Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / 格安SIM / SIMフリー化できる人気のAndroid端末とSIMフリー化方法

SIMフリー化できる人気のAndroid端末とSIMフリー化方法

Pocket

ここでは、ドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアのスマートフォンのSIMロックを解除する際の手続き方法について紹介いたします。

1.ドコモのスマートフォンの場合

ドコモのスマートフォンをSIMフリー化したい場合は、発売された時期によって手続き内容が異なります。「2015年5月以降に発売された機種」をSIMフリー化したい場合は、下記が必要なものや手続き方法です。

準備するもの

  1. 本人確認書類
  2. スマートフォン本体

手続き方法

  1. パソコンの場合・・・「ドコモオンライン手続き」よりSIMロック解除の申込みができます。ドコモオンライン手続きを利用するにはdアカウントが必要です。24時間受付しています。パソコンからの場合はSIMロック解除手数料は無料です。
  2. 電話の場合・・・ドコモのスマートフォンから局番なしの「151」へ連絡をすれば申込みができます。受付時間は午前9時〜午後8時です。電話の場合はSIMロック解除手数料は3,000円です。
  3. ドコモショップの場合・・・ドコモショップの場合は、担当スタッフにSIMロック解除の旨を伝えればすぐに対応してもらえます。ドコモショップの場合はSIMロック解除手数料は3,000円です。

「2011年4月〜2015年4月に発売された機種」に関しては、ドコモショップのみでの対応となります。SIMロック解除手数料は3,000円です。

2.ソフトバンクのスマートフォンの場合

ソフトバンクのスマートフォンをSIMフリー化したい場合も、発売された時期によって手続き内容が異なります。「2015年5月以降に発売された機種」をSIMフリー化したい場合は、下記が必要なものや手続き方法です。

準備するもの

  1. 本人確認書類
  2. スマートフォン本体

手続き方法

  1. パソコンの場合・・・「My SoftBank」よりSIMロック解除の申込みができます。My SoftBankからの申込みは24時間受付していて、SIMロック解除手数料は無料です。
  2. ソフトバンクショップの場合・・・ソフトバンクショップで担当スタッフにSIMロック解除の旨を伝えればすぐに対応してくれます。ソフトバンクショップの場合は、SIMロック解除手数料が3,000円かかります。

「2015年4月までに発売された機種」に関しては、すべてソフトバンクショップにて申込みが必要で、SIMロック解除手数料は3,000円かかります。

3.auのスマートフォンの場合

auのスマートフォンをSIMフリー化したい場合も、発売された時期によって手続き内容が異なります。「2015年5月以降に発売された機種」をSIMフリー化したい場合は、下記が必要なものや手続き方法です。

準備するもの

  1. 本人確認書類
  2. スマートフォン本体

手続き方法

  1. パソコンの場合・・・「auお客さまサポートサイト」よりSIMロック解除の申込みができます。パソコンからの申込みは24時間受付していて、SIMロック解除手数料は無料です。
  2. auショップの場合・・・auショップで担当スタッフにSIMロック解除の旨を伝えれば対応してくれます。auショップの場合は、SIMロック解除手数料が3,000円かかります。

「2015年4月までに発売された機種」に関しては、すべてauショップにて申込みが必要で、SIMロック解除手数料は3,000円かかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「SIMフリー化できる人気のAndroid端末とSIMフリー化方法」について紹介いたしました。大手キャリアから格安SIMに変更したい場合は、簡単にSIMロックの解除ができます。

パソコンからの申込みであればSIMロック解除手数料もかかりません。iPhoneに負けない使いやすさと高性能のAndroidスマートフォンも多く販売されています。ぜひ、検討してみてください!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

国内主要24社の格安SIMを徹底比較!2019年おすすめ人気ランキングで紹介

「大手キャリアから格安SIMに …

Facebookでのご購読が便利です