォンです。

1300万画素のメインカメラと800万画素のインカメラを搭載、レンズは明るいF2.0を採用しているため、暗い場所でもクリアな撮影が可能です。インカメラは広角レンズになっているため、自撮りの際も、後ろの背景をしっかりと収めることができます。カメラモードが豊富で、「音声写真」モードは、撮影した後の音声をそのまま録音でき、「全フォーカス」モードは撮影した後にピントを変更できます。

デジカメのように細かく設定をカスタマイズできる「プロカメラ」モードや、食べ物を色鮮やかに美しく撮影する「フード」モード、事前に自分の顔を登録しておけば、自動でビューティー補正を適用してくれる「パーフェクトセルフィー」モードなど、多彩なモードを楽しめ、SNSへも注目を浴びるような鮮やかな画像をアップできます。

背面には高感度指紋センサーを搭載していて、指をどの向きから合わせても素早く認識しロック解除を行います。ロック解除以外にも、カメラの起動やシャッター、電話の着信応答にも使えて便利です。節電機能も備わっており、3000mAhの大容量バッテリーも搭載していますので、外出時もバッテリーを気にすることなく使用できます。カメラ機能が充実したお洒落なスマートフォンとして注目です。

2.Zenfone3Max

Zenfone3Maxは、本体背面に指紋センサーを搭載しており、約0.3秒と高速でロック解除が可能です。ロック解除以外にも、着信応答やカメラ起動、カメラシャッターとしても使えます。指紋も最大5つまで登録できますので、左右どちらの手でも簡単にロック解除して操作できます。

Zenfone3Maxの本体は約8.55mmの薄さでポケットやバッグにも無理なく入るスマートボディです。5.2インチのディスプレイには、2.5D曲面ガラスが採用されており、上質で高級感があります。画面占有率が75%のため、画面がとても大きく見え、操作もしやすいです。

4100mAhもの大容量バッテリーを搭載し、付属のケーブルを使えば、タブレットやモバイルwi-fiルーター、別のスマートフォンなどの充電に使える、モバイルバッテリーに早変わりします。シルバー、ゴールド、グレーの3色展開で、ガラスとメタルボディが高級感を装ったスマートフォンです。

3.AQUOS SH-M04

AQUOS SH-M04は、AQUOSならではの美しい画面を体験できるスマートフォンです。ディスプレイにはIGZO液晶ディスプレイを採用し、色鮮やかで高精細な画像・映像をいつでも楽しめます。液晶アイドリングストップ機能は、コンテンツやアプリなどに合わせて画面の更新頻度など自動でコントロールし、バッテリー消費を抑えます。

メインカメラは1300万画素で、コントラストなどを自在に調整できるおすすめプラス機能も使え、自分好みの写真が残せます。防水、防塵対応なので、水濡れにも強く、雨天時の使用でも安心です。電子マネーなどが使えるおサイフケータイにも対応しているため、財布がなくても買い物などでき、大変便利です。

周囲が騒がしくて相手の声が聞き取りにくい場合も、音圧レベルの高いレシーバーなので、しっかりと聞こえ会話できます。人口知能が日々の役立つ情報を音声で教えてくれるエモパー機能も搭載しています。天気予報なども教えてくれるので、あるととても便利な機能です。ホワイトとブルーの2色展開でシンプルでシックなデザインです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回「マイクロSIMって何?マイクロSIMの特徴と他サイズとの違い」について紹介いたしました。マイクロSIMはSIMカードの1種で多くのスマートフォンに使われています。最新機種などはナノSIMが多いですが、マイクロSIMについても覚えておいて損はありません。これから格安SIMへ変更を予定している方は、利用端末がどのSIMに対応しているか事前に調べておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です